カテゴリ:マクロ 昆虫( 276 )

そっか お尻の針があったわ!




昆虫、、 いや生き物にとって最大の目的って、、、

子孫を残し、さらに繁栄させる

これに尽きますね!


昆虫はキホン卵を産まなければいけません
産み方も千差万別

中には 「ナンデそんな産み方をするっ?!」 っていう種類もいますよね
以前ご紹介した シギゾウムシ は硬い木の実に深い穴を開けるために
長~い鼻を持ってましたね


今回はその逆? 長~いお尻の産卵管です

b0130243_19514339.jpg


ウマノオバチの仲間でしょうか。。。
別に趣味でこんな姿をしているワケではございません (^^)
この種のハチは ”エサ”となる虫の幼虫に卵を産みつけてしまう習性を持っています

相手の幼虫も 「ここなら安全♪」 とばかりに、木に深い穴を開けて潜っているのですね~
確かにこれでは手を出せる敵はほとんどいません


でもここで自然の神秘~!!



穴に潜った相手に卵を産みつけられる種が出現するのです
ま、こんな感じです

b0130243_19565569.jpg



b0130243_19571133.jpg



で、この長い産卵管の先っぽから ”卵”を産みつけてしまうのですね~(怖)
ハチなので、ゾウムシ様な 口のストロー は持っていませんので
ここはヒトツ、お尻の産卵管を長くする進化を遂げました


複雑に絡み合った生き物たちの攻防、これもまた自然の魅力の1つかも知れません!





by usachan_500 | 2013-10-06 20:07 | マクロ 昆虫

たぶん乗り切った!


想い起こせば~~

7月初旬に北海道から帰ってから今日まで、たった3日の休みしかありませんでした、、、
今日でひと段落ついたかな?!   うん、ついて欲しい!

b0130243_18485795.jpg



いつも訪問、コメント下さる皆様のところへ行くのも滞りがちで
大変失礼をいたしております <(_ _)>


通常ですとこの後、南の島にでもひとっ飛び~!
な感じですが、気力がもうありません
数日休んだらぼちぼちブログ関係も再開しようカナ?

と思っておりマウス




by usachan_500 | 2013-09-23 18:53 | マクロ 昆虫

smile . smile . smile ♪



b0130243_19324071.jpg



アカスジキンカメムシの幼生ですネ!
庭の葉っぱ上で見つけました 明日あたり脱皮して成虫になるかな~
タイミング良く観察できればいいけど、、、

成虫は 歩く宝石(@_@;) とも呼ばれるほどに美しい昆虫です



カメムシが群れているのはナンデ~??

実は個体同士で通信が出来るのです
フェロモンを使い 「みんな、こっちにおいで~」 とか 「敵だっ 逃げろ~!!」
とかを伝達する事が出来るのです

そう、あの ”かほり” に強弱をつけて使用するのです


ある種のカメムシはその警報を受けると、ちょっと離れた場所にいる個体も
バタバタと落下します (落下が一番手っとり早い逃走ですもんね)
そしてまた集まってきます


集団のカメムシをからかうと面白いので、是非実験してみて下さい



え? 冗談じゃないって?!





by usachan_500 | 2013-09-08 19:50 | マクロ 昆虫

夏の終わりは半額処分


スイマセン ここのところ更新も出来ず、訪問も出来ておりません <(_ _)>
相変わらず忙しくて困ってマス


あちこちのお店で目にするようになってきました

夏の終わり。。。

b0130243_20544670.jpg



雑多にカゴに入れられた、浮き輪や水中眼鏡
ワクワクする夏の道具たちが 「半額処分」 の大きな札を付けられ、所在なさげに佇んでいます



あれだけ暑くて嫌になっちゃったクセに一寸寂しいのはドシテ?

