ぼんぼんトントン 写真

忘れの島   オーハ島

b0130243_14171545.jpg



オーハ島という島をご存じでしょうか。。。





一部の”島好き”にしか知られていない、非常に小さな島なのですが

b0130243_14193832.jpg

こんな感じに位置しております

その昔、オーハ島には100人を超える人が住んでいたそうです
ここ数年は 人口1名 という状態でしたが、噂では遂に0人になったとの事です

昔は干潮になれば他の島から歩いて渡れた。。。
今は船を通す水路を掘ってしまい、観光客は船をチャーターしないと渡れない

という説が一般的ですが

我々が久米島に行った時は、折しも ”大潮” に当たっていました!
(大潮の期間は、干満の差が激しい  干潮時には大きく海面が下がる、、って事です)


まずは偵察!!

海上電線がむこうに伸びています 対岸に見えるのが行きたい オーハ島です
b0130243_14291366.jpg


電柱は痛んでます もう必要の無い事を物語っているのかも知れません
b0130243_1430368.jpg



そうこうしていると、おじぃとおばぁがやって来ました
ナント! 小舟を引っ張って島を目指し始めました
b0130243_14325784.jpg


相当沖に行っても、まだ船に乗らずに歩いています

「これ、、 もしかして行けるんじゃね?!」

やがて、おじぃとおばぁは小舟に乗りますが、船を押す棒を見ても深そうにありません
b0130243_1436738.jpg


「よし 行くぞッ!!」


ザブザブと浅瀬を歩き始める我々。。。

島までは数百メートル といったところでしょうか
万が一の事態に備え、カメラはダイビング用のカメラを選択しました
(なので、今回の写真のほとんどは 古~いコンデジです)
もちろん スノーケル、マスク、フィンの軽機材は持参

ザブザブザブ。。。。



あれ?

普通に着いちゃった(*_*)
b0130243_1452339.jpg


さっき渡ってきた、おじぃとおばぁの小舟が置いてあります
b0130243_14531360.jpg

島外者である我々は、あんまり勝手に歩く訳にもいかないので、まずはこの2人を探します

ほど近い場所で2人を発見 島の草刈りに来ていた様です、、、 
島を見せて欲しい事や、少しの世間話などをした後、島の中に入ります


家屋はもうほとんど残っておりませんが
b0130243_14562963.jpg

だれもいなくなった家を シーサーが静かに見守っています
b0130243_14575980.jpg


街灯の電線は外されておりました、、、
b0130243_14584837.jpg

(後ろに見える電線は違うのよ)

ぷらぷら歩いていると、、
おおおおっ 木造のサバニだっ(@_@;)!
b0130243_1532475.jpg

サバニ とは沖縄の伝統式小型船  現存する”木造サバニ”は非常に少ないのです!


昔は多くの生徒が、島外にある学校まで ”浅瀬を竹馬で”渡ったという島
今は静かな風が吹くばかり、、 ひっそりと静まりかえっています

手は入っておりますが、やがて建物もシーサーも、森に覆われ
その昔、ここに人々の生活があった事など、島は忘れ去ってしまうのかも知れません。。。



さて、長々続いた 久米島編もこれでおしまいです
お付き合いありがとうございました

b0130243_1518562.jpg



トップの写真はオーハ島付近、干潮で取り残された船


※ オーハ島に行こうと考えている方へ ※

確定情報です  2012年 7月 
大潮の期間は徒歩で島に渡る事が可能です (通常期は未確認)
オーハ島の岸付近に、水路らしき掘り?がありますが、無視出来るレベルです

