5月の風は汽笛に乗って



b0130243_8194076.jpg




先日のゴールデンウィーク 神津島 に行ってきました(^O^)/

本来、ゴールデンウィークはまずもって仕事なのですが、奇跡が起きました!
(正確には寸前までゴールデンウィークに仕事が入っていなかったので、
案の定入ってきた仕事をずらしてもらった、、と言う力技でしたが)


ともあれ。。!


行けた 行けたのですよ!!


神津島は伊豆諸島の1つでございまして
b0130243_8204746.jpg

だいたいこんな感じの配置でございます


今回は旅情たっぷりな 客船 で行く事にしました
(その他、高速ジェット船、小型飛行機という手段があります)

東京から船が出るのでございますが~
連休という事もあって
b0130243_8233542.jpg

深夜の船ターミナルはこれモン(@_@;)!

サイゴン陥落の日の混乱を思い出しました

。。 いや、見たことないんだけどね 。。。


船荷の積み下ろし忙しい
b0130243_8272762.jpg

b0130243_828329.jpg

b0130243_83167.jpg




お! 八丈島航路の新造船 橘丸 がいる~
同じく今夜の出港ですね
b0130243_8395361.jpg


しっかし奇抜なカラーだよなぁ
この配色、何かで知ってるんだよなぁ、、、 う~ん


あ!!
b0130243_8335134.jpg





我々が乗る船は大島航路の さるびあ丸
昔馴染みの船ですな♪
b0130243_840586.jpg

典型的な観光客船の形をしているんですが、船首に貨物船で見かける
不釣り合いなほど大きい デリッククレーン を装備
そのアンバランスな感じが離島仕様を思わせて(^O^)です


さて、出港!!


船内のようす
b0130243_925428.jpg


あ~ 正確には 船内 じゃないのかも

この場所、甲板です

船の外です!!

吹きさらしでゴザイマス(*_*)

「屋根あるし、ヨユーでしょ?!」  と思った方 甘いっ!!
船は航行するのです  で、冷たい夜の海風が風速10m/s 相当で
ず~っと吹き付けるんですなぁ、、  
真夏じゃなきゃしっかり装備しないと耐えられないでしょ?


で、翌朝の光景
b0130243_14174650.jpg






伊豆諸島航路の一部の船で、混雑時に発行される乗船券に


席無し券


ってのがありまして
「あなたの席は無いけれど、船に乗せてはあげる  居場所は何とか探してね♪」
って券だ


吹きさらしの甲板がこの混雑だ
船内の隙間と言う隙間はもっとすごい状況で埋め尽くされておりましたよ




サイゴン陥落の日を。。。  以下略


つづく





p.s

混雑が予想される時に伊豆諸島に客船で行かれる方へ。。。 (慣れていない方向け)

○ 一番快適なのは恐らく 特2等室(寝台) です 
(1等、特1等も個室ではありませんので、騒ぐグループと相部屋になると悲しい事になります
 個室の特1等以上をとる荒ワザもありますが)
 通常の2等船室は 自分の場所はありますが、混雑時の山小屋状態となります

○ お子さん連れ、高齢の方、付き合いたてのカップル等々の方は 止む得ない場合を除き、席無し券は
 激しくおススメしません  真夏でもない限り、慣れてない方は悲惨な一夜を迎えます
 カップルは間違いなくケンカになるでしょう (*_*)

○ 席無し券しか確保できなかった方はすぐに客室確保のキャンセル待ち手続きをしましょう
 乗船当日までしつこく粘りましょう

 乗船後も諦めてはいけません!  船内でもキャンセル待ち手続きが始まります
 真っ先に 若い番号の整理券 
 を手に入れる為に船内の案内窓口付近で待機しましょう

○ 席が確保できなかった場合
 席無し券の方にはレジャーシート1枚が渡されます それだけでは(*_*)なので
 キャンプ用マットを持参して、船内貸出毛布を多めに確保して、可能ならば寝袋を用意しましょう
 そして耳せん
 外寝が慣れていない方の場合、これらの装備がないと恐らく一睡もできません





by usachan_500 | 2017-05-09 11:40 | 旅行


千葉県在住! 近所の写真と生き物と旅行の記録です コメント、リンクも大歓迎なのです!             過去の記事へのコメントに気が付かない事がありますので、その際は叱って下さい。。


by usachan_500

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31