もうしばらくすると、アブラゼミもミンミンゼミも消え ツクツクボウシの鳴き声しか聞こえなくなり
そうして本格的に夏の終わりを感じます




写真は全く関係ありません ツマグロオオヨコバイの赤ちゃんでしょうかね
脱皮や羽化したての昆虫は白色や透明な事が多いですね

そこいらへんの話題はまた後日。。。




by usachan_500 | 2013-09-05 21:07 | マクロ 昆虫

必要は発明の母




今日は半日ほど休みがありました
なので、貯まりまくっていた私用を片づけるのだ!


まずは 「トンボは指を回していると、目を回して自然に落ちるのか」 を実証してみます


いましたいました! ノシメトンボですね~
b0130243_11344084.jpg

逃げにくいトンボなので、今回はうってつけの被検体サンです (^^)



トンボの前で指を回す。。。 「ぐるぐるぐる」

1分経過   トンボは首をかしげるばかりで変化ナシ

3分経過   私の足に蚊が寄ってきました

「か、、かゆい でもここで無駄に動いては実験が台無しになってしまう。。」

5分経過  足のかゆさマックス(*_*)  トンボ変化ナシ
ずっと ”ぐるぐるしている右手” がつってきた 

「一瞬くらい左手に切り替えてもかまわないんじゃなかろうか?」  左手に切り替える
驚いたトンボ。。。 逃げる   落胆と共に蚊に刺された足を掻きむしる


あ、言っておきますけど、ワタシ暇じゃないんですからね
忙しいんですからねっ




うがぁ もっと効率良くトンボ獲りがしたいのダっ!
(トンボ獲りと言い切った  さっきまで実験とか言ってなかったか?)

早速新兵器の開発だ
苦労無く、指を「ぐるぐる」するシステムで答えは決まった!!

まずは透明プラスチック板を丸く切り抜く
b0130243_1142119.jpg


次は装置のキモ ”指” を製作する
練ると硬化するプラスチックパテを使って、、

おおまかな形を作り、硬化するまで10分ほど放置
b0130243_11425395.jpg


硬化したら 紙ヤスリで形を整え、ちゃちゃっとプラモデル塗料で塗る
うん、我ながらリアル♪
b0130243_11434891.jpg



最初に作った透明プラスチック板に ”指” を強力両面テープで貼り付ける
(指が11gあるので、バランサーとして板の反対側に同じ重さの オモリ を付ける)

で、手持ちの インパクトドライバー(電池式ドリルみたいなもの)に装着
回転の速さが自在に変えられるんですよ
b0130243_11441517.jpg




うっしゃ こんどこそ!
またノシメトンボを探す   いた、、

「うぃぃ~ん」   ん?! 早速トンボに変化の兆しか?
妙に興奮したぼんぼんは 回転を早めた  めっちゃ早めた!

アアッ (ノ゚ο゚)ノ 
指がブッ飛んでいった。。。



指を探しまくる  「あったぁ!」
b0130243_1343241.jpg


この光景を人に見られなくて良かった  おっさんが地面をガサガサしたかと思ったら、指の先端を見つけて満面の笑み。。。  

通報されるわな

繰り返しますけど暇じゃないんですからね!
仕事の時間、迫ってるし



指の接着を強くして再度チャレンジ

1分
5分
10分



。。。。 結論
b0130243_11532384.jpg



あぁっ もう仕事の時間だ 行かなきゃ~





オマケ  実験記録動画  最後、奥のほうに ”指”が飛んでいくのがご覧いただけます(涙)






by usachan_500 | 2013-08-26 12:13 | マクロ 昆虫 | Comments(30)

ゴ~ル! ゴ~~ルッッ!!



北海道レポ番組の途中ですが、ここで緊急速報です!


激戦のFIFAワールドカップシリーズですが
遂にさきほど ACミラン が優勝を果たしました!!