水深は足首~膝下 深い所でも、ほんの一瞬”太ももの程度”の水深

もちろん 浅いところを選んで歩く という前提になりますが、地形は目視で簡単に分かります
水流はかなり複雑です 潮が満ちる前に帰りましょう

また、ハブが多いので無暗に藪に入らぬ様に注意しましょう

by usachan_500 | 2012-07-20 16:22 | 旅行 | Comments(30)
Commented by twinkle-keko at 2012-07-20 18:48
なんだかとっても素敵なお話を聞かせていただき、
そしてとっても素敵な写真を見せていただいて
心がほっこりしました。。。
日本の中にもまだまだたくさんのいい所があるのですねぇ。
徒歩で渡れる島だなんて、夢みたいです。
真っ青な空がとても南国らしく、澄み切った海の色が
人の手で汚されていないことを物語っているような気がします。
ぼんぼんさんの旅行記はいつもとても楽しみです。
今度はどこの秘境へお出かけになるのか、ルンルン気分で
待っております(^O^)/
Commented by 大阪のおっちゃん at 2012-07-20 22:00 x
こんばんは
トップのお写真、透明度の高い、美しい海に浮かんでると
思ってしまいました。
次の満潮まで気長に待つのですね、素敵な生活リズムです。
"竹馬で浅瀬を渡る"、オーハ島の昔し話、集団海上竹馬登校、
きっと世界でここしか聞けないお話でしょう。
オーハ島、沖縄なのにカタカナ、そうだ、ハブもカタカナでしたね。
オーハ島、きっと、ぼんぼんさん、お買いあげになりそう~~。
Commented by asang at 2012-07-21 00:42
こんばんは。
オーハ島、名前はなんだか楽しそうな島ですが、
人が住まなくなってしまったとのことで、淋しげな島ですね。
島を見守るシーサーがなんだか切なげ...
今回も素晴らしいお写真の数々を堪能させて頂きました。
痛んだ電柱を見上げたアングル、大好きです!
Commented by doronko-tonchan at 2012-07-21 06:11
ぼんぼんさん、オーハ!(^^)
図で見ると北方四島に似てます。
水はどうされてたのでしょうねぇ。
雨水か井戸水か・・・
まさか久米島まで行ってくめ!って・・・(^^:)
島じゃなくてはての浜とはいったいどんなでしょうね。
ハテ~?(^^)?
Commented by 龍乳 at 2012-07-21 08:01 x
オーハ島、知りませんでした。
歩いて海を渡って島に行くなんてロマンを感じますね。
無人島にしてはかなり綺麗な印象です。
ただ人のいない家屋が哀愁を誘いますね。

行ったは良いけど帰りは潮が満ちて~なんてことはなかったですか?
Commented by にゃびのママ at 2012-07-21 09:13 x
ここでも命の洗濯させてもらいました。

なかなか足を踏み入れることのない地、感謝です。

Commented by mori at 2012-07-21 10:43 x
こんにちわ^^

ぼんぼんさんのお話を聞いてると、無性に行きたくなりますね
こんな島に住んだらどうなるかを想像してしまいました。
その結果、私には絶対の無りとの結論にいたりました。
でも、少しの間らなら良いのかも?
Commented by 虎猫 at 2012-07-21 12:11 x
・・・・ぜんぜん知りませんでした。
久米島にも行ったことありません。
まだまだ、きれいなところ残ってますね・・・。

ブルーが、本当にきれい!!

石垣島には、3回、竹富島と西表島も回りましたけど
去年、娘が、行きましたら、きれいなところが
残っていないと嘆いていました。

日本じゃない、風景ですね・・・。
リゾートか・・・、。行きたいなぁ~~~~。
Commented by uhihihihi at 2012-07-21 13:37
オーハ島 歩いて渡れるんだ~。
うっかり昼寝とかして 帰れなくなったらこわいね(笑)
もう人が住んでなくて ぼんぼんさんの大好きな
廃墟になっているんだね。
哀愁がちょっぴり漂ってます。。。

え、もう久米島終わり・・・! もっと続けてよう~。
相変わらず絵が上手ですわぁ(笑)
Commented by Uribouz at 2012-07-21 15:03 x
礼節を忘れないぼんぼんさん、素敵です。

素晴らしい眺めだけで生活するわけにはいかないんだと実感しました。
それでも無人になった今でも草刈りに来るおじいたちは大変であり、素敵です。
そんな思いが自然を維持できる秘訣かも。
Commented by モンガラ at 2012-07-21 15:56 x
おぉ。久米宏、今回で終了ですか!

しみじみ残ってる家に少しウルっときそうでした。
草刈りの為に島を渡るとは何とも熱い人なんですね。
そう、産業がないんですよね。
渡ってもどうやって暮らすか?
難しいところです。

いつだったか、今の若者に生きていくために必要なものは何ですか?
の質問に
お金、携帯だそうです。

お水、空気、食べ物を差し置いて。
お金の匂いも携帯のアンテナも厳しいとこですね。
住むには難しいのかなぁ。
Commented by Sippo5655 at 2012-07-21 21:57
最後の一人は、何を感じ
この島で過ごされたのでしょう。
大自然のすべてと、語り合いながら、、
ぱちぱちと弾ける暖炉のような
そんな音色が聴こえてきたような、、
この船は今日まで、愛されてきたのですね。
Commented by ぼんぼん at 2012-07-22 19:29 x
twinkle-keko様
日本は狭い様で、案外広いんだなぁ、、と思います♪
「こんな場所もあったんだ~」
と行く度に感動させられます!

