カテゴリ:マクロ 未分類( 34 )

災難クラブ




いや、別にクラブ活動で災難にあったワケではございませんで、、、



b0130243_16115133.jpg



このクラブ crab が災難なワケでゴザイマス


カクレガニ。。。
ピンノ とも言いまして、5mmにも満たないマイクロサイズ
普段はなかなか目にする事が少ないカニですが~
とある時いきなり目にします


貝を買ってきた時!!


とある時は貝の砂抜きをしている時
とある時は貝を食べようとした時 (茹であがってるけど(*_*))
このカニを発見するのだ

そ。 貝の中に居候しているんですね
その貝ごと買われて、そのまま各ご家庭まで運ばれちゃう (T_T)


うちもアサリの砂抜きをしている時に発見
砂抜きの最中、貝から逃げ出すんですね (異変を感じるのかな?)

排水口に捨てるのもナンだし  単品で茹でて食べるのもナンだし  海に放したら5秒で食べられちゃってナンだし


そんなこんなで、はや1か月
1匹も欠けること無く、うちで4匹暮らしております 
(海が近いので、飼育の海水は簡単に手に入ります♪ 餌はかつおぶしを3日に1かけら)
思ったより長生きしてるな  。。ってのが実感


で、写真の砂粒を見て思った
「ん~~ コレ、何かを思い出すんだよなぁ~ 。。。」


あ!


b0130243_16242181.jpg


(^O^)/





by usachan_500 | 2016-12-27 16:32 | マクロ 未分類

水不足なんだって



7月、8月は何やらかんやらと忙しく、皆様の所にコメントに行けない日が続きます m(_ _)m



b0130243_20345153.jpg




首都圏の水がめ ”利根川水系ダム群” がぼちぼちピンチみたいです

それなりに雨が降ってる感じなのに?
水源に降らないとダメって言うのは知ってるけど??

と思っていたら、ダム周辺の冬の積雪が重要だったんですね!
確かに今季は雪が少なかった。。。

残雪の消滅も相当な早さでした 登山に行った方から 「この時期で雪が無い○○山なんて初めて見た!」
な~んて言葉が聞かれます


このままでは雨台風が来ないとマズイんだろうな  (台風の災害は(*_*)ですが)
本当の本当に最悪の渇水になったらどうなるんだろう


1日1時間しか水道が使えないとか?
よその地域から水を分けてもらうとか?


どんなに渇水になっても、そこまではいかないのかなぁ、、、





by usachan_500 | 2016-07-03 20:52 | マクロ 未分類

archives  火事場の。。。



雨ですなぁ~  梅雨ですなぁ~
本日の千葉はざんざん降りです



b0130243_1441762.jpg




外で遊ぶ事もできないので、こんな時は例の ”想ひ出シリーズ” アーカイブでも書こうかな。。。


今回は生き物にまつわるエトセトラ


山登りやツーリングに行く
もちろんそこには楽しい出会いもあれば、楽しくない出会いもある




新型サンダル 燦々たるデビュー

スポーツサンダル、、と言うモノが日本で知られ始めた頃のハナシだ
今までのサンダルと言えばおおよそ歩行には向かない”つっかけ”程度のシロモノだった頃
そいつは現れた

TEVA社のスポーツサンダルだ
Be-PALなどを読んでいたぼんぼん、もうタマラナクなり、当時高価だったソレを買い求め
友人たちとの ”キャンプツーリング”に持っていった


Chapter① 自画自賛

キャンプ地(と言っても林道の空き地で野宿だったのだが) に着き、重いブーツを脱ぎ
ぼんぼん 早速 素足+スポーツサンダル に履き替えた 
まだまだブーツを履いていたほうが良い場面ではあったが、無駄に履き替えた

さぁみんな 「おぉ? そのサンダル何?!」って言えよ
言えよ。。  言えってば。。。。

待てど暮らせど誰も言わない (´・ω・`;)  仕方ないので自分から言いはじめた

「今までのサンダルは~ このスポーツサンダルは~ やっぱり素足が~ そもそもキャンプとは~」
一同、深く感心し 「俺も買おうかな」 と言わせるところまで持っていった

