ぼんぼんトントン 写真

<   2012年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

今度はどうだ?!  アケビコノハ



前回は ”術”を破られてしまったが。。。


「まだだ! まだ終わらんよ!!」
(どこかで聞いたセリフだな、、、)

b0130243_12165254.jpg


あ、前回は背景をミスったのね
今回は、、 うむむ、見事です(^^)

ワカラン方は クリック!!
by usachan_500 | 2012-09-29 12:22 | マクロ 昆虫

足先ちょっとさむい


暑さ寒さも。。。

と言いますが、夜はめっきり冷える日がでてきましたね

異常な残暑で、今年はお彼岸に会えないと思っていた彼女がやってきました



「やぁ、1年ぶりだね、、 そうやって時間に律儀なところもあの時のままだね、、」


b0130243_2029568.jpg


「あなたは少し変わったわ、、、 ううん、、悪い意味じゃないのよ」



「ゆっくりしていけるかい?」


「ごめんね お彼岸が終わるころには帰らなければいけないの、、」


「ほら、そうやって時間に律儀なところ、ちっとも変わらないや」
by usachan_500 | 2012-09-26 20:40 | マクロ 植物 | Comments(25)

アーカイブ  その弐

今日のワタシは休日です
でも激しい雨  やる事が完全に無くなったので、昔の話でもしようかな
(超長編ですので気が向いたらどうぞ)


b0130243_1753984.jpg




宵越しコーヒー特典

「。。。。」
北海道ツーリングの朝、友人の機嫌が悪い  何かあったのか?
しつこく訳を聞くと
「ゆうべ枕元に置いておいたジュースを飲んだら 虫らしきものが入っていて、口に入れてしまってさぁ
何だか言うに言えなくてさぁ、、」


「あはは、ばかだなぁ 飲みかけの缶には物を乗せておかなきゃだよ~」
私は昨夜飲み残した缶コーヒーの上に ”手袋” を置いておいたのだ
さて、、と 朝の缶コーヒーをグビッと!

「ざらり。。。」

何かが口の中に入ってきた 
「ん? 果肉入りだったか?? それ以前に果肉入りつぶつぶ缶コーヒーってあるかぁ?」

口から出してみた
「蛾、、、だと、、、!!」

雑に置いた手袋と缶の間から入り込んだものらしい   戦慄するくらいコロッとしてデカいし、、、

「。。。。。」
「。。。。。。」
北の大地に不機嫌が2人誕生した朝だった

ペットボトルなんてもんはなかった、大らかな時代だった (それって大らかなのか?)



薄氷を踏む思い

3月の北海道ツーリングだった

トドワラという奇勝地がある 湾の様な浅瀬に枯れた白木が林立している感じの場所だ
陸の上から眺めるべき場所なのだが、冬に見た浅瀬は凍結していた

「これ、氷の上歩いて、白木まで行けるんじゃね?」 
でもちゃんと強度を確かめてから渡るんだもんね」

乗ってみた かなり厚いぞ♪ イケるっ♪

氷上を数歩進んだの時だった

「どぷんッ!」    。。。割れた。。。(゜´Д`゜) 


腰まで水に浸かってしまった  慌てて陸に戻るも、そこは3月の北海道 
間もなく下半身がどうかなりそうになった
湿った下半身で(何かイヤな表現だな) 
オートバイを走らせ(これがまた寒い痛い)近くにあった 野付ユースホステルへと駆け込んだ

「緊急に泊めて下さい このままでは死んでしまうのだと思います」 
快諾して下さり、急いでお風呂も作ってくれたのだ

お風呂につかり、下半身が解凍されつつあるのを感じつつ
。。。ろくな場所じゃねぇ 2度とトドワラには行くまい。。。  と固く誓うぼんぼん

翌日、主人が 「名勝トドワラに連れていってあげるよ~」 と宿泊客に声をかけた
若い女性3人が 「行きます~♪」 と声をあげた


すかさず、ぼんぼん 

「行きますぅ~♪♪」




足元をすくわれる

砂浜に砂漠ラリー気分で入り込んだ時だった
予想以上に砂がブカブカ 今にもタイヤが埋まってしまいそうだった
困って波打ち際を走る事にしたのだ(波打ち際は固く締まっている事が多いのだ)
だが、波打ち際もブカブカでハンドルが効かず あれよあれよと海中に入ってしまった

気が付けばヒザ下ほどの水位の場所を走っていた  ヤバい!!

だがよりによって、そこでタイヤが埋まった  
さらによろけた拍子に、積んだ大荷物が傾いたからたまらない
いきなり片方に重みがかかる

「ぬぐ”あ”あ”あぁぁぁ!!」  片足で踏ん張って、何とか堪えるかどうかの瀬戸際!!

