ぼんぼんトントン 写真

<   2010年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

つまりどんな訳?



b0130243_23455791.jpg

と言う訳で、1週間ほど更新をお休みしま~す!

再開まで皆様、このブログを忘れないで下さいね(哀願)
by usachan_500 | 2010-07-24 23:50

よるのおはなし


思えばその晩は、はなからおかしな夜だった
酷く暑い、陰湿な重苦しい空気が小さな家を押しつぶしそうな、、 そんな夜だった

あれは午前2時半をちょっと回った頃だったかな

どうにも寝付かれんかったんよ
その日に限って、何度寝返りを打っても寝付かれんかったんよ


額の汗を不機嫌にぬぐいながら、たまらず外の空気を吸いに出る


。。。 静寂 。。。

いつもの森は息をひそめて、その動きを止めている
息を吸いかけたその時、だれもいないはずの背後の森から明らかに視線を感じる

息がとまった
冷たい、それは冷たい、体温と言うものを感じない視線

ざわ、、ざわわ、、


「だれ?」 

「だれかいるの?」


壊れたからくり人形のような、ぎこちない動きでゆっくりと背後を振り返る




b0130243_10213596.jpg


「うわぁ!!!」




「ケロッ。。。?」
by usachan_500 | 2010-07-23 19:23 | マクロ 未分類 | Comments(26)

おっきなお花だね!


梅雨明けなのです!

「早く梅雨、明けないかなぁ、、」と言っていた自分を撤回してもイイですか?
夏ってこんなに暑かったでしたっけ?!

梅雨明けを待っていたのは人間だけじゃ無い様で、、
こちらさん達は元気一杯!

b0130243_2324120.jpg


ゴーヤの花を見るケロさん、、、

「おっきいお花だなぁ~」

あぁ、それはねぇ、、 きみがちっちゃいんだよ~


「ケロン。。。」
by usachan_500 | 2010-07-20 23:29 | マクロ 未分類 | Comments(32)

変わらぬ風景 いつのもあぜ道



おんぼろ125ccのオフロードバイクであぜ道をトコトコ。。。

b0130243_23495183.jpg


陽が暮れる
さて、そろそろ帰ろうか



DR125 
スズキが1980年代前半に発売 (中古で我が家に来ました)
不人気の代表みたいなオートバイです 性能が劣る訳じゃ無いんですが
世間的にはスタイルがちょっと駄目とされるみたいです、、、
そんなところが、またいいよネ!!


最近コメント不可ばかりで申し訳ないです
早く暇にならないかなぁ~♪

by usachan_500 | 2010-07-19 00:10 | 近所の写真

もりのみみずく

ミミズク 聞き耳 森の声
あっちでヒソヒソ こっちでわいわい

ミミズク 聞き耳 風の音
あっちでソヨソヨ こっちでごうごう

ミミズク聞き耳 虫の歌
あっちでリンリン こっちでころころ

b0130243_23364374.jpg


ミミズク今日も耳澄ます、、、

※お返事遅れております!! ごめんなさい~

写真間違えてないかって? クリック!
by usachan_500 | 2010-07-13 23:57 | マクロ 昆虫 | Comments(30)

Night bunny



”欽ちゃんの仮装大賞” に出演したりはしていません

b0130243_19332035.jpg


夜の白ウサギ♪



最近、訪問がなかなか出来ないぴょ~ん (ふざけてるのか?!)
夜間撮影が増えました、、 つまり日中撮れていないと言う事です~
by usachan_500 | 2010-07-12 19:40 | マクロ 昆虫

キメラについての考察


古代から 「こんな生き物いたら、カッコいいし、怖い!」
と、多くの種類が考えられてきました

ライオン+鷲= グリフォン (ヨーロッパの紋章に使われがち)
ライオン+人間= スフィンクス (エジプトで暇そうに座ってる)
ライオン+コウモリ+サソリ+老人= マンティコア (レシピが多いなぁ)
トラ+ヘビ+サル= 鵺 (日本の山奥でヒーヒー鳴いてる)
イカ+レスラー= いかレスラー (映画、コケちゃった)

どれも群を抜く攻撃力や、強大な飛翔力を持った動物を合わせて、隙の無い生物として描かれています

この中でも ウナギ+犬= ウナギイヌ  は隙だらけの特異な存在です
尻尾がウナギと言うメリットが生物学的に感じられません
ウナギの身体に、犬の尻尾、ならばちょっとは愛せそうなのですが、、

あ、ついつい脱線しました



実世界でも 「この生き物、植物って これ+これ÷2 って感じじゃね?」
と言う例えは多いです


前置きが長くなりましたが 本日のゲストをご紹介致します
b0130243_1695850.jpg


ヘビ+トンボ= ヘビトンボ さんです

「トンボって、もともとヘビっぽいじゃん?」
と言う声は置いておいて、、、


ヘビトンボ
ヘビトンボ科 カゲロウ近い仲間であるが、体長4~5cm、幅10cm程度 と巨大である
飛ぶのはあまり上手くない
非常に強い牙を持ち、触ると噛みつく(近づくだけで首をもたげ、牙を広げる個体も)

