晩秋の狩人  コカマキリ


いやぁ、、 虫がめっきり減ってきましたネ~
そんな中、まだまだ頑張っている方を発見

コカマキリさんです!

大型の緑色のカマキリじゃない、茶色っぽくて、ちょっと小さくて、細っこい、、、
マァ、言ってしまえばちょっと頼りない感じのカマキリさんを見た事がありませんか?


b0130243_20183710.jpg


それがこのコカマキリ
小さいカマキリなので ”コ”が付きます  あぁ、、そのまんま直球ど真ん中~♪


しかし良く考えられたもので、晩秋まで生きているコカマキリは枯れ草の色に合わせた 
”褐色系” の服を着ています 前に紹介した ツチイナゴ と同じシステムですね!

コカマキリを捕まえてみた方はご存じかもしれませんが、このカマキリ、腕の内側にオシャレな目立つ模様部分を持っています
(白と黒と紫のトリコロール!)
実はコレ、鳥よけなんですネ~
ほら! 鳥は目玉を思わせる模様がキライキライ。。。

小柄な身体にギュッと機能が詰まったスゴイやつなんです♪
もうそろそろ活動も終わりですが、見つけたら是非観察してみて下さい

目玉に見えるかどうか、、 それは皆様にお任せ致します



コカマキリ
沖縄と北海道を除く地方の普通種 体長50mm前後
色彩変化が大きく 白灰色~濃褐色 紫色系 まれに緑色の個体も確認されている
大型のカマキリに比べ、動きは早くなく、獰猛性や力も劣る(気がする)
とは言え、もちろん他の昆虫から見れば恐怖の的である
by usachan_500 | 2010-12-05 20:45 | マクロ 昆虫


千葉県在住! 近所の写真と生き物と旅行の記録です コメント、リンクも大歓迎なのです!             過去の記事へのコメントに気が付かない事がありますので、その際は叱って下さい。。


by usachan_500

プロフィールを見る
画像一覧