ぼんぼんトントン 写真

カテゴリ:マクロ 昆虫( 271 )

口が達者な



春でゴザイマス

昨日までいなかった生き物が見られたりする季節~ (^O^)/




ヒゲナガバチ~ (翅で見たところ、ニッポンヒゲナガバチかな?)

b0130243_20573113.jpg




タンポポの上で 「モフモフ」しているところですが。。。


何やら身づくろいを始めましたぜ
b0130243_20592329.jpg





シャキーーーン!
b0130243_2104388.jpg


口のストローが出現
(刺す針じゃないよ、あくまでストロー)


このストローが彼らの ”口” でございます

「え? 彼らだって巣作りの作業をしたり、口で何かを挟んだりするじゃん?
ストローだけって事ないんじゃない?!」


そう、ハチを含め、昆虫は非常に口が進化しています
哺乳類やその他多くの生物は見たまんまの口の構造ですね!


今回のヒゲナガバチを含め、一部のハチさんの口はこんな具合
b0130243_21948.jpg

さっきも書きましたが、吸う用途のストローが 我々で言う ”口” です


分かりづらいよ、、 口が2個って事??
という方  クワガタに例えると分かりやすい

b0130243_2115275.jpg

この立派な牙を 口 と思う方はいませんね
口は顔の先端に付いてる 蜜を吸う黄色いブラシ みたいな部分ですね!


ハチも牙の大きさは違えど、クワガタと全く同じ仕組みなんですね~
ちなみにスズメバチは肉食、戦闘傾向が強いので、牙の部分をかなり強化してあり
蜜を吸う用途のストローは、ほとんどありません (露出した蜜を舐める程度しか出来ません)


昆虫がここまで地球上で成功している理由にはこう言った ”細やかで的確な進化”
が大きいのでしょうね!




おしまい




by usachan_500 | 2017-04-13 21:33 | マクロ 昆虫

イケナイ言葉を使いたい




男の子がだいたい小学生になった頃だろうか
妙に ”イケナイ言葉” を使いたがる時期にさしかかる

まぁ、、何だ、、、

オブラートに包んで申し上げると 「うんこちんちん」 ってやつだ


。。。ちゃんと包めよ。。。


お食事中の方、このテの言葉がと~っても嫌な方、予めゴメンクサイと謝っておきます m(__)m


まぁ、それで、、、あれだ

b0130243_19304980.jpg



オオイヌノフグリ の上で遊ぶ ナミムシクソハムシ

となるワケだ m(__)m


あぁっ ぼんぼん言いたい 色々言いたいっ!!
童心に返って心と言葉を開放したいっ!!


あ~ コホン。。。

b0130243_2043752.jpg



ナミムシクソハムシ 何とも悲惨な名前を付けられてしまったワケだが
だからと言って ヘクソガズラ と抱き合いながら、不幸な身の上をオイオイ泣いている訳ではなく

これはこれでかなり便利だったするのだ

そう、クソ、、 他の昆虫(この場合は他の芋虫ですな)の糞に自分を似せて
身を守っているのですな  擬態、、ってやつだ


実際に野外で見かけると
b0130243_19482894.jpg

注意して見てもこんなもん


この虫に限らず、実は糞に擬態する昆虫はわりと多い
周囲の景色に色や形を似せる
とはまた違ったアプローチですね!
確かにこの擬態方法ならば、堂々と花や葉の上にいられるもんなぁ~

どうやってこの能力を獲得していったのか、興味は尽きないところではありますが

野外探索で糞に擬態している昆虫を探していると
糞に擬態してると見せかけて~~??、

。。。ただの糞である事が圧倒的に多いのは ”あるある”だったりします





ナミムシクソハムシ だと思いますが、正確な同定は出来ず




by usachan_500 | 2017-04-05 20:03 | マクロ 昆虫

ねないこだれだ




なんか写真でも撮るかな~


と、何かが跳ねた

「え?跳ねた?? この時期に??」


おおっと~

b0130243_1622139.jpg



こおろぎ。。。

こおろぎ73 (古ッ)


コオロギって卵で越冬する種しかいないと思ってた
クチキコオロギでしょうか
成虫になるのに2年ほどかかる種らしく、、
まぁそうだよな 冬は一旦”卵”に戻るワケにもいかないし この姿で越冬するしかないわな~

ちなみにコオロギは熱帯をルーツに持つものが多く
温度さえ管理すれば通年繁殖できるらしい (ペットの餌としても需要がありますからね(*_*))


そう言えば冷蔵庫の後ろで、いっつまでも鳴いてるコオロギもいた気がするぞ
冷蔵庫の付近は暖かいからね~




b0130243_2115337.jpg





by usachan_500 | 2017-01-06 16:49 | マクロ 昆虫

歩く骨組み



重力をほぼ無視できる 水中 ならいざ知らず
地上でこの形態って実はスゴイのかも~!



