カテゴリ:マクロ 昆虫( 284 )

春の使者。。。  とは呼ばれてない



b0130243_19284321.jpg


極楽とんぼがとんぼ返りしたけど結局尻切れトンボ 

いや、失敬!
トンボ、、 とんぼ、、、  と考えているうちに思い付いたもので <(_ _)>


ホソミオツネントンボだと思います
以前にも紹介致しましたが ”成虫で越冬” する珍しいトンボです

カメムシよろしく 落ち葉の裏、木の皮の中、果ては家の中、、、
狭い所に集まって、成虫の姿のまま越冬します


で、気温が高くなると モジモジと起きてくるワケです
そんなワケで、冬でも妙に気温が高い日があると目が覚めて飛んじゃうんですね~
「冬にトンボを見た!」 という場合はだいたい こやつ ですね (^^)

見かけると 「あぁ、春だなぁ~」 と思うのですが、一般的には 馴染み薄 です


トンボを調べているうちにふと思った
b0130243_19373326.jpg

なんでこのメーカーの トンボ の綴りはこうなんだ??

答えは 英語で tombo はお墓なので 「こりゃあ語呂悪いッス」 って事らしい
ちなみに n じゃなくて m なのはヘボン式ローマ字表記だから
(新橋駅とかが Shimbashi と表記されるのと同じ)


おっと、話が飛んでしまった (トンボだけに、、 うふ、うふふ、、)



トンボを使った言葉はいくつかありますが

阿呆の鼻毛で蜻蛉をつなぐ 


これって?   イマヒトツ状況が想像出来ないんですがーーーー


おしまい




by usachan_500 | 2015-03-20 19:51 | マクロ 昆虫

あぁ 勘違いのフリーマーケット



「今週末フリマに行くんだよね~」
ってな会話を聞く事があります

「ふむふむ 何やら好き勝手に広場で色々売り買いするのだな、、」

フリー = 自由 と思っていたぼんぼんですが~~
最近気が付いたのです

フリー = ノミ(蚤)    と言う意味だったのだ(@_@;)   

つまり free(自由) だと思っていたら  flea(蚤) だったのだ
ナルホド ”ノミの市” って直訳だったのね


さておき、、

b0130243_19172277.jpg


ノミバッタ というバッタの仲間です

大人になっても 非っ常~~ に小さいです
ボディが黒一色で地味という事もあり、あまり認識されないバッタさんですが、実はあちこちで簡単に見つける事が出来ます

跳躍力に優れ、指で触ろうとすると 「ピンッ」と瞬間移動したかの様に、跳ねて消えます
小さいから ”ノミ” なのか?  途轍もない跳躍力を持つから ”ノミ” なのか?
定かではありませんが、そんな生き物だったりします


ノミの○○ と言えば ”心臓” が有名?ですね
「アイツはあ見えて ノミの心臓だからなぁ~」  と言う言葉を聞くたびに 思うんです、、

見たのか?!



ついでに 「アイツは心臓に毛が生えているからなぁ」 と言う言葉も同様です

見たのか?!



ノミの心臓 と言いますが、実はノミ(昆虫)には心臓がありません
もうちょっと正確に言うと、人間と同じ様な心臓の仕組みを持っていません

b0130243_19373651.jpg


めちゃめちゃテキトーに書いていますが、昆虫の心臓とはこの器官の事を指します
背脈管 と言う太い血管みたいなモノ と思って頂いていいと思います


もしあなたが 「アイツはノミの心臓、、」 という言葉を発しようとした時は是非思い出して、正確にこう言って欲しいのデス!


