ぼんぼんトントン 写真

ぼうぎょりょく すばやさ 

古来より戦をくり広げてきた人類は様々な防御を考えてきました

「敵の刀や槍を防ぎたいなぁ」
時代と共に立派な鎧が出来ました

武器が強くなればなるほどに、鎧は厚く、防御する面積も増えていきました


「ぬぐぐ。。。重い。。。」

やがて素早く動けないばかりか、落馬や川に落ちたらもうオシマイの鎧になっていきました
(生命を守るはずの鎧がたたって溺死した騎士や侍はたくさんいます)
もちろん遠方への移動は最も苦手とするところです

「動き重視で軽装にしてみるか~?」
そうしてみたら、防御力の無い兵隊はみるみるうちにやられてしてしまいました


甲虫を見るにつけ、人類の浅知恵なんぞ超越した存在だなぁ~ と驚嘆します

b0130243_134581.jpg


多くの甲虫は分厚い鎧に機動力を併せ持ちます
全身を覆った中世のプレートアーマーの下から羽根が生えて、自由にどこまでも飛ぶ事が出来るイメージ、、、 
スゴイです! スゴすぎます!!

大きいのはカブトムシから、小さいのはこのキノコムシまで、その機能を持っています

強力な防御を持った戦車が時速80kmで走る現代ですが、なんのまだまだ!
戦車から羽根が生えて、自在に飛び回れる様になってから出直してきなさい?!


注) ポーランド騎兵は翼を生やしていた事で有名ですが、もちろんバッサバッサ飛んだりはしません


今回の昆虫は同定出来ませんでした
キノコムシの一種と思うのですが、分かりません
体長3mm程度  これでもっと大きければ該当しそうなのがいるんですが、余りに小さいです
ちなみに白い物体はシャガのつぼみです
by usachan_500 | 2011-05-09 01:31 | マクロ 昆虫