ぼんぼんトントン 写真

タグ:xt500 ( 12 ) タグの人気記事

車検に落ちたり 受かったり




ぼんぼんの XT500 ステキオートバイではありますが。。。


b0130243_1810107.jpg


弱点もある

貧弱な電装系だ  つまり発電する力がもともとショボイのである
70年代当時の 原付 とほとんど同じレベルのシロモノだ

バッテリーだって6v ヘッドライトの明かりはショボショボ提灯


で、そんなXTに車検の時期がやってきた
ぼんぼん、いつも車検を通すのは自分でやる (お金がないの。。。)
普通に車検場に持って行っても ショボショボ提灯 ではまず絶対受からない


さぁ、ど~する?!




一応ページを隠しておくか。。
by usachan_500 | 2016-03-28 19:31 | バイク

内燃機関



b0130243_034450.jpg



ガソリンとかの燃料を使ったエンジンの事を日本語では 内燃機関 とか 発動機 と言ったりしますが~
なんだろ、、 この呼び方って、空冷のシングルやツインエンジンにしっくりくる気がします
内燃機、、 何だかいい響きだよなぁ

だからと言って 
キャブレターは 気化器
プラグは 点火栓 
さすがにこれは現在あんまり言われませんね

まして カレーライスの事を 辛味入汁掛飯 とか言ったりはしません 

街の遊撃手 とのキャッチコピーで有名になった いすゞジェミニ
遊撃手とは野球の ショート選手 の意味だったりします

同じく センター の選手の事は 中堅手  
何だか剣道の試合みたいだ、、、



ちなみに自動車メーカーの ダイハツ は 大阪の発動機 が由来だったりします




ぼんぼんが知っている中で一番酷い ”日本語化”は
楽器の サックスの  

金属性先曲がり音響出し機 

でしょうか。。。




by usachan_500 | 2015-05-11 00:43 | バイク

射干と鉄馬



b0130243_1954138.jpg


射干と書いて ”シャガ” 
群生しているシャガを見ると、ハッとするほど美しいですね


日本にあるシャガはまず種を付けない
中国から持ち込まれた株がどんどん株分けされて増やされていった、、 と見るのが正解みたいです



これって 彼岸花 の話とほとんど同じですね
3倍体、、 な~んて難しい言葉がありますが、日本の彼岸花もシャガも3倍体

そうそう、春を彩る ソメイヨシノ も3倍体だったりします




by usachan_500 | 2015-04-19 19:29 | バイク

ドアのへこんだ白いセリカ




このフレーズでわかる方はたぶん、きっと、、 そこそこのお歳(笑)

b0130243_23234214.jpg


気が付けば約1ヶ月ぶりの更新デス
前回の記事から1枚も写真を撮っておりませんでした

「飽きた」とかじゃなくって、単に時間が無いっス
イカンイカン (*_*)


そんなワケで前回の ”三浦半島ツーリング” の写真を引っ張り出してきました

松任谷由美サンの よそゆき顔で という歌で

♪ 砂埃りの舞うこんな日だから
観音崎の歩道橋に立つ
ドアのへこんだ白いセリカが
下をくぐって行かないか ♪

というフレーズがあり ぼんぼん的にはずっと気になっていたんです


セリカってのがいいですね~♪

① ドアのへこんだ白い ハイエース では現場感あふれちゃうし
② ドアのへこんだ白い ベンツ   では何やら険呑だし
③ ドアのへこんだ白い タント   ではスーパーの駐車場でぶつけちゃった奥様っぽいし

うん、やっぱここはセリカだよ セリカ!


で、探してみました(観音崎は三浦半島にあります)

観音崎そのものに歩道橋はありません  ので、最寄りのこの歩道橋がソレなんだと思います
(世間の解釈もどうやらココみたい、、)


ちなみに 砂埃りの舞う道のわきの
小さなガソリンスタンド はありませんでした(苦笑)


田舎の小さなガソリンスタンド、、
全国的に消え始めていますね

コンクリ造りの小さな事務所でオジサマが野球中継をみながらぼ~っとしてたり~
給油機の前でスタンドの主人が地元の軽トラの人と延々しゃべっていたり~
スタンドに入ると対面の”八百屋さん”から主人があわてて走ってきたり~(兼業ですね)


そんな光景、旅行情緒があって好きだったんだけどな~~





by usachan_500 | 2014-11-23 23:51 | ツーリング

ここらでひと息!



忙しい自慢をする気はさらっさら無いのですが、本日をもって ”週休0日” の記録が破られました 
うん、イイね (^^)

思い~ おこせば~~  もう4か月くらい週休0日でしたわ


そんなワケで、キャンプに行ってみました♪
b0130243_17512499.jpg


うんと遠くに行ったんダロ って?! クリック
by usachan_500 | 2014-05-11 18:19

うま年デス。。。



実は一応 新年に向けて ”馬” にちなんだ記事も作っておりました (笑)



鉄の心臓(エンジン)を持つオートバイの事を 鉄馬 という事がありますが
フムフム、、 なかなか上手い事を言うもんだなぁ~  と思っておりました




b0130243_18172388.jpg




昔のオートバイは確かに 鉄っ! を材料に使っていました
ところが最近は軽量化などを考えて様々な部分に アルミやプラスチック が使われる事が多いですね

エンジンなんて、中身の歯車部品以外は、ぜ~んぶ アルミ製 ってのも普通です



最近思うんデス。。。  実はオートバイって



アルミ馬  なんじゃね?!



