ミサゴ

近所の一宮海岸で悠然と飛んでました。

パソコン開いて画像見るまでトンビだと思ってました、、、
主食はサカナ。
良くサカナを掴んで飛んでるのを見かけますね。

細身できれいな猛禽です!
b0130243_21332423.jpg

# by usachan_500 | 2008-06-27 21:32 | | Comments(0)

ネジネジの花

ネジバナ、、、

よく芝生なんかからポツンと生えてる10~20センチ位の花です。
今日草刈をしてる時に群落を発見。

そこらじゅうに生えてて、珍しくも何ともないけど、実はこれ、野生の蘭なんですねー。
b0130243_21174466.jpg

良く良く見ると、ローリングしてる花の1つ1つはまさしく蘭のソレです!
b0130243_2136316.jpg


何度刈られても、除草剤かけられても、次の年にはひょっこり姿を現すコイツ、、、

もしこれが1メートル位あって、花弁が数センチもあったら、さぞかし高値を付けてるんだろうな~と思いつつ、草刈をサボりシャッターを切る。


そんな事を思われてるとは知らず、ネジバナはそよそよ揺れる。


ネジバナ
ラン科の植物。
日当たりを好む。 自然界ではかなり強い植物だが、栽培は非常に困難なので園芸種はほとんど見ない。
根に菌を持ち(キノコ菌に近いものであり、他の植物片を分解して養分に変える事が出来る)菌を利用して養分を採る。
昆虫による受粉と自家受粉を併用する事が知られている。
# by usachan_500 | 2008-06-27 21:19 | マクロ 植物 | Comments(0)

初夏の風物詩

ゲンジボタル

6月初旬、駐車場脇の小川(水路?)で発生です。
ホタルの乱舞を見ながら飲むビールがたまりませんッ!

ずっとヘイケボタルだと思ってましたが、捕まえて、よく見たらゲンジボタルでした。
見分け方は、赤い頭に黒い十文字模様がゲンジボタルです。
ヘイケはシンプルにまっすぐ黒ラインですね。
b0130243_20383862.jpg

# by usachan_500 | 2008-06-27 20:36 | マクロ 昆虫 | Comments(0)

ちびすけホッホ~

ちょっと前、自宅で見っけ。

巣立ち初期のチビスケですね。 
地面にポツンといて、動きません、、、ので、、
この時期は子フクロウの誤認保護が相次ぎますね。

イギリス辺りではこの時期「フクロウがいても触らないで下さい」とカンバンを立てるらしい。
フクロウの子供は落ちても勝手に巣に戻ります。
日本でも、もっと告知せねば、、、
b0130243_2025276.jpg

# by usachan_500 | 2008-06-27 20:24 | | Comments(0)

ラミーカミキリ仮面

目下発生中!
オクラ系の葉っぱを齧りまくります。 派手なブラックビロードと蛍光水色の迷彩がオシャレだが、せっかくの庭木を齧らないでおくれ、、


b0130243_20134531.jpg


ラミーカミキリ
繊維を採る為輸入されたラミー(芋麻)と言う植物に付いてきて帰化したと思われる昆虫。
生息地は暖地に限る様で、冬季の平均気温4℃が生息下限でと言われる。
かなり敏捷であり、人の気配にも敏感で、接近を知ると飛んだり、落下したりの行動をとる。
成虫は5~8月に現れる。  体長2センチ内外
# by usachan_500 | 2008-06-27 20:14 | マクロ 昆虫 | Comments(0)

毛玉なアブ

こちらも優しい目をしたアブ。
ビロードツリアブです。
b0130243_172963.jpg

ホバリングしながら器用に花の蜜を吸います。
口のストローが便利そうです。
そうそう、このストローを花に突っ込んだままホバリングするので「花から吊られてね?」
と思ったのでしょう。  だからツリアブ、、、、
体長は1cm位です。

優しい目をしたこの毛玉さんですが、幼虫は蜂類の幼虫に寄生して育つそうです!
子供の時は獰猛、成長するとすっかりおとなしく、、、、
人間みたいですかね?!
# by usachan_500 | 2008-04-28 17:34 | マクロ 昆虫 | Comments(0)


千葉県在住! 近所の写真と生き物と旅行の記録です コメント、リンクも大歓迎なのです!             過去の記事へのコメントに気が付かない事がありますので、その際は叱って下さい。。


by usachan_500

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31