さぁ、ここから起こる事は、皆さま経験がございますね


打ち寄せては引く波が、あろうことか  ”何とか踏ん張っている足” の周りの砂を掘り始めた

「そんな? え”? あ”あ”あぁぁ~?!!」
遂に力尽きそうになる1歩手前の時、瞬時にオートバイから降り
鬼人のごとく海中でオートバイを押し始めたぼんぼん

あんな姿勢からどうやって降りたのか、あんなブカブカな場所でどうやってオートバイを押せたのか
今となっては全く不明だが ”火事場の馬鹿力” は実在する、、 と言う事は証明できたのである

塩まみれになった ”レザーパンツとブーツ” には、その後しばらく悩まされましたが。。。



出港  今、万感の思いを込めて見守る

ステキな浜辺に行った時の事だ
写真を取ろうとヘルメットを取り、それを 
岸に打ち上がり、柔らかそうに積もった昆布の山の上に置いた

撮影に夢中になった 偶然そこへ旅で知り合ったライダーが現れた
「いやぁ~懐かしい! あれからどこ行った? これからどこ行きます?」
なんて話は盛り上がり、、

そのライダーが去った後も再び写真を撮り始めた


「ん?」
ファインダー越しに ざぶざぶと波に洗われる昆布の山 が見えた
あわてて近づこうとするも、すでに、、、

私のヘルメットを乗せたまま ”日高特級こんぶ” は どんどん沖合へ ~(゜´Д`゜)

ヘルメット無しでは旅ができない
近郊のホームセンター(稚内のタイガーだったかな?)にヘルメットを買いに行った

置いてあるヘルメットのラインナップを見て困惑狼狽した

「八千草薫です らったった好きです♪」 とか
スーパーカブでメバル釣りのおっさんが「今日は坊主だわ~!」とか言いながら被っていそうなのとか


「う~ん どれもいらねぇ、、、」

と言う訳にもいかず、中でもマシそうなのを買い求め、その年の北海道を回る羽目になった


そう言えば、その時買ったヘルメット、どこ行ったんだろう??




おしまい
by usachan_500 | 2012-09-23 18:13 | ツーリング

旧車すきすき♪  珍車すきすき♪



先日ツーリングに行った朝霧高原

そこに もちやドライブイン という施設に併設された  ”もちや2輪車会館” 
というオートバイの博物館があります

何でも先代の社長がコツコツと集めたオートバイたちだそうな、、


博物館自体が何ともレトロな雰囲気でして「昔の施設だなぁ~」って感じですが
そこがまた◎だったりします

1人でのツーリングだったので心おきなく、マイペースでオートバイ鑑賞です(^^)


米 インディアン 
b0130243_19582435.jpg

ハーレーダビッドソンと似た構成を持つメーカーですが
ハーレーより古い米国最古のオートバイメーカーです (1959年に実質的に倒産)



英 アリエルのスクエア4
b0130243_202873.jpg

怪しい魅力バクハツなエンジン♪ エキパイの取り回しが芸術です
高い人気を誇ったメーカーでした(1967年にオートバイ製造事業を終了)



独 BMWの白バイ
b0130243_20111213.jpg

ちょっとフグみたい^m^ 1950年代後半のものだそうです
そのころの日本では、こんな高性能なオートバイはありませんでした



こういう(無駄に)美しく凝った造形は今のオートバイでは見られないかも知れません
b0130243_20155427.jpg

ホンダのCS92でしょうか、、 2本のアップマフラーが悩殺クラス
希少車ですね~  神社仏閣デザインの頃の125cc



スズキ GT750
b0130243_2038475.jpg

今でこそ当たり前の ”水冷エンジン”を採用した2サイクルエンジンのナナハン
ウォータークールド の文字が誇らしげ   
昔、よく車に貼ってあった 冷房車とか オートマチック のステッカーを思い出します 
1971年発売 



ヒラノ バルモビル
b0130243_20484626.jpg

こう見ると ”農業ポンプ” にしか見えませんが、実は折りたたみ式50ccバイク。。。(@_@;)
エンジンが入っている箱の中に自らを折りたたみます  が、折りたたんでも巨大な”鉄箱”です
小型バイクを得意とする平野製作所の先進機種でした (平野製作所は1961年に倒産)



ラビット♪
b0130243_2059927.jpg

うちの実家の車庫に同じものがあります(笑)
レガシーやインプレッサを作っている ”スバル=富士産業”が昔作っていました
ちなみにボディの外板は 鉄です!
(スバルは60年代末に2輪事業から撤退)



シルバーピジョン
b0130243_2141613.jpg

上記のラビットとライバル関係にあった ”三菱” のスクーター
このテールランプのデザインに釘付けです(^^)
これはもう近未来アートです 
(三菱は1960年代半ばには2輪事業から撤退)



さてさて、オートバイの全貌が分からない写真ばっかりですが、どうにも細部に目が行くタチみたいで、、
ご容赦下さいませ~



もちや2輪車会館 500円で見放題の撮り放題!
是非ツーリングのプランに組み込んでみてはいかがでしょうか


※ 記事をアップして力尽きました、、 コメント、訪問は明日させて頂きます スイマセン
by usachan_500 | 2012-09-22 21:18 | バイク

来なかったクリスマス


廃ラブホテルの倉庫にて

b0130243_2125590.jpg


部屋に飾られる予定だったんだろうな、、、


建物の外は 草 ではなく、なぜか 野の花 に覆われておりました
花に埋もれて終焉を迎える建物、、、

色々と考えてしまいました




※ 写真が撮れてませ~ん(*_*)   そんなワケで在庫からの ”ボツ写真” を1枚でした
by usachan_500 | 2012-09-20 21:33

30℃ → 18℃ → 35℃



仕事の隙を突いて1人で ”プチツーリング” に行ってました(^^)/


行き先は 朝霧高原!
うんうん、、 何とも爽快、はつらつな地名でしょうか
(え? 表現が健康雑誌みたいだって?)