「アイツには心臓が無くって、その代りに背脈管という器官を持ってて、それで体液を循環させてるんだぜ!!」 って



ノミバッタ
直翅目ノミバッタ科 体長5mm程度
日本には1種類のみ生息  驚くべき跳躍力を持つ
色彩はほぼ黒一色だが稀に色違いを見る事がある





by usachan_500 | 2014-09-18 19:56 | マクロ 昆虫

鳴き虫

まだまだセミが元気に鳴いている千葉ですが、だんだんと秋の虫の声も聞こえる様になってきました

地球には ”鳴く” 生き物がけっこういます

ケロケロ♪  かえる
コロコロ♪ こおろぎ
チュンチュン♪ すずめ
ワンワン♪  わんこ


コーヒー クツクツ ×3
オイシイ~ クツクツ ×3
ホェ?
コレイイナ~
アレイイナ~
モウイイヨ~
ウジャ~~っ♪   これはご存じセミの仲間 ツクツクボウシ ですね(^^)

昆虫に興味の無い方でも ”鳴く虫 ”に関して言えば、種類をいくつか挙げる事が出来ると思います



b0130243_18134658.jpg


写真は とあるイモムシ のお尻。。。

「関係無いじゃん」って?!


このイモムシさん、鳴きます(@_@;)
成虫になると 蛾 になるんですが、成虫も鳴きます

蝶や蛾の仲間が鳴くとは 前代未聞 な感じなのですが、、、
イモムシさんの状態の時は 「カチカチカチッ」 とコンロの着火装置の様な音で鳴きます
音は天敵の威嚇に使う様です
成虫=蛾の状態になるとセミの様な声を発します  鳴き声が変わるんですね

正解を言いますとこのイモムシさん、クロメンガタスズメ の幼虫デス
メンガタスズメの仲間は 鳴く蛾 として知られているんですよ~
ちなみに鳴く仕組みは、昆虫が持つ呼吸用の穴 ”気門” を使うと言われています


季節の風物詩でもあり、鳴く虫は日本人に愛されがちではありますが

夜、蚊帳に貼りついて鳴く スイッチョン はマジで補殺したくなります

耳の真横であの ボリュームMAXの金属音 で鳴かれた日には。。。 (+o+)


鳴かなくてヨカッタと思える昆虫はゴキブリですね
冷蔵庫の後ろで大合唱とかしてたらもう、、なんか、、、 ねぇ、、



メンガタスズメ 
スズメガの一種 全般にやや大型の蛾 
映画 羊たちの沈黙 で描かれた背中に”ドクロマーク”を持つ蛾の仲間です

スイッチョン 
キリギリスの仲間  ああ見えて肉食。。。




by usachan_500 | 2014-09-13 18:41 | マクロ 昆虫

タダより高いものは、、


ようやくパソコンが修理から帰ってきましたさ
ハードディスクがおかしいまま使い続ける事、数カ月。。。

「さすがにそろそろ修理に出すかぁ~」と出しました

「修理には1カ月ほどかかりますぅ」と言われ 「フム、まぁそんなもんだよね」
と思っていましたが、ガチで1カ月かかりました

自分でやれば5分で入れ替え終了なんですが
まだパソコン延長保証の期間内だったんですよね  

タダで治る~♪ んですからかかる時間は仕方ないですよね


それにしても今回のパソコン、壊れないなぁ(^^)
ハードディスクもよくもここまで持ったもんだわ!
それ以上にハードディスクが5年延長保証に含まれるってスゴイっ


b0130243_16264663.jpg


修理に出す前に撮ったバッタ、、 今でも庭でピョンピョンしてますが、ずいぶん大きくなりました
1カ月あるとかなり育つのね(笑)




by usachan_500 | 2014-06-20 16:28 | マクロ 昆虫

○○ながおじさん


と、、くれば ”足” でございます

首ながオジサン  ちょっとアフリッカっぽいイメージですし
手ながオジサン  妖怪っぽいイメージ (手長足長って妖怪がいましたね)

胴なが というとあんまりスタイルが良くないイメージです

人の身体の部位でいろんな ”長い”がありますが
一番良い「長~い」は ”息”   息の長い 頑張りを期待して止みません!