b0130243_2092842.jpg



”ほぼ骨組み” が歩いている様な雰囲気です

小さな身体ならまぁこの形態も納得できますが、ナナフシって結構デカイ(@_@;)
(海外には30センチオーバーとかがザラにいる)
ようやく動いているだけかと思えば、ダッシュすると結構早い


ちなみにこのナナフシには 茶色系と緑色系がいたりましす


今回も何気ないけど、良く見ると何気なくない1枚です♪




by usachan_500 | 2016-07-12 20:25 | マクロ 昆虫

何気ないけど 何気なくない1枚




b0130243_17203545.jpg



どこにでも何気なくいる ナツアカネの未成熟個体。。。 でしょうか
そして何気ないマクロ写真ではありますが~

写真を良く、良~く見ると何気なくなかったりもします (^O^)


まぁそれはいいとして。。

トンボは英語で言うと  ドラゴンフライ!!

dragon fly ドラゴンですよ、ドラゴン! カッコいいでございますね~
英語に直すとカッコいい感じの虫って、結構いらっしゃいます



fire fly ファイアフライ  ホタル  これは何となく分かりますね お尻が光るもん


hornet ホーネット   スズメバチ  勇ましい感じでオートバイの名前や戦闘機、空母でも有名です


grasshopper グラスホッパー  バッタ   タミヤのラジコンを思い出す人はぼんぼんと同年代
                マイティフロッグさえも買えなかったボクたちに乾杯。。。


tiger beetle タイガービートル ハンミョウ  ここのブログでも何度か紹介した名前ですね   
               まさに! って感じのネーミングセンス


swallow tail スワローテイル アゲハチョウ  そんな映画あったな、、 イェン・タウンバンド ってcharaさんだっけ??


cricket クリケット コオロギ  英語ではスズムシ、コオロギ、クツワムシ、カンタン とかの固有名詞は無くって 
               ぜ~んぶ○○クリケット 日本ってやっぱり風流なのかな~       


diving Beetle ダイビングビートル  ゲンゴロウ  某ボ○ムズの水陸両用やられメカではない


caterpillar キャタピラー  イモムシ  まぁ、そもそも見た目が似てるってんで、車のキャタピラのほうが後から命名された


          
。。。 きりが無いので最後にオマケ 。。。
イタリア語です


scarafaggio スカラファッジョ  ピアッジョ ディ・モールトグラッツェ みたいなイタリア語感満点でオサレな雰囲気だが  




ごきぶり



なんでイタリア語って無駄にカッコいいんだろう~



おしまい




by usachan_500 | 2016-07-09 18:20 | マクロ 昆虫

表面積をふやせ!





b0130243_18152115.jpg



カメラを持って ぼ~ としてたら飛んできて目の前にとまった。。
数枚撮ったらまた飛んでった。。。

なので同定は出来ませんでしたが、コガネムシの仲間でしょうなぁ
触角の先っちょがキュートなのです (^O^)


コガネムシに限らず、触角が枝分かれしている昆虫というのは結構いたりする

こんなの とか こんなの とか

棒一本の触角より表面積を増やして、フェロモン受信の効率を上げているのでゴザイマス



表面積を増やすと効率が??

ほら、いろんな例が身の回りにあります
b0130243_18214764.jpg

布1枚よりバスタオルのほうが水を効率的に吸い取るし
アチアチのエンジンも表面にヒダを作れば、空気に熱を奪わせる事ができる

クラッシュアイスだってそう 1個の氷より液体に触れる面積が多いから素早く冷える
人間の腸や脳、ぞうさんの耳、パソコンのヒートシンク、自動車や空気清浄機のエアフィルター

もう枚挙にいとまが無いほど 表面積を増やして目的の効率を上げる! があふれています



逆に 表面積を下げる のが良い時ってないのカナ?

あります  それは寒い日に丸くなるネコさんです (^O^)
表面積を下げて、熱をとられない様にしてるんですよ~



by usachan_500 | 2016-06-25 18:35 | マクロ 昆虫

見落とされたい



昆虫はキホン 「自分は食べられたくない」 と思っている

正確には ”思っては” いないかもだけど、、、


ん? 昆虫に限らず生き物はみんなそうか (笑)
私だって食べられたくはないもん。。。


そんなワケで昆虫は 偽装 をしたりする
と、このブログで 口が酸っぱくなるくらい 書きましたね


ところでぼんぼん、いくらしゃべっても、言い聞かせる事があったとしても

口が酸っぱく なった記憶が無い!

どこか悪いんだろうか?
普通の人は、多少なりとも酸っぱくなるのだろうか??