成虫は樹液に集まるものの、ムカデ状をした水生幼虫は激しい肉食傾向を持ち、食欲も旺盛
(幼虫=孫太郎虫と言われて分かるのは東洋医学の方か、渓流釣りの方かな?)
やっぱり触ると噛みつく

成虫前にサナギとなる
まさかサナギの状態なら噛まんダロ~♪ 
やっぱり噛みつく

と、まぁ ”噛みつき魔”ではありますが、毒は持ちません
(さなぎに噛まれると妙な精神的ショックはありますが、、)

気性の激しい昆虫だが、子供への愛は強く
産卵後、自分の身体を自分の酵素で溶かし、液になり卵にかぶさりガードする、、、
と言う捨て身かつ、ちょっとグロい子育てをするとされている (やっぱり気性が激しいや)

どこでも生きて行けそうなタイプだが、実は清廉な水域でしか生息出来ない
by usachan_500 | 2010-07-09 16:58 | マクロ 昆虫 | Comments(26)

夜曲

b0130243_0142994.jpg

漆黒の闇にも光り輝く命がある

派手じゃないけれど・・・
だれも見てはくれないけれど・・・

夜曲を贈ります
by usachan_500 | 2010-07-08 00:17 | マクロ 昆虫

のんびり まったり

先日出張に行ったのですが、ついでに休みを頂き、そのまま温泉に寄ってきました♪

行き先はお気に入りのココ 積善館

1回行ってから、すっかり気に入ってしまいました~!

b0130243_2256851.jpg

日本最古の湯宿建築ってのがイイね

窓から見えるしっとりした景色も好き!
b0130243_22585429.jpg


鬼瓦? が自然盆栽状態に~(笑) これも時間の流れ、、、
b0130243_2303818.jpg



温泉街には ”飲泉所”があちこちに
四万温泉は飲むと 胃腸に良いと言うハナシ(飲まねば!)
b0130243_2323029.jpg

「ケロ、、、前が見えない、、 これどけてケロ~」



さて、温泉街と言えば~
ジャカジャカジャカ~ (歌番組のランキングみたいなのが回っている音)


ジャン!
b0130243_2344778.jpg

「スマートボール♪」

やった事無い、、って方も今は多いのカナ?
b0130243_2353798.jpg

機械の供給と、メーカーメンテナンスはとっくに停止しており
お店のおばちゃん(威勢が良くてカッコいい) の話では 20年程前に新しい機械を買おうかと思ったら、もうその時点で手に入らなかったとの事でした

で、おばちゃん、自ら修理、メンテをしております!

そんなこんなで、のんびりまったり温泉街を楽しんできました
by usachan_500 | 2010-07-05 23:12 | 旅行 | Comments(27)

ボルネオのまとめ (昆虫編)



「はい、行ってみよ~!」
b0130243_161580.jpg



さて、長らく引っ張り続けた ”ボルネオ生き物シリーズ”
「大物が登場しないぞ?」
と勘付かれた方も多いかと思いますが、、、


結論から言うと、昆虫の数は 期待値を100点とすると、20点程だったと思います
つまり~  昆虫が少ないのです!
見たい昆虫リストをスクラップして作って行ったのですが、○を付けられたのはほんのわずかでした

ジャングルに入ると、虫で溢れ返っており、そこらじゅうに珍しい生き物が ”ゴロゴロ大フィーバー”状態だと思っていました

ジャングルの実態は、非常に静かで、生き物の影はそう多くありません
聞けば、熱帯低地ジャングルでの昆虫生息域は、はるか樹上との事です
昆虫写真家の ”海野和男”さんでさえ、ジャングルの昆虫の少なさに苦戦した様です、、

夜間、宿の灯りに集まる昆虫を期待して30~1時間おきに全て見て回っていたのですが
その数も決して多くはありません (寝不足だ)

専用の捕虫ライト設備を敷設すれば、また違ったかも知れませんが しがないバックパッカーにはちょっと難しい、、



「甘い匂いがするね」
b0130243_16143134.jpg



あとは季節的なもの、、、
私が行った時期は 乾季に当たりましたが、昆虫が多いのは雨季が終わった直後だと言います
雨季が終わると、一斉に花や実が成り、それを求めに多くの草食昆虫が集まり、さらにそれを狙って肉食昆虫が集まり、さらにそれを狙って鳥が集まる、、、 と言う寸法です


ジャングル内で昆虫を見つける事もありましたが、余りの暗さに撮影出来ず、数少ないチャンスを逃がしてしまった事も悔やまれます
次回の?ジャングル内撮影は ”夜間撮影システム”に切り替えます
それまでに高感度に強いカメラが出たら考えます♪  
いっそペンタ君をやめて、キャノンさんを買え!と言われればその通りだったりしますが~  もしくは絞らなくても被写界深度の深い、フォーサーズの増強も考えています (実はフォーサーズを少し持っていたりします)



さてさて、今回はボルネオ島のジャングルでしたが、次回はマレー半島あたりを攻めてみたいと思っています

昆虫の数では20点といったところですが、楽しさは120点でした♪
そんな結論で、ボルネオ撮影旅行を締めくくりたいと思います

長いオタク話にお付き合い頂き、ありがとうございました!


p.s
風景写真がまだあった様に思いますので、いずれUPする事があるかと思います
by usachan_500 | 2010-07-03 16:42 | 旅行 | Comments(23)