ぼんぼんトントン 写真

そっか お尻の針があったわ!




昆虫、、 いや生き物にとって最大の目的って、、、

子孫を残し、さらに繁栄させる

これに尽きますね!


昆虫はキホン卵を産まなければいけません
産み方も千差万別

中には 「ナンデそんな産み方をするっ?!」 っていう種類もいますよね
以前ご紹介した シギゾウムシ は硬い木の実に深い穴を開けるために
長~い鼻を持ってましたね


今回はその逆? 長~いお尻の産卵管です

b0130243_19514339.jpg


ウマノオバチの仲間でしょうか。。。
別に趣味でこんな姿をしているワケではございません (^^)
この種のハチは ”エサ”となる虫の幼虫に卵を産みつけてしまう習性を持っています

相手の幼虫も 「ここなら安全♪」 とばかりに、木に深い穴を開けて潜っているのですね~
確かにこれでは手を出せる敵はほとんどいません


でもここで自然の神秘~!!



穴に潜った相手に卵を産みつけられる種が出現するのです
ま、こんな感じです

b0130243_19565569.jpg



b0130243_19571133.jpg



で、この長い産卵管の先っぽから ”卵”を産みつけてしまうのですね~(怖)
ハチなので、ゾウムシ様な 口のストロー は持っていませんので
ここはヒトツ、お尻の産卵管を長くする進化を遂げました


複雑に絡み合った生き物たちの攻防、これもまた自然の魅力の1つかも知れません!





by usachan_500 | 2013-10-06 20:07 | マクロ 昆虫