。。。 (面倒くさいヤツだ) 。。。 一同



Chapter② 素足の真価

夜になり、テントを囲んで宴が始まる
時折足元のサンダルを見てはニヤけるぼんぼん

その時だ、妙に足の指の股がチクチクする事に気が付いた
「ん?」

見れば マイマイカブリ が指の股の柔らかい部分をガジガジ齧っているではないか!!
「ほう これは奇異でござるな」  とか言ってる場合じゃない

「やめれ~~!! 確かにちょっと食感がカタツムリかもだけど、柔らかいそこはやめれ~!」

振り払うぼんぼん   ぽぃーんと飛んでくマイマイカブリ   爆笑する一同
誰かが言う 「素足って危険なんじゃね?」

「んなこたぁない」 意地になるぼんぼん
宴は尚も続く

「あ、ちょっとトイレ」

ぼんぼん藪にガサゴソ入る(野宿なのでトイレは無いのだ)

用をたしはじめた時、異変に気づく
「いたい。 なんか。。。足いたい」

「ん?! 痛っっって~~!!!!」



足元を見ると、今度はムカデが素足に喰いついているぅ(@_@;)



Chapter③ 火事場のヨガぢから

慌ててテントに戻るぼんぼん!
下げてたズボンは上げた!

ヤバイ、早く毒を抜かないと!!

友人に 「オレの足の指を吸ってくれ♪」 と言いかけたが 
「そんな事するなら死んだほうがマシだ」 と言われるのは確実なので言いかけてヤメタ

自分で何とかする事にした
何とかするって言ったって。。。 足の先である

曲げた!捻った!捩じった! ぼんぼん捨て身の力で身体を曲げて自分の口で 「ちうちう」 吸いはじめた

もう宴どこではない大爆笑の渦
その渦の中で無心に足を吸い続けるぼんぼん




。。。 写メの無い時代で本当に良かった 。。。

そして立証された  火事場のヨガぢから は存在する


燦々たるデビュー は 惨憺たるデビュー になった  うん、読みは同じだね
そしてぼんぼんは2度と スポーツサンダル の話題を口にしなくなった




もっと書く予定でしたが、長くなってしまったので今回は1話だけ。。


by usachan_500 | 2016-06-21 16:13 | マクロ 未分類

電撃マクロ遊び♪




今日もマクロレンズでお遊び~



b0130243_208895.jpg



放電を撮ってみました (^^)/
ホントに放電の写真ですからね~


デンキ。。。

生き物の中には 電気 を放つヤツがいる
デンキウナギ とか デンキナマズ とか デンキエイ とかがそれ
あれ? それ以外は知らないや。。。

彼らは自分で発電した電気を捕食や防御に使っております
かなり便利に思える特技ですがごく少数の 水中の生物 しかこの武器を持っていません
(防御に使えるレベルの高電圧って意味ね)


なぜ陸上の生物は電気を放たないのか??


古来よりアニメや特撮では 電撃を武器にするキャラクター は一般的で鉄板だ

b0130243_20212824.jpg



しかし実際に電気を放つ陸上生物は存在しない


。。。 何故かって? 。。。


電気は水と違って空気中を伝わらないから~~ (*_*)
正確に言えば 超々々々高電圧なら空気中を伝わるのだが 何千万とか何億ボルトとかの世界
(もう落雷レベルですね)
そんな高電圧を身体では作れません  地球最強のデンキウナギで800ボルトくらいだもん

100歩譲って身体で発電出来たとしても、その電撃がどこに飛んでいくかはマッタクワカラナイ
ナンだったら足元の地面に落雷するだけ~



結論  うん、やっぱり陸上での電撃は現実的じゃないな!


おしまい





by usachan_500 | 2016-01-14 20:45 | マクロ 未分類

クラゲ



b0130243_19175994.jpg



キクラゲ。。。


うちの庭におっきな枝が横たわっている
直径20cm、長さ1mほどはあるだろうか
昨年の大雪で折れてしまった ”シイの老木” の枝なんですが、撤去せずに放置していたトコロ~

キクラゲが 「わさわさ」 生えてきた 天然キクラゲだ~~ (^^)/
恐らく寿命が尽きかけた老木はとっくに菌に侵されていたのだろう

雨の日を狙って大喜びで収穫!
雨の日じゃないと、キクラゲは小さく硬くなっていて収穫しづらいのよ、、、

早速野菜炒めに入れてみる

「ん、、んまいッ!!」



と、盛大に吠えてみたのだが、実はキクラゲはほぼ無味無臭
歯ごたえを楽しむキノコですね!
コリッコリだ~

だいぶ収穫してから慌てて撮った
b0130243_19294270.jpg



食事で目にするキクラゲには大まかに2種類ありまして
○ 白キクラゲ(いわゆるキクラゲ)
○ 黒キクラゲ(アラゲキクラゲとも 荒い毛が生えているからアラゲ~  うちで採れたのはコレ)