早速選手のインタビューが入っています

b0130243_23114767.jpg


「いやぁ、ロスタイムでの決定打 見事でしたね」


b0130243_23142284.jpg


「はい あの瞬間、必ず決められると確信しました 
何と言っても私には フォースの力 がありますからね!」



「え? そっち系の話しだったんですか?!」
b0130243_2315395.jpg

シスじゃないですか。。。






アカスジカメムシ
日本全土に広く分布
主にセリ科の植物に集まる 12mm程度の大型カメムシ

特徴的な色は鳥に「食べても不味い」事を知らせる 警戒色 と考えられている
(北海道の小清水原生花園で撮影 セリ科のエゾシシウド上に相当な数がおりました)





by usachan_500 | 2013-07-22 23:28 | マクロ 昆虫 | Comments(12)

ストローはお付けいたしますか?




「。。。298円になります   ストローのほうはお付け致しますか?」



「いえ、、結構です、、、」
b0130243_948664.jpg


「今なら揚げたてチキンが90円とお得になっております
ご一緒にいかがですか?」

「、、、、、肉 食えないし、、」


長~い口を持ったゾウムシの仲間でも、この ツバキシギゾウムシ は最長の口を持っています
b0130243_9531865.jpg


もはや 象 の雰囲気では無いかも知れません
椿の実に穴を開ける シギゾウムシ なので ツバキシギゾウムシ と言います
じゃあ シギ って?!

鳥のシギから命名ですね
口ばしが細長いでしょ(^^) (参考の写真よりもっと長大な口ばしの種もいるのですが、、)


このストローでもって、椿の実に産卵の為の穴を穿孔します
もちろん口からは産卵しませんよん  お尻から長い産卵管を出します
でも椿の実って硬いよね~?

ただのストローではゴザイマセン
先端がドリル形状 になっておりますが、単純なドリルではなく、かなり複雑な構造、、
トンネルの掘削器 にやや近い考えかも知れませんね!
思ったよりたやすく実を穿孔できます

ちなみにドリルと違って、生物の口は回転しないので
仕方なく本人が口を中心に 「ぐるぐる」回ります(笑)


椿の実に乗ってマス   「ご一緒にサクサクコロッケいかがですか?」
b0130243_1072851.jpg


口に劣らず顔もユニークですね~   「Tポイントカードはお持ちですか」
b0130243_1074818.jpg

ちょこっと埋め込んだ様な小さな球体顔ですが、ボールジョイントよろしく、めちゃめちゃ可動範囲が広いです 
(ほぼ真横も向けますよ)


ツバキシギゾウムシは種の変化の題材として良く取り上げられますね!

椿は実に穴を開けて卵を産まれたらタマラナイ ゚(゚´Д`゚)  ので、実の皮をどんどん厚く進化させます
ゾウムシは卵を産めないんじゃタマラナイ ゚(゚´Д`゚)  ので、皮の厚さを上回る長い口に進化させます

無限ループが繰り返されるうちに、一部地域の(九州とか四国ね) ツバキシギゾウムシ は冗談の様な口の長さを持っています
今回お見せした写真どころの騒ぎじゃゴザイマセン(@_@;)



さて、解説も終わった事だし、そろそろコンビニを出るかな、、



「有難うございました~」
b0130243_10235516.jpg





ツバキシギゾウムシ
本州~九州 普通種
体長5~10mm程度
どうしても見たい方は 大きな椿の実を夜に見てみて下さいね♪





参考写真 穿孔中
by usachan_500 | 2013-06-24 10:43 | マクロ 昆虫 | Comments(18)

新型ヘルメット!!



ついに、ついに買いました(^^)/

さっそく見せびらかしちゃうんだから!

b0130243_20474246.jpg


どうです?! この有機的なデザイン 
b0130243_210399.jpg

フチにはきちんと ”ちょっとアンバーな透明シールド” も付いているのだ

もっと安全を期するライダーなら、ヘルメットの中に住んじゃうのが一番安全
b0130243_213596.jpg


安全だ~
安全すぎる~~

え? これじゃ逆に不便だろって?!