あれ? 上手くまとまっちゃったよ
このまま記事が終わりそうだ   でも結婚式の挨拶に使えそうだな?
とか言ってる場合じゃなかった (*_*)


b0130243_20531480.jpg



ハラナガツチバチ

胴が長~い ハチさんです
実は結構大型のハチでして、3cm近い大きさの個体もいます

写真では分かりづらくて<(_ _)>なのですが、あからさまに ”胴長” デス
雰囲気としてはミツバチとアシナガバチをミックスして、ギューンと胴を伸ばした様なスタイル
(実物はあんまり機敏な雰囲気を受けません)


立派な巣を持っているイメージですが寄生バチです
寄生バチって、ちっこいイメージがありましたが、こんな大型の種もいたんですね!
成虫になると花に集まります (今回の花は ツワブキ でした)




by usachan_500 | 2013-12-26 21:03 | マクロ 昆虫

長生きそれぞれ  



先日見つけました  「え”?! カゲロウ~~(@_@;)?」

b0130243_1942464.jpg




諸行無常の、、ではございませんが、色々な生物が生きているこの地球
やがて訪れる ”寿命” というものもそれぞれの種で相当に違ってきます


「カゲロウって1日で死んじゃうアレでしょ?」
このお話しは以前した事がありますが、それは ザ・カゲロウ のお話し
この写真の様な クサカゲロウ系 実はそこそこ長生き
成虫で越冬さえしちゃう事もあるようです(@_@;)  



。。。 寿命のおはなし 。。。

鶴は千年 亀は万年 といいますが、鶴に限っては 完全に買いかぶり です(笑)

野生状態の鶴は30年ほどしか生きられません

亀、、 こちらは結構長生き
良く見るペットの亀でも数十年 ゾウガメなんかに至っては100年以上生きるものもいますネ


そうそう、皆様が だ~~い好き? なウニ
ウニ丼にされたり、ビン詰めにされたり、挙句せんべいに混ぜられちゃったり、、 
「あぁ、海にゴチャゴチャいる下等生物っぽいアレね~」 と思われがちなウニウニウニ

実はアレ 種類にもよりますが 200年! 生きるのがいるそうです
海の生き字引です  あと200年生きられるところ、人間サマに採って喰われちゃうのです
(しっかし、200年海底でモジモジ生きるのってどうなんダロ? と人間目線で考えてみる)


ふわんふわんと用もなく海中に浮かぶクラゲ その中でもベニクラゲというのがいるのですが
こちらはもっとスゴイ!  とあるシステムにより 不老不死 です!
いや正確には老いますが、寿命が近づくと 一発逆転の若返り を行います

こちらも寿司ネタな ”ミル貝” べろーんとだらしなく(人間からそう見えるだけですが)
100年ほど生きます 


いやはや、分からないモノですね~

樹木の長生きは有名ですね!
屋久島の杉は2000年ほど生きているみたいです

ノルウェー・スプルースという木に至っては、9550年も生きているのが発見されたそうです
もう、、  余りに長すぎて分かりませぬ(苦笑)



寿命とは関係ないのですが 地中にいるモグラ。。。
あちらは上手くエサ(ミミズとかね) が捕れないと数時間で餓死してしまうそうです 

樹の上で、ゆっくりまったり ナマケモノ
余りに遅い動きが祟り 「あぁお腹減ったなぁ」と思った時にはもう遅い
エサの葉っぱまで辿りつけず、あえなく餓死してしまうものもいるとか、、
(1日に食べる葉っぱの量が 8g ってのもすごい小食っぷりではありますが)


まだまだ世の中の生き物には不思議と発見がいっぱい!
そんな雑学コーナーでした





by usachan_500 | 2013-12-18 20:36 | マクロ 昆虫 | Comments(16)

有機デザイン戦闘機



ガミラス星の戦闘機や戦艦って、こんな感じのデザインが多かったような~

b0130243_1611921.jpg


よくアニメに出てくる 異星人の飛行機 もこんなデザインのがいますよね
得体の知れない攻撃してくるヤツ(笑)



アミガサハゴロモ
本州~九州に分布   成虫後に、黄緑褐色→黒色 と体色が変化してゆく
翅のフチに”白い斑点”があるのが特徴ですね
全幅10~15mm程度

蛾ではありません、ややセミに近い仲間です(^^)





by usachan_500 | 2013-10-24 16:11 | マクロ 昆虫

そっか お尻の針があったわ!




