カテゴリ:マクロ 植物( 135 )

しっかり、きっちり、ヒガンバナ

秋の彼岸まであと2日
だれに言われる訳でもなく、まちがいなくこの頃に咲き始めるヒガンバナ、、
毎年思うのですが、恐ろしい程の正確さですね。

爆発寸前の花火も捨てがたい魅力

b0130243_1438759.jpg


白い花も最近は見る様になりました
あえてアンダー気味で、、
b0130243_14392628.jpg


美しいものには毒がある、、
ヒガンバナも全草有毒です。

ヒガンバナ
古く、大陸から持ち込まれたと思われる。 日本のヒガンバナは全て同一の遺伝子を持つ。
つまり日本での源流は”たった一つ持ち込まれた株”から広がったと言う事であろう。
田畑のあぜ道で良く目にするのは、農家が”モグラよけ”の目的で人為的に植えたものと思われる。 (球根にもアルカロイド系毒リコリンを持つ為、モグラが田畑に来ない効果を期待している)

飢饉の際、毒を水で洗い流し食用として使ったが、実際は無毒化に失敗して死者を多く出した事はあまり語られていない。
by usachan_500 | 2008-09-21 14:46 | マクロ 植物 | Comments(0)

ヒトヨヒトヨニ、、、ヒトヨタケ

うちには毎年たくさんのヒトヨタケを発生する切り株がある。
年に一度ではない、何度も何度も大量に発生するのだ!
b0130243_22164269.jpg

前回発生した残骸(黒いもじゃもじゃ)の上に更に鈴なりですね!
これがマツタケだったらと思うと残念で夜も眠れません、、、

ヒトヨタケ
切り株、埋没木材等に発生。
キノコ状になったあとは自己消化作用により、迅速に溶解し、文字通り一晩で黒い液体になる。
幼菌は非常に美味との説があるが、お酒と一緒に飲むと激しい2日酔い状症状を起こす。(美味で知られるホテイシメジがこの症状を出す事で有名)

少なくとも1週間はとても飲酒出来ない身体になるので、アルコール依存症の治療研究に期待されている。
by usachan_500 | 2008-09-18 22:38 | マクロ 植物 | Comments(0)

ナンバンギセルの喫煙所

ミョウガの根元に不可思議な花、、、

ナンバンギセルの開花シーズンです!
今回発見したのはずいぶん群生した喫煙所ですね。
b0130243_17323984.jpg


はて、不思議な名前ですがこれは喫煙具のキセルからきておりまして、ただ乗りしちゃうぞのキセルではありません。
ナンバンは南蛮、、、まぁスペイン辺りの事ですね。
スペイン船員がくわえていたマドロスパイプに似てると言う寸法です。
b0130243_17325636.jpg


この植物、ひっそりと他の植物の根元に咲いている訳ですが、何もおしとやかで目立ちたくないからじゃありません。

寄生植物なんですね~

植物ってば葉緑素を持って、光合成をして、、と言うのが教科書での答え。
実はナンバンギセルに葉緑素がありません。
よって葉っぱも無ければ緑色でもありません。
植物なら是非押さえておきたい”光合成”が出来ません、、と言うか、しません。

じゃあどうやって栄養を??

他の植物の根っこから吸い取ってます。
たまったものじゃありません。

だからどうしても他の植物に寄り添って生きているのです。

キセルの意味はやはり”ただ乗り”なのではないでしょうか?!

ナンバンギセル
ハマウツボ科の1年草 ススキ、サトウキビ、ミョウガ等の根に寄生して育つ。
高さ5~10cm程
種子が余りに小さい事で有名である(ほぼパウダー状)
別名”想い草”
by usachan_500 | 2008-09-15 17:27 | マクロ 植物 | Comments(0)

梅雨なのです

ちょっとのやみ間に写真を撮ってみよう。
蓮根埋めて始めた庭のミニ蓮も育ってきっました。 
b0130243_9535286.jpg

超撥水! レインXです。
車のガラスにも、この微細な毛が生えてればいいのに~(前が見えないか)

んで水滴写真のお約束、クモの糸。
b0130243_9562691.jpg

クモはどうやって離れた枝と枝の間に糸を張れるかって?

最初の1本は風に流すんですね~ それも風に乗りやすい極細タイプを。
んで、離れた枝にそれが”ぺチャ!”と付くワケです。
その1本を足がかりにトラップを作り始めるんですなぁ~
by usachan_500 | 2008-06-28 09:56 | マクロ 植物 | Comments(0)

ネジネジの花

ネジバナ、、、

よく芝生なんかからポツンと生えてる10~20センチ位の花です。
今日草刈をしてる時に群落を発見。

そこらじゅうに生えてて、珍しくも何ともないけど、実はこれ、野生の蘭なんですねー。
b0130243_21174466.jpg

良く良く見ると、ローリングしてる花の1つ1つはまさしく蘭のソレです!
b0130243_2136316.jpg


何度刈られても、除草剤かけられても、次の年にはひょっこり姿を現すコイツ、、、

もしこれが1メートル位あって、花弁が数センチもあったら、さぞかし高値を付けてるんだろうな~と思いつつ、草刈をサボりシャッターを切る。


そんな事を思われてるとは知らず、ネジバナはそよそよ揺れる。


ネジバナ
ラン科の植物。
日当たりを好む。 自然界ではかなり強い植物だが、栽培は非常に困難なので園芸種はほとんど見ない。
根に菌を持ち(キノコ菌に近いものであり、他の植物片を分解して養分に変える事が出来る)菌を利用して養分を採る。
昆虫による受粉と自家受粉を併用する事が知られている。
by usachan_500 | 2008-06-27 21:19 | マクロ 植物 | Comments(0)


千葉県在住! 近所の写真と生き物と旅行の記録です コメント、リンクも大歓迎なのです!             過去の記事へのコメントに気が付かない事がありますので、その際は叱って下さい。。


by usachan_500

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31