白はやや貴重品 人工栽培もほとんどされない
黒は一般に市販もされており、料理で良く目にするのはコチラ 栽培も楽 歯ごたえは白より上とされている

たくさん採ったキクラゲは早速乾燥させて保存しました♪




by usachan_500 | 2015-01-10 19:46 | マクロ 未分類

旅するMushroom 



b0130243_16355695.jpg


冷たい雨がそぼ降る12月
すっかり落ちた紅葉の上で一休みしている旅行者に出会いました

キノコは一ヶ所から動けない、。、

コレ基本ですね!
仕方ないので胞子を飛ばしてみるのですが

やがて進化の過程で
「どこか~遠くを~ 歩いて~み~た~い~♪」
と考えるキノコ達が出現します

「旅する先々で胞子を撒けたら、仲間がどんどん増えるのにな~」

でもキノコには足がない
学術上、歩くキノコは ”スーパーマリオ” で散見される程度です  (粘菌は移動しますが)


で、キノコ考えた

「転がるってどうよ?!」

この ツチグリ というキノコ
広げた羽根(むいたミカンの皮)部分を ”湿気” によって開閉する術を身につけました

普段は丸く閉じられていて、キノコは球状をしており
雨が降ったりすると羽根を広げて写真の様になりまする

晴れ(湿度小) → 風を受けて自由に転がっていく(とっても軽いキノコです)
雨(湿度大) → 羽根を広げて踏ん張り、その場で止まる

胞子は湿気があったほうが発育しやすいですね
で、雨粒がキノコの真ん中の球体や中央に開いている穴に当たると雨粒のショックで胞子を発射できます
ちなみに乾燥した地面の上だと雨の日でも丸くなったまま、、 次の風が吹くのを待っているそうです

発射システムは コレ に近いですね


まぁ、こんなカンジ
b0130243_16555270.jpg


b0130243_165651.jpg



で、参考までに コレが乾燥時の移動用形態
風に吹かれると 「ころころころん」
b0130243_936457.jpg



この不思議な生態から
晴天の旅行者 晴天の旅人 と言われております
または 星形の湿度計 とも、、、
うぅ~ん このネーミングセンス  ロマンチックがとまらない♪




by usachan_500 | 2014-12-29 17:06 | マクロ 未分類

mañjūṣaka 



お彼岸か近づくと、突然姿を現す 彼岸花



猛暑だろうと冷夏だろうと、多雨だろうと少雨だろうと
律儀にしっかり姿を現す彼岸花。。。

余りに突然姿を現すので 「コレ、空から降ってきた?!」 と感じる方がいらっしゃる

まぁ、当たっていると言えば当たっておりまして
彼岸花、、 曼珠沙華(マンジュシャゲ)ともいいますね  
これは古代インドの言語 mañjūṣaka(マンジュシャカ)を漢字に当てたモノ

マンジュシャカ とは極楽、天上界に咲いている花だそうでゴザイマス
なるほど、空から降ってきて、お彼岸を知らせていたのですなぁ、、、

b0130243_23442366.jpg


お彼岸と言えばご存じ 太陽が ”ま東” からのぼって ”ま西” に沈む時期です
”ま西”の方角には極楽浄土があると信じられておりまして
ってなワケで西遊記の孫悟空なんかは 西へ西へと極楽を目指したワケですね
コンパスもGPSも無かった当時 ”ま西”の方向を知る術はありませんでした
ですが、例外として年に2度、お彼岸の時期だけはそれが分かったのです
ま西の方向を、どうしても知りたかった当時の 古代の知恵 、、、ですね!


さて、古代の知恵といいましたが、現代のデジタル機器でもその知恵の恩恵にあずかる事が出来ます

衛星放送 のアンテナ設置です!

あの”お皿”みたいなアンテナの向きはしっかりと決まりがあるのですが
お彼岸の時期、午後2時の太陽の方向に向けるのがグッドなのです
高価なアンテナの感度計測器具もいらない優れワザです   フムフム~




by usachan_500 | 2014-09-27 00:06 | マクロ 未分類

スパークリング



霧雨の朝はステキ

b0130243_2163347.jpg


スパークリングワインを注いだ瞬間?
小さな星雲?
何座が見える?