干潮時に歩いて渡れる島って、実はそれなりにあったりするんですよ(@_@;)
潮が引くと海に突然道が出現する、、な~んて島もあります

琵琶湖の沖島は、、
潮がないから道は現れませんね(笑)
1度行った事があります 民宿に泊まりました
面白い街の造りでしたよん(^^)/
Commented by ぼんぼん at 2012-07-22 19:39 x
大阪のおっちゃん様
あはは、、 トップの写真は取り残されてしまった小舟です^m^
干満の差が激しい期間だったので、きっと船を置いた時はここが”波うちぎわ”だったのでしょう
。。はて、これでは帰る時にはどうするんダロ。。

竹馬登校、慣れないうちは落っこちたらしいですヨ
でもすぐ慣れるんですって~ 子供さんですもんね♪

そうそう、なんで”オーハ”なんでしょうね??
何かの当て字なんでしょうか、、
ちょっと調べてみたのですが、分かりませんでした~
Commented by ぼんぼん at 2012-07-22 19:43 x
asang様
何でオーハなのか、結局分かりませんでした(*_*)
当て字なのかなぁ、、

日本の離島は(離島に限らず、田舎全般ですが)人口減少が激しいです
自給自足で、、という時代じゃなくなってきていますし、やっぱり便利な暮らしのほうが、、 という流れになっていくのですね

オーハ島の数件残った家、ちょっと前の資料写真では、家族もいて窓も開き、元気な姿をしていたのですが、、
今はシーサーがいるだけとなってしまいました
Commented by ぼんぼん at 2012-07-22 19:50 x
doronko-tonchan様
「おっは~♪」 いや、、私もソレ使おうと思ったのですが、軽くスルーされるとショックなので、やめてみました(笑)
doronko-tonchan さんに言って頂けて何よりです♪

この島、昔は井戸を使っていましたが、近代に入って”海底送水パイプ”が敷設されました
、、が、今はもう必要無くなってしまったのかも知れません(*_*)

はての浜は”海に出来た中州”みたいな感じの生い立ちなので”島”の名前が付かなかったのかも知れません?
Commented by ぼんぼん at 2012-07-22 19:54 x
龍乳さま
知らない方が多いかと思います(*_*)
市橋容疑者(あの事件ね)が潜伏した島、、として有名になった様です(私は知らなかったのですが、、)

潮が満ちてきたらかなりヤバい?!
と、めっちゃ警戒して、時計とにらめっこしながら散策しましたよ
1時間以上の余裕がありますので、小さな島を見て歩くにはちょうど良かったです(^^)
Commented by ぼんぼん at 2012-07-22 20:04 x
にゃびのママ様
本当はぶぃ~っとオートバイで周りたかったんですけどネ(*_*)

私も2度と訪れる事も無い島なのかも知れません
もし行ったとしても、その頃にはオーハ島はすっかり変わってしまっているかも知れません
Commented by ぼんぼん at 2012-07-22 20:42 x
mori様
生まれてからずっと”島”で暮らしていた方ならともかく、我々の様な一般の人?は島暮らしってタイヘンなのかも知れませんネ~
特に便利とは言えない島、、ともなれば尚更でしょうか

日本のいくつかの島は”体験島暮らし”を実施しているみたいですよ(^^)

あぁ、もっとも日本の田舎は、ある意味島暮らしと通じる部分がありますが(苦笑)
Commented by ぼんぼん at 2012-07-22 20:54 x
虎猫さま
おおお?! 石垣と竹富、、さらに西表までも行かれましたか(^^)/
自然から都会までの石垣島
伝統とサンゴ砂の竹富島
底知れぬジャングルの西表島、、、

それぞれに全く違った魅力を持つ島々ですよね♪
久米島はそれらの島より、はるかに行きやすい島です

あらら、、 最近行ってみたらステキな場所が無くなってしまっておりましたか(*_*)
特にサンゴはここ数十年でだいぶ減ったみたいですネ

だいぶお忙しく、心配事も多いとは思いますが、落ち着いたら是非、心の洗濯に行ってみて下さい(^^)
Commented by ぼんぼん at 2012-07-22 20:59 x
uhihihihi様
「最近は歩いて渡れなくなってしまった、、」
と色々なところに(ウィキペディアにさえも!)書かれていたのですが、行けました~(^^)/
大潮っていうのが良かったのカナ?!

