<   2017年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

割と謎な生物



せみ。。。


むぅん 最近忙しすぎる
家に帰れない日が続いたり、頸椎のヘルニアは悪化してるし
どうにもこうにも (*_*)

あ、、で、、、セミのハナシね♪



b0130243_21553651.jpg



これは ニイニイゼミ 

この時期(やや早い時期の夏) よく鳴いているセミ
高周波で 「ジィーーーーー」と鳴き続ける声ですね


さてさて、セミの話で良く耳にするのは

セミの声を美しい、季節の言葉と聞くのは日本人とポリネシア人だけ、、という話
これには諸説あると思いますが

セミの声を西洋人は右脳(音楽、音一般、騒音等を処理する脳)
日本人は左脳(言語、読解力を司る)で聞く
だから日本人は セミの声をノイズではなく言語として聞く というのは良く言われてますね

面白いのは 日本人だから左脳で聞くという訳ではない という事
日本人でも英語等が最初に覚える言語だった場合、セミの声を右脳で聞く様になるそうです
日本語が影響しているのか~

ノイズとして捉えてしまう事がある外国人相手の場合、セミの声は邪魔になる事があります

日本映画の夏のシーン セミの声が必ず入っていますが
外国で上演する場合、セミの声をカットする事があるらしいです

耳触り、、という事もありますが、セミが生息していない地域(割とあります)出身の方の場合
音声機器の故障 と思うらしいです ^m^


ファーブルの実験でセミは音が聞こえない?
という説が出ましたが、ちゃんと聴力はあります

ただ、セミは音が聞こえる範囲(可聴域)が狭いのです
仲間が出す声だけ聞こえればいいのですからね~
鳴く虫はほぼ全て 聴力 を持っていますよ (鳴かない虫は音を 振動 程度にしか認識しない)


そして最大の謎

幼虫の数年間、真っ暗な地中にいて何故視力を失わないのか?!

何の事はない、昆虫は 幼虫、さなぎ、成虫、等々
変化する時、過去をリセットする事が出来るんですね
特に さなぎ 形態は強烈 身体を一度溶解させて、組み直します(セミはさなぎ形態になりませんが)



長々書いてしまいました


最後になりますが、ずいぶん前、うちの祖父に 補聴器 をプレゼントした事があった

「さぁ、付けてみてみて!!」

「。。。 おぉ~ セミがたくさん鳴いてるのぉ~~」

一同、凍りついた
「え”、、、 今、冬なんですケド !(*_*)!」

補聴器の調整が悪く、ノイズが出てしまったのが原因と分かり、胸をなで下ろす一同
不穏な事言うなよ~ じいちゃん

冬と夏の認識ができなかった事は大目に見よう(笑)



おしまい











by usachan_500 | 2017-07-29 22:49 | マクロ 昆虫

最近減ってるんだってさ



バトケラ


b0130243_20345318.jpg

いわゆる シロスジカミキリ でございます(^O^)/
日本最大のカミキリ虫!

夏の森の常連客
夜の光にもよく集まり、子供さんに捕まっては 「ギィギィ」と抗議の音をたててるアイツです

そんな普通種だったカミキリですが、最近はだいぶ減っているそうですね



非常に大面積の複眼を持っており、さぞかし目がいいのかと思いきや~
昆虫の中でも視力が弱い種だったりします

なんだーーー
その大きな眼はなんだーーーー (;´Д`)





そうそう、うちの山(と言うか庭?)は天然記念物 ヒメハルゼミ が生息していたりするのですが
今がピーク状態


普段はマッタク鳴きません
いきなり全てのセミで大合唱を始め、数分でまた黙ります
1日10回ほど鳴きます


庭で動画を使って録音してみました♪
鳴き始め → 黙るまで です







何だか「プツッ プツッ」とノイズが入ってますが このノイズ、元の撮影ファイルには入ってないのです
youtubeにUPするとこのノイズが出るんです (T_T)
記録方式を書き換えしても効果ナシでした  なんでだろ?


あ、今日は今年初めてヒグラシの声を聞きました
いよいよ夏本番に突入です


by usachan_500 | 2017-07-07 20:58

cute!







b0130243_23115260.jpg


ミツバチかわいい
マルハナバチかわいい
クマバチかわいい


写真は ヒメヒオウギズイセン にやってきたクマバチか、ハナバチ
(たぶん、、 同定中 → トラマルハナバチという事にしました(^O^))




by usachan_500 | 2017-07-05 23:40 | マクロ 昆虫

ゼンナって知ってる?



ゼンナ。。。

この呼び名で分かる方は非常に、ひっじょ~に少ないのではないだろうか?


「あぁ、便秘に効くヤツね」 それはセンナだってば(*_*)


ゼンナってばコレ!!

b0130243_21435341.jpg
アサリ??


いえいえ、ハマグリの子供なんですね~
大きさは3cmくらい

5月~夏頃にかけて地元で出回るこの子ハマグリをを房総(九十九里近辺)では ゼンナ と呼ぶんです

ゼンナはこの時期、海沿いの町でちょこちょこ出回ります
(海が近い場所ではスーパーの店頭で見る事もあります)

見かけたら是非試してみて下さい!
ハンパない旨味成分がこれでもか と凝縮されてますよ~



これだけ小さいハマグリなら蜃気楼を見せたりする恐れはありませんので、ご安心してお食べ下さい
b0130243_21494705.jpg


貝にも色々種類があり、形も食性も住んでる場所も様々

巻貝、2枚貝、1枚貝、意外なところではタコやイカ、ウミウシも貝の仲間
巻貝は獰猛な肉食系も多く、他の貝や生物を襲って食べる種が多々います

2枚貝は水をおとなしく濾過しながら暮らす の~んびりな貝で肉食はいないと思われていますが、実は例外が。。。

スナメガイ

という2枚貝なんですが、コイツは
b0130243_21571388.jpg
                        テキトーな絵だな (^_-)-☆

捕食活動をします
小さな生き物を吸い込んで食べます!


まぁ、もともとが捕食に向かない構造なので(移動が苦手)
自分より大きな相手に近づき、矢で毒殺したり(アンボイナ)
丸めこんで酸とドリルで貝殻に穴を開けて中身をすすったり(ツメタガイ)

という派手な事は出来ませんが
肉食をする2枚貝 という非常に珍しい貝だったりします


そうそう、今の梅雨時 優雅に風流にアジサイの上にいるカタツムリ (絵になりますね~♪)
カタツムリの仲間にも捕食、肉食のヤツがいたります
やっぱりな。。。 って感じですね~ (@_@;)



最後になりますが、移動が得意ではないな2枚貝と言いましたが、ハマグリには妙な能力がありまして~
とある条件になると ネバネバの紐 を発射!
その紐で波や海流を受け、船の帆みたいにして遠距離を移動する事が出来るんですね

狙った場所に移動する、、という訳ではありませんが
一発で場所を変える事ができる離れ業、、ですね





by usachan_500 | 2017-07-02 22:25


千葉県在住! 近所の写真と生き物と旅行の記録です コメント、リンクも大歓迎なのです!             過去の記事へのコメントに気が付かない事がありますので、その際は叱って下さい。。


by usachan_500

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31