ぼんぼんトントン 写真

<   2012年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

やっぱり家政婦じゃないのが見てる   セマダラコガネ


b0130243_16551069.jpg





今日はちょっとイイ話。。。

b0130243_16574084.jpg


うちの ”旅行用ミニパソコン” 台湾メーカーのASUS製なんですが
(Cドライブ容量は8GB 苦笑)

先日、ASUS製パソコン部品の見えない部分に 

”God Bless Japan”
(日本に幸せあれ 神のご加護を って感じの意味ですネ)

と、小さく書かれている事が分かり、ニュースになりました
誰の目にも触れない場所だけに、余計に粋と温かさを感じます


そう言えば、震災の時に、国の規模を考えるとあり得ないほどの力をくれたのも台湾でした
ある意味、日本人以上に震災で心を痛めている台湾人の方も多いと聞きます


ASUSのパソコンを持っていて、ちょっと嬉しくなるニュースでした!


このミニパソはハードディスクを持っていません 
カメラのメディアやUSBメモリーの様な”フラッシュメモリ”をハードディスク代わりに使っています
なので、ショックや温度差に強~い!  なので旅行用なのです(^^)/


ちなみに一緒に写っている妙なカメラは コダック、渾身のコケ規格
”ディスクフィルムシステム” 専用のカメラです(笑)   

ハイ! フィルムはとっくに存在しません





by usachan_500 | 2012-06-30 17:14 | マクロ 昆虫

家政婦じゃないのが見てる  ビロードカミキリ



関係ありませんが、カミキリムシは ”銃器” の名を持つ昆虫です

b0130243_21472685.jpg


銃器と言っても AK-47 とか fa-mas とかの名前ではアリマセン
カミキリムシの幼虫は テッポウムシ と呼ばれているんですよ~
幼虫が木の幹にポッカリ空けた穴が 「鉄砲で木の幹を撃ったみたいだ!」
と言う事から命名されたそうです


鉄砲エビ 鉄砲ユリ テッポウウオ 。。。

周りを見渡せば、色々と鉄砲の名をもつ生き物がいますね
てっちり、、、 と言う料理もありますが、あれは  ”テッポウウオ料理” ではありません
食べると鉄砲みたいに当たって死んじゃうカモよ?!   フグ料理の事ですね(^^)/


ふと思った
テッポウムシって、やっぱり種子島に鉄砲が伝来して以降に付いた名前なんだろうな~  、、と




ビロードカミキリ(ビロウドカミキリ)
北海道~九州に生息  20mm以下程度、やや小型のカミキリ
名前の通り、ビロードに似た光沢を持つ

近似種の ニセビロードカミキリ とは触角の長さ、背中の模様の明瞭度で判別する
by usachan_500 | 2012-06-28 22:06 | マクロ 昆虫

泥休み♪  

b0130243_1633279.jpg


ちょっと暇ができたので 
千葉の林道 志駒線 に行ってきました!
家から1時間程で到着デス

で? どうだった??  クリック!
by usachan_500 | 2012-06-26 17:06 | 近所の写真 | Comments(28)

上 下 右 左 前 後   ボタン! 。。。。



いや、、、 別に

”波動拳” とか ”昇竜拳” を繰り出そうとしているワケではございません


b0130243_18163373.jpg


昆虫写真が続きましたので、今回は船の中でたっぷり迷って下さいませ♪



え?  持ちキャラですか?!

エドモンド本田 ですが何か?
by usachan_500 | 2012-06-24 18:23

てっとり早い武器  フキバッタ



自然の摂理というのは実に残酷だ
気を抜いた瞬間=死 、、と言う事も珍しくない

でも誰だって喰われたくはない
種の保存、拡大を最大の目的にしたDNAが抗うのだ!!


武器を手に入れた種 (クワガタ サハミムシ ハチ)
装甲に身を固めた種 (甲虫全般ですね)
毒を持つに至った種 (攻撃毒と防御毒がありますネ)
増える事で補う種  (アブラムシとか~)


そんな中でも、昆虫、動物を問わず、採用例が多いのが


b0130243_21321641.jpg


跳ねるっ!!