。。。 ともあれ 。。。


b0130243_15314548.jpg


コイツは とある物に似せた系 の擬態を持っています
もちろん木の幹とかに止まれば 背景に溶け込む系 の擬態を兼ねていますね

この系統 と同じ考えですな



この蛾がアジサイにとまっている所を離れて見てみましょう

b0130243_15372963.jpg



いいトコ 花にくっついた竹の枯葉 って感じ
(ちなみに上と下で2匹います)

で、再度アップ
b0130243_15495245.jpg



背景に溶け込む系 ですととまる場所を選ばなければいけませんが 〇
とある物に似せた系 はキホン、どこでもオッケーなので汎用性が高いです ◎




さて、人間のばあい。。。

これも良く書いていますが こういう場合、人間は迷彩服を着る
命のやりとりをする際に着る事が多いので、真剣に色、模様が検討されるのだ


スイス軍が昔(60~80年代かな)使っていた迷彩模様がある
アルペンカモ とか言われる迷彩だ
国民皆兵の小国スイスが懸命に考案した(であろう)迷彩服だ!

ぼんぼん、1着持っている





国家存亡を賭けて考案されつくした迷彩効果を見よッ!  

刮目ッ!!






あッ。。。?! (´д`、)

b0130243_15512124.jpg





あぁ。。。(´д`、)

b0130243_15561575.jpg




”秋のスイス” を守るのに適しているって解釈??


こんど晩秋の 裏磐梯 あたりに持って行って試してみます




おしまい



追記 

by usachan_500 | 2016-06-17 16:05 | マクロ 昆虫

ボツ写真なの


な~んにも写真撮ってない~ (*_*)
どこにも行ってな~い (*_*)


こんな時は過去の ボツ写真 でも載せてみるか。。。

b0130243_21311987.jpg


この後何かが起きる??


起きる?

起きる?!


お察しの通り、何も起こらず  
残ったのはこの間の抜けた写真 。。。でボツっ!!


カマキリって思ったより遠くの獲物を確認できるんだなぁ~

めっちゃガン見してるし (笑)





by usachan_500 | 2016-05-27 21:36 | マクロ 昆虫

ちょっとつや消し platinum





海外産の プラチナコガネ ほど眩い光沢ではないけれど


b0130243_17595218.jpg



まだ若い個体なのかな? 
ちょっとつや消しのプラチナボディが輝いております

b0130243_1812668.jpg


アシナガコガネ の仲間はかなりバリエーション豊かな色彩を持ちます
パッと見、同じ種に見えない事もしばしば。。。



余りにも後ろ足だけ長いので、割と不便している様にも見えますが
(平らな所を歩くのが苦手な感じ)
どうしてもこの脚じゃないといけない理由があるんでしょうね~

お尻の先端が、切り落とした様に 「スパッ」と平らになっているのも意味があるんだと思う
どうしてそうなのか、現在分からずデス (*_*)





by usachan_500 | 2016-05-13 18:34 | マクロ 昆虫

そっちかい!!



のっけからナンだが、戦国大名というモノはタイヘンだ!

要は自分の国を守り、あわよくば領土を広げたい

信長の何とやら というゲームで ”鉄砲隊” を増やすのも ”開墾 施し” を涙ぐましくするのも
「毛利と長宗我部がのさばってきたな、、 そろそろ仕掛けるか?!」
な~んてやるのも 全ては大名が領土を守り、広げる為である


b0130243_2244984.jpg



こちらが ダイミョウセセリ


セセリチョウの仲間にしては大型だ


「うむ、きっと立派だから ダイミョウ の名前なのだな?!
ダイオウイカ や コウテイペンギン と同じベクトルの名前だな」

おまけにこの蝶、縄張り意識がめっちゃ強い!
縄張りに入る蝶はすぐに撃退しちゃう
まさに戦国大名を彷彿とさせるわッ


ちなみに ダイミョウセセリはいるが


北町奉行セセリ とか
火付盗賊改方セセリ とか 
まして 御台様御簾中御広敷番之頭セセリ とかはいない。。。 


大きくて、縄張り意識が強くて、まさに大名の風格よのぉ~
良い命名をしたものよ 天晴、天晴!
と思いつつ調べてみた


ダイミョウセセリ 由来
チョウの容姿が大名の 黒い羽織袴姿 に見える為、、 という解釈と共に

翅を広げて止まる習性があり、平らになって草に止まる姿を見て
大名行列にひれ伏す 平民 の姿と見立てた為。。。





ええッ?! そっちだったの?!! (@_@;)





大名について切々と講釈を垂れた時間、返してもらっていいデスか??






by usachan_500 | 2016-05-09 22:31 | マクロ 昆虫