ノンノン! 普通に歩けまっせ!
b0130243_219940.jpg


ほぼ 亀 ですね。。。
首も亀よろしく、とっても良く伸びて曲がります




この姿、どこかで見たよなぁ~ 
b0130243_20555045.jpg


あぁ、スーパーマリオの敵だわ。。。




イチモンジカメノコハムシ
本州~沖縄に生息 体長8mm程度
シュラックニスを塗った様な半透明ボディーが特徴
驚くと 半透明カバー の中にすっぽり隠れる

イチモンジ、、 とは背中の後ろ半分に一文字の帯模様があることから

ちなみに普通に飛べます (撮っていたら飛んで行っちゃいました むぅ、、)



by usachan_500 | 2013-06-21 21:31 | マクロ 昆虫 | Comments(18)

進化したのよ ワタシ。。。



昆虫の祖先はナンダロウ。。。
そして進化の歴史は?


面白い事に昆虫は ある時期突然地球上に現れます
正確に言うと それ以前の化石が無いのに、ある時期突然現代と変わらない様な トンボ、ゴキブリ
といった化石となって現れるのです

ミッシングリンク ってヤツですね!
もっとも昆虫は化石として残りづらい身体なので”未発見”と言うのが正しいかも知れません

面白い仮説では 「昆虫はある時、突然宇宙から来た」 と言うのがあります
聞いてみると ふんふん、、 と頷ける部分もあり、興味深い説ではあります(^^)


さて、今回の写真  甲虫。。。

b0130243_21295227.jpg

(ハムシさんの仲間 アカガネサルハムシ かな?)

甲虫は虫の進化の歴史でも、進化を遂げた部類と言えます
先程少し話した トンボ あたりが現在の昆虫の最初の姿とされています

そのあとゴキちゃん、バッタ類が登場し、やがて長い年月を経て 甲虫 が現れるそうです 
つまりコレ、進化の果てに編み出された1つの究極の姿なんですね!
(カブトムシやゲンゴロウ、テントウムシなんかが甲虫ですね)


トンボの仲間はどの種類を見ても 「うん、トンボだな」 食べる物もだいたい同じ
蝶や蛾の仲間もおおむね同じ形をしていますね 食性も主に葉を齧ったり、蜜を吸いますね

でも甲虫だけは途轍もないバリエーションを持っています
形はもとより、食性、生活環境も色々、(中にはゲンゴロウの様に水中生活するのもいますよね)
大きさも相当にまちまちですね


この多様性は 甲虫は装甲防御に特化しちゃって、飛ぶのが苦手になった。。。

移動範囲の自由を失くしちゃったから、その地形に合った進化を遂げるしか無かった
と言う説があり ナルホド、その通りだと思います



ちょっとまとまりが無くなってしまった 甲虫夜ばなし でした





by usachan_500 | 2013-06-19 22:03 | マクロ 昆虫

変わり身の??



目がグリーンのコバエがいたので撮っておりました

「うぅ~ん イイね! ステキだね~!」

b0130243_13164226.jpg


「もっと寄っちゃってもいいッスか?!」

ファインダーから一瞬目を離し、カメラを前進
さて、、と さっきのハエは~~


「あぁ いたいた  1cmほど動いたのかな?」

「??????」

b0130243_1318466.jpg


ほんの一瞬で 被写体、すり替わっとる。。。



実は時々あるんですよね
撮っているヤツの場所に他のヤツが飛んできて~
で、元からいたほうはビックリ(@_@;)して逃げちゃう


上の写真のハエは種類分からず
下のはアシナガバエの一種でしょうか、、
両方とも5mm以下程度の小さなハエです





モンガラさん ごめんなさい(+o+)
by usachan_500 | 2013-06-14 13:33 | マクロ 昆虫


千葉県在住! 近所の写真と生き物と旅行の記録です コメント、リンクも大歓迎なのです!             過去の記事へのコメントに気が付かない事がありますので、その際は叱って下さい。。


by usachan_500

プロフィールを見る
画像一覧