身体の機構をゼロから作り直す事も無く
獲得の代わりに失う機能も少なく
案外取りいれやすく、効果的な手段だったんだろうな~~


ちょっと考えてみれば マァ、いるはいるは!  ジャンプする生き物が!!


※ Hey! Say! JUMP とか EE JUMP や 少年ジャンプ は、この種族に入りません ※
by usachan_500 | 2012-06-21 21:41 | マクロ 昆虫 | Comments(24)

すんません!



レス、訪問ともに滞り状態ですっ!!

b0130243_8403730.jpg


明日には動き出しマス(^^)




アオオビハエトリ (だと思います)
体長5mm以下程度 アリを専食する 
アリは攻撃力も高く、反撃してくる可能性も高いので、最初の一撃は ”ヒット&ウェイ”!で素早く毒牙で噛み 動けなくなったところで捕食する

非常に小型のハエトリグモだが、自分よりはるかに大型のアリも捕食する
高く持ち上げる2本の前足がポイント \(●●)/ ←こんな 
バンザイしながら踊っている光景も良く目にする (マジです)
by usachan_500 | 2012-06-19 09:03 | その他生き物

目のおはなし  ツマグロキンバエ (梅雨の超長文です)

「ちょっと目つきがアブナイけれど、とってもいい人なのよ♪」

b0130243_19355085.jpg



目は口ほどに物を言うって。。。

あれ? 口も妙じゃないか?!
ちょっと長いよね?!


め、目、眼、、、

ご存じ昆虫の眼は ”複眼”だ (人間は単眼 ね!)
小さな目がた~くさん集まって構成されている

同じ地球上の生きものなのに、どうして眼の種類が違うんだろう?
それぞれ特徴があるはずだよね?!



「ん、呼んだ? 何? 教えてほしいって?」

b0130243_19463917.jpg


「ハイ! まずは視野の広さが特徴ですね」

全周に配置されている小さな眼のお陰で、視野はとてつもなく広いです
そして何と言っても 蝶、、 もとい ”超”薄型なんですね
そして人間の様な ピントの調節機構 は無く、パンフォーカスレンズです
ピント調節が無いので、人間で言う ”老眼”にはなりません


「それならすんごい良く見えるだろうって?」
実は解像度は極めて低く 更にド近眼と言っていいレベルです
b0130243_19521358.jpg

かなりテキトーですが、美しいアジサイもこんな程度にしか見えません

なんだよ、、 じゃあ人間みたいな目のほうが良かったじゃん??


ところが人間より優れている部分も多いのです

コンパクトさ、、 言いましたネ!
そして相手の小さな動きを感知する能力が極めて高いのです
ほんの小さな動きでも、全周に持った 数千~数万の眼 がそれを感じとるワケですから、、、
余談ですが、昆虫の眼は ”横切る動き” 特に ”上から迫る動き” に対して敏感です
理由は。。。  「喰われたかねぇ」 です

そして 時間分解能力もケタ違いです
1秒間に数百回の 光の瞬き を感じとる事ができるのです
(ちなみに人間は数十回程度 (*_*))
人間が感じない蛍光灯のフリッカーも、昆虫にはしっかり見えているのですね!


ふぅふぅ、、疲れてきたので講師を代わります

b0130243_2052789.jpg

「それでは以降は私が、、、」

昆虫の画像処理システムはそんなに優れていません
仮に高度なシステムの眼を持ったとしても、それを処理する脳が無いのです(*_*)
限られた大きさの身体ですから、眼や脳ばっかり大きくするわけにはいきません

昆虫の生態に合わせた、コンパクトで低コスト? のシステムが複眼なのです!
パソコンで言えば、要求するマシンパワーも低くて済むのですね

視野を確保しつつ、複眼を単眼に置き換えたらって?