人口がついに0人になった、、との噂を聞いて
「島の全てが森に還る前に行っておきたい!!」
と思って行ってみました

人が住まなくなった家って、すぐに風化してしまいますが、人が消えた島ってどうなっていくんでしょう、、
Commented by ぼんぼん at 2012-07-22 21:03 x
Uribouz様
きっとこういう小さな島ですと、住人にとっては全てが”自分の庭”みたいなものだんだろうなぁ、、
だれもいなかったら仕方ないけど、住人を見たらやっぱり一声かけるのが”スジ”なんだろうなぁ
と思いました(^^)

物質とサービスに囲まれた現代では、不便な場所で生きるのは想像以上に大変で覚悟がいるのかも知れませんね

今の所島に人の手は入っておりますが、今いるようなおじぃとかおばぁがいなくなったら、どうなるのでしょうか、、、
Commented by ぼんぼん at 2012-07-22 21:12 x
モンガラ様
今回で終了でゴザイマ~ス

島で生れ、育った方の故郷を愛する気持ちは我々”そうではない”人間には理解できないんだろうな、、
と、島にいくにつけ思います
きっとこの先も可能な限り、手を入れにいくのだろうなと思います(ただ、今いる世代の後はどうなるでしょうか、、)

昔は自給自足が出来れば、それで充分♪
だったのだと思いますが、時代が変わってきてしまいましたからね(*_*)

産業と言っても。。。 ですし、携帯はどうでしょう?? これは通じそうです(確か久米島は島の周囲の海上でも広く使えたハズ?!)

生きていくのに必要な物
お金、携帯、、
あぁ! 情けない!!  お酒でしょうが~!!
↑バカ(*_*)
Commented by ぼんぼん at 2012-07-22 21:16 x
Sippo5655様
ホント、おっしゃる通り
最後の1人の気持ちってどんなだったんでしょうね、、
意地だったのか、好きで好きでしょうがなかったのか
でもきっと、去っていく仲間を見る時は寂しかったでしょうね、、、

無人化してしまった離島は、実は結構あったりします
現代ではどうしてもそういう事になってしまいますよね

木造のサバニが無人化してしまった島に残されているのを見た時は、何ともいえぬ気持ちになりました
もう行く事も無い島だとは思いますが、できればきれいなまま残ってくれたら、、と勝手な事を思っています
Commented by masa4792 at 2012-07-23 16:10
オーハ島。
なんか哀愁誘う物語ですね。
水没した電柱の横を船が通る写真が何かを語っているようです。
こんな風に変わっていってしまう風景って意外と多いのかも・・
ぼんぼんさんは、よくこういう情報を仕入れられるのか不思議!
Commented by ぼんぼん at 2012-07-23 19:45 x
masa様
日本の離島はどこもキビシイかも知れません、、
世界に名だたる離島リゾート! とかでも無い限り、どうしても過疎化する傾向だと思います
大きな島ですと、それなりに便利なのですが、、(*_*)

今回の情報は、愛読の”日本の離島全集”と、ネットで情報を集めました♪
旅行に行く前は、必ず近隣の島と産業遺産を調べてから行きますよん (地図さえ持たないアノ頃に比べると大人になったものだ。。。)
Commented by dreamwing21 at 2012-07-24 01:55
こんばんは^^

出遅れてしまいましたm(__)m

オーハ島と言う名前は初めて聞くかも知れません!
日本には色んな島の名前があるんだなと実感しました。。。

トップのお写真見て海の透明度にビックリしました!
とっても美しくて綺麗なお写真ですね^^

無人島になりつつある島なんですね!

昔の生活があって・・・過疎化になって・・・島の生活は
きついのかも知れませんね。。。

でも旅行で行くには良いところですね^^
Commented by おさかな at 2012-07-24 06:31 x
こんにちは
これは たまりませんなぁ~
知らないから先へ進もうという ワクワク感
今では なかなか味わえません
いつまでも 少年ですね
Commented by ぼんぼん at 2012-07-25 16:06 x
dreamwing21様
オーハ島、、 不思議な名前ですよね~(^^)
何かの当て字なのかも知れませんが、分かりませんでした、、

えっと、トップの写真は海が”透明”ではなくて
”無い”のです(笑)
干潮が激しい期間だったので、潮に取り残されてしまった小舟だったりしま~す

生きていくには大変カモ、ですがおっしゃる通り、観光には非日常感があって良さそうです
今は便利な生活が普通ですもんネ(*_*)
Commented by ぼんぼん at 2012-07-25 16:09 x
おさかな様
島まで行ける、、という確証が無い状態でしたので、ちょっとヒヤヒヤでした
(事前情報だと 不可能 と言われていたもので)

呆気なく着いてしまい、逆にに「ぽか~ん」
としてしまいました(苦笑)
結果、海パンも水中用カメラも無用でした(*_*)

大潮じゃない期間も見てみたくなった~♪