朝霧高原は、富士山展望で有名な草原地帯にして避暑地♪

b0130243_1156641.jpg


まぁ、、なんだ、、
b0130243_1157660.jpg

一寸、北海道みたいな雰囲気もあり 
「今年は北海道にツーリングに行けなかったなぁ、、」 な下々が集う聖地
と言うワケです

あ、すいません 今テキトーな事書きました。。。




ではもうちょっと クリック!
by usachan_500 | 2012-09-15 13:28 | ツーリング | Comments(30)

初冠雪だったらしいケド。。。



ちょっと分かりませんでした~

b0130243_15434480.jpg




富士山方面にキャンプ行ってました

b0130243_15474273.jpg


詳細は次回♪
by usachan_500 | 2012-09-13 15:49 | ツーリング

知らない街を~



歩いて~ み~た~あい~ 

b0130243_18261182.jpg


遠くへ行きたい。。。

という名前の歌なのですが、以前から謎だったのは

「なぜに遠くや、知らない街を旅行する歌がこんなにもの哀しいノダ?!」
普通、こんな場合はワクドキ♪ なはずなのに~

お母さん (お母さんのお墓は雑司ヶ谷・・)
ひめゆりの塔 (いまわの絶叫を残し・・)

と並んでトラウマ気味な曲だったりします(苦笑)


旅行はイヤか?
家か? 家が好きな子か?
インドアか?!


もしや彼女と何かあったのか?
センチメタルジャーニーか?!


と、歌詞を見たら主人公にはまだ ”お相手”がいない様です
ん~  やっぱり謎な感じです



by usachan_500 | 2012-09-11 18:44

よるのとんぼ。。



元気に飛び回っているトンボ。。。


夜はどうしているのかなぁ~
と思ったら、飛ばないだけでみんな普通にとまっていました

b0130243_217379.jpg



寝ぼけて落ちたりしないのかしら?


トンボは爆睡する昆虫として有名です
いや、人間の爆睡とはちょっとシステムが違うのですが~


日中飛びまくり、捕食しまくりのトンボはきちんと身体を休める必要性が高いのです
夜間は完全に機能停止してしまいます(一部例外はある様ですが)

夜のトンボが幽体離脱状態になってしまうのも、日中の激務が影響しているんですネ~!
by usachan_500 | 2012-09-09 21:21 | マクロ 昆虫

カマ。。。  本来付いていないモノが付いてる




はい! ここでよからぬ想像したアナタ、、、

新宿2丁目の事じゃないですからね~~


そう、コイツには、本来付いていないモノが付いている
b0130243_17504085.jpg


カマバエの一種 ”ミナミカマバエ” です

ハエの仲間と言えば、腐った物や肉、、
あんまり褒められた感じじゃない物体にたかっているイメージですが、、

コイツ、前足が ”鎌”になっているのです!

鎌になっている、、、 って事は~
そう、強力なハンターです!!


顔も普通のハエとは違うギャング顔、、 と言うか、めっちゃ気の強そうなツリ目となっております 
b0130243_17563618.jpg



鎌を持つ昆虫と言えば、カマキリですが、それと非常に似た進化をとげたハエの仲間です
かなり獰猛で、見ている間にも様々な相手を捕えておりました

カマキリとハエ、、 全く違う昆虫(生物)が進化の果てに ”似た特徴” を持つに至る事を

収斂進化 しゅうれんしんか。。。

と言います
サメ と イルカ (魚類と哺乳類ですが、良く似た身体を持ってますネ)
コウモリ と 鳥 (こちらも哺乳類と鳥類) 
モグラ と オケラ(の前足 非常に似ています)
これらが収斂進化、、と言って良いと思います

iPhone と GALAXY
これは収斂進化ではなく ”擬態”の一種だと思われます
(いや、どっちがどっちの擬態なのかは不明ですが)

今回のカマバエ、ようやく生息個所を突きとめた ”記録写真” 的なものなので
次回以降はもっとステキに、分かりやすく撮ってみたいと思います!



ミナミカマバエ
ハエ目 ミギワバエ科

主に関東より南の湿地に生息 体長3~5mm程度
捕食性を持ち 前足は鎌状に変化している
by usachan_500 | 2012-09-07 18:25 | マクロ 昆虫 | Comments(22)