昆虫、、 いや生き物にとって最大の目的って、、、

子孫を残し、さらに繁栄させる

これに尽きますね!


昆虫はキホン卵を産まなければいけません
産み方も千差万別

中には 「ナンデそんな産み方をするっ?!」 っていう種類もいますよね
以前ご紹介した シギゾウムシ は硬い木の実に深い穴を開けるために
長~い鼻を持ってましたね


今回はその逆? 長~いお尻の産卵管です

b0130243_19514339.jpg


ウマノオバチの仲間でしょうか。。。
別に趣味でこんな姿をしているワケではございません (^^)
この種のハチは ”エサ”となる虫の幼虫に卵を産みつけてしまう習性を持っています

相手の幼虫も 「ここなら安全♪」 とばかりに、木に深い穴を開けて潜っているのですね~
確かにこれでは手を出せる敵はほとんどいません


でもここで自然の神秘~!!



穴に潜った相手に卵を産みつけられる種が出現するのです
ま、こんな感じです

b0130243_19565569.jpg



b0130243_19571133.jpg



で、この長い産卵管の先っぽから ”卵”を産みつけてしまうのですね~(怖)
ハチなので、ゾウムシ様な 口のストロー は持っていませんので
ここはヒトツ、お尻の産卵管を長くする進化を遂げました


複雑に絡み合った生き物たちの攻防、これもまた自然の魅力の1つかも知れません!





by usachan_500 | 2013-10-06 20:07 | マクロ 昆虫

たぶん乗り切った!


想い起こせば~~

7月初旬に北海道から帰ってから今日まで、たった3日の休みしかありませんでした、、、
今日でひと段落ついたかな?!   うん、ついて欲しい!

b0130243_18485795.jpg



いつも訪問、コメント下さる皆様のところへ行くのも滞りがちで
大変失礼をいたしております <(_ _)>


通常ですとこの後、南の島にでもひとっ飛び~!
な感じですが、気力がもうありません
数日休んだらぼちぼちブログ関係も再開しようカナ?

と思っておりマウス




by usachan_500 | 2013-09-23 18:53 | マクロ 昆虫

smile . smile . smile ♪



b0130243_19324071.jpg



アカスジキンカメムシの幼生ですネ!
庭の葉っぱ上で見つけました 明日あたり脱皮して成虫になるかな~
タイミング良く観察できればいいけど、、、

成虫は 歩く宝石(@_@;) とも呼ばれるほどに美しい昆虫です



カメムシが群れているのはナンデ~??

実は個体同士で通信が出来るのです
フェロモンを使い 「みんな、こっちにおいで~」 とか 「敵だっ 逃げろ~!!」
とかを伝達する事が出来るのです

そう、あの ”かほり” に強弱をつけて使用するのです


ある種のカメムシはその警報を受けると、ちょっと離れた場所にいる個体も
バタバタと落下します (落下が一番手っとり早い逃走ですもんね)
そしてまた集まってきます


集団のカメムシをからかうと面白いので、是非実験してみて下さい



え? 冗談じゃないって?!





by usachan_500 | 2013-09-08 19:50 | マクロ 昆虫


千葉県在住! 近所の写真と生き物と旅行の記録です コメント、リンクも大歓迎なのです!             過去の記事へのコメントに気が付かない事がありますので、その際は叱って下さい。。


by usachan_500

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31