以下、台無しな無駄口。。。 ↓

星座と言えば



聖闘士星矢


車田正美センセイ原作の漫画、アニメなんですが~

車田センセは ”リングに賭けて” みたり  ”伝説の木刀” をふり回してみたり~
な漫画を書いて一躍有名になりましたが、星座の戦士たち みたいな漫画 聖闘士星矢 をまたしてもヒットさせました 

「俺たちの戦いは始まったばかりだぜ!」  というエンディングで伝説の打ち切りになった漫画 ”男坂” は無かった事になってます (苦笑)


で、聖闘士星矢

登場人物が星座の名前を持ってます

ペガサスの星矢
鳳凰座の一輝
アンドロメダの瞬

などなど かなり登場人物が多い漫画なんですが、もう全員 ”星座~”

まさしく 星の数ほど 登場人物がいて覚えるのがタイヘンでした

カンケーないですが、聖闘士星矢の登場人物の名前って ホスト っぽくないですか?
「星矢で~す♪」  「一輝で~~す♪」

そう言えば主要な登場人物が全員美少年だった気が。。。


余りに下らない話なのでここまでに致します

「ごきげんよう、さようなら」 (美輪明宏っぽく)




by usachan_500 | 2014-07-14 21:46 | マクロ 未分類

謎の壺



苔の庭で怪しげな壺を見つけました

b0130243_14212050.jpg


大きさ数センチの壺
何が入っているのかな~?

中にはパウダーみたいな粉が、た~くさん詰まってマス
雨が降ったり、何かに踏んづけられると、上部の穴から

「ばふばふッ」 と胞子パウダーを放出するのです(@_@;)


怪しげすぎる。。。
エイリアンとか何かの生体兵器の様であります


これ、キノコの仲間で
ホコリタケ と言います  埃=パウダー みたいのを放出するから付いた名ですね!
地方によっては

目潰れ (粉が目に入ると~!)

耳潰れ (粉が耳の中にっ!)

狐火 (ナンデ??)

とも呼ぶそうです 狐火、、、フォックスファイアーですよ(@_@;)
どの呼び名も何だか 必殺技 っぽいですね~



必殺技?!

いつも思っていたのですが、パソコン用語って 必殺技 の名前っぽくないですか?


 「来たな異星人め フォックスファイアー1号、2号機出撃!」

 「ふん、地球のメカごときが 喰らえ ブラウザークラッシャーッ!」

 「くッ 緊急防御だ  各機ファイアーウォールを展開っ  直ちにアクティブスクリプトに移る  合体ッ!!」

 「こざかしい! ゼロディアタックとdos攻撃で打ち破ってくれるわ」


もう アクセラレータ とか オーバークロック とか 
永久中2病 のぼんぼんが喜びそうな名前のオンパレードです


最近家内に 「喰らえ オクラホマミキサー!」  「今だ! ツィゴイネルワイゼンっ」
などの攻撃をするせいか

「なぁなぁ、新ワザを開発たんだけどさ~」  って言うと、逃げるようになってしまいました




。。。ブログの更新が止まったらDVで捕まったと思って下さい(笑)。。。




ちなみに、ホコリタケの胞子が目や耳に入っても問題ありません でもあんまり胞子を吸い込まない様にしましょうネ




by usachan_500 | 2014-01-08 15:11 | マクロ 未分類 | Comments(33)

たちのぼる



唐突に来た感のある今年の 秋~ ではありますが
自然界では準備にぬかりは無かったようです


大地から立ち昇る白い焔。。。


b0130243_17231887.jpg



妖艶な姿を見せましたが、付いた名前は ソウメンタケ(笑) 麺類にされちゃいました  揖保の糸
ちなみにこのキノコ、食べられるそうです  無味無臭だそうな~



ムーミンのお話で、、

え? 「卒業写真」を歌っているヒト?  それはユーミンです
細川ふみえは フーミンです 念の為。。。

そうそう、ムーミンに出てくるニョロニョロってのがこんな風情でしたが
実は日本にも、とっても良く似たのがいるらしいですよ~


お暇な方は ”くねくね” で調べてみて下さいね(^^)





by usachan_500 | 2013-10-01 17:37 | マクロ 未分類


千葉県在住! 近所の写真と生き物と旅行の記録です コメント、リンクも大歓迎なのです!             過去の記事へのコメントに気が付かない事がありますので、その際は叱って下さい。。


by usachan_500

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31