眼が良いトンボに例えるなら、恐らく1メートル~ の大きさの頭を持ったトンボが出来あがる事でしょう
もう飛べませんね、、、


そうそう、ピント調節機構が無い とは言いましたが
「明るさの調節は? 虹彩、、ほら、動物は目の中が広がったり、閉じたりするでしょ?!」
って?

昆虫の複眼に 虹彩 はありません
でも明るさの調整は出来ます!!

ヒントは 夜のカマキリ です

昼間に見るカマキリの眼は 緑色っぽいですよね!
夜間のカマキリの眼は まっ黒け~。。。

昆虫は眼に入る光の量を 色素(色素顆粒)を使って調整しています
小さな眼、1つ1つの中で、色素顆粒が光量に応じて移動するのです

どうです?
精密な虹彩絞りを持たなくても、立派に光量を調整しています

以上お書き致しました 昆虫の複眼の驚異?!
もちろん 種によって色々と違いはありますが、なかなか面白いですよね(^^)


そうそう、最後になりますが
カニやエビも複眼だったりするんですよ~

でもクモは単眼。。。

う~ん 奥が深いですネ!!



超長文になってしまいました
オツカレ様でした
by usachan_500 | 2012-06-16 21:46 | マクロ 昆虫 | Comments(26)

ご、、 ごめん!

着替えてるって知らなかったんだ!

b0130243_1718795.jpg




ビーチパラソル低くして隠れろ






by usachan_500 | 2012-06-15 17:22 | マクロ 昆虫

泣きそうバズル  ウォルブローの午後



倒木処理をしようと、2台あるうちの ”予備のチェンソー” を引っ張りだした
(予備のチェンソーは小型なので、取りまわしがいいのだ!)


む~ん。。  動かねぇでやんの。。。(+o+)

そろそろ色んな部品を交換しなきゃだわ
特に ”キャブレター”と呼ばれる、燃料をエンジンに送り込む装置をお手入れだな!
そんなこんなで キャブレター消耗部品セット を購入したのだ



届いた部品袋を開ける~~



うげっ!

b0130243_1938871.jpg


何だぁ~ この部品の多さは?!
せいぜい3~4個の部品を交換するだけだと思ってたんだけど、、

バイクより大変じゃん。。。 (ニードルバルブも2個あるしぃ)
部品がやたら小さくて薄いし(*_*) (写真の10円玉参照)


やりたくねぇなぁ~~
でも、部品買っちゃったしなぁ~~



ちなみに ウォルブロー とは、燃料をエンジンに送る ”キャブレター” を作っているアメリカの会社です

※ 後日談。。。  ニードルバルブは1個しか使いませんでした
  別モデルキャブレターのパーツがまとめて入っておりました(だからやたらにパーツ数が多いのか)  なんちゅうアバウトな。。。
  オーバーホールは案外サクサクっと出来ましたよ♪
by usachan_500 | 2012-06-13 19:50

重装甲突撃砲   ミヤマクワガタ



「連隊長殿ッ 敵の新型戦車です!!」

b0130243_22291567.jpg



「違うっ あれは突撃砲だぞ!  情報ではまだ前線に投入されないとの予想だったが。。。」


「戦車砲が命中するも全弾弾かれるでありますッ  以前のミクラミヤマ型とは明らかに違いますッッ!」



「いいか! 側面に回り込んで狙うんだ」
b0130243_22344753.jpg


「あぁ、、 でも怒ってこっち向くであります!」




昨日、ミヤマクワガタが灯りにやってきました (、、ってか飛んできて突撃体当たりされました)
時期的に「もうちょっと後かな、、」
と思っていましたが、もういるんですネ
かなり大型の個体でした   金色の毛が目立つので、つい最近羽化したフレッシュ個体ですね!

同じミヤマクワガタの名を持つ ミクラミヤマクワガタ とは迫力が違います(*_*)
時期的なものもあるのでしょうが、何だか最近 ミヤマクワガタが増えて ノコギリクワガタが減っているような??


※ 頂きましたコメントは、明日お返事させて頂きますネ!
by usachan_500 | 2012-06-11 22:52 | マクロ 昆虫