むぅぅぅん~~  (*_*)





p.s

エンジンを止めた状態で撮影しました なのでヘッドライトは本来消えてマス
何だか情緒が無いので 離れた所から ”懐中電灯”でヘッドライト狙撃して照らしてます

セルフタイマー作動 → 走る → 遠くから懐中電灯でヘッドライトを狙撃っ!
(懐中電灯の光を絞るために手でライトを塞ぎます)

これを繰り返す事、20回以上、、、 「異常行動なオッサンがいる~」と思われたかな (苦笑)




by usachan_500 | 2014-01-03 18:54

水の城下町  久留里

何だか久しぶりにブログの画面を開きました
身の回りが落ち着きません~(*_*)


あんまり腐っていてもアレなので、近所まで 「ぷらっと」走りにいきました!


b0130243_21153525.jpg



自宅からオートバイで1時間ほどにある 久留里(くるり) という場所デス
写真に 久留里タウン と書きましたが、正確には”久留里町”というのはありません
字(あざ)の名前なんですね~


まぁとにかく水が美味しく、豊富な町でして そこらじゅうから水が湧きだしており
街角に点々とある不思議な貯水タンクにも水が満たされています


貯水タンクには
b0130243_21222924.jpg

が付いており、存分に美味い水を味わえます
(一般客が使える水場は決まっておりますのでご注意下さいネ)



水が美味しくて豊富、、となれば 食品が美味いのは常♪
おみやげに特産品の
b0130243_21255153.jpg

を1丁買ってきました

素材の良さをそのまま頂くには ”冷ややっこ”がサイコーかな?!
しょう油をかけずに頂きます(^^)

お豆腐店が安価な商品に押され、どんどん廃業していく中
こんな手作りなお豆腐店を断然応援したいのです!





by usachan_500 | 2013-11-15 21:38 | 近所の写真

五月を泳ぐ



めっきり 絶滅危惧IB類(Endangered EN) となってしまった大型の鯉のぼり。。。

それでもこちら房総では、まだまだ元気に泳いでいる光景を見る事が出来ます(^^)/


b0130243_23305624.jpg


♪ 屋根よ~り~ 高い~ 鯉の~ぼ~り~ ♪

大きい真鯉(ブラック)は~ お父さん~ 
小さい緋鯉(レッド)は~ 子供たち~


んんん??!

緋鯉はお母さんじゃなかったの(@_@;)?
子供って ブルーのちっちゃなヤツの事じゃないの??

最近は緑色とかもいるしっ!!

ってか緑色ってダレだ?!


法事の時だけに見かける親族とかかっ?!

「あら~♪ ぼんぼんちゃん すっかり大きくなって~~」

「だれッスか?!」  。。。みたいな



調べれば調べるほど、ワケが分からなくなってくる最近の ”鯉のぼり事情” ですが
どうやら 童謡の歌詞と現代の鯉のぼりの実情がズレてきている、、、
と言うのが正解なのかも?




by usachan_500 | 2013-05-06 23:53 | ツーリング | Comments(16)

ヒマなし



ぜんっぜん暇がありませぬ
出張で家にもなかなか帰れない状態(*_*)

好きなマクロ写真もマッタク撮れません~
(春の大切な時期なのにぃ、、)



今日はね、ほんの近所まで  気晴らしにオートバイを走らせました

b0130243_1613329.jpg



b0130243_16133341.jpg


今年は唐突に ”春”がきた感じです
と思ったら、初夏すら感じます   
田んぼなんてカエルの大合唱始まっちゃいました (@_@;)



気晴らしに買ってみました

b0130243_1644198.jpg


レッグポーチです(^^)



※ 自分の記事はあげておいて、、 
ですが 4月頃まで新記事、コメントを一時お休みします <(_ _)>

by usachan_500 | 2013-03-21 16:16 | バイク

雨の昼下がり



今日はやる事がなくてヒマ~

仕方ないので、伸ばし伸ばしにしていた作業をば。。。
ついでにこれを見た誰かの参考記事にでもなれば の暇つぶし記事デス

b0130243_1252138.jpg


これは国内仕様(前期型の後期モデル)XT500のキャブレターなんですが、
ワタシのXTは輸出仕様
実はジェット類のセッティングがわずかに違うんですネ~


んでもって、この写真のキャブは ”ウォームスターター” が付いているタイプなので
内部のジェット類を輸出仕様にセットして、私のXTのキャブと代えてみようと言う魂胆です


ウォームスターター。。。
温間時の再始動を容易にする装置

聞こえはスペシャルな感じですが、要は 「スロットルバルブを数ミリ持ち上げた状態にしておく」
至極単純な仕組みです  初期のSR500にも装備されておりました

b0130243_12125575.jpg

スロットルストップスクリュー に白いノブが付いていますね
これが ウォームスターター機構の全て。。。
通常のストップスクリューの中心にスライドする棒を貫通させてあると思って下さい

白いノブを上に押すと棒が伸びて本来のストッパー位置から
”数ミリ” 持ち上がった状態で保持されます
(持ち上がるストロークは、ほんの2~3mmほどでしょうか)
この状態で 「キックキック!」 をするワケです

無事エンジンがかかったらアクセルを 「ぐいっ」 と戻すと、強制開閉式で戻し側ワイヤーを持つこのキャブですから、ウォームスターターは押されて引っ込んでしまうと言う寸法です


国内モデルの初期型や輸出仕様の一部には付いていない機構ですが
”2~3mm持ち上げる” を覚えておいても損はありませんね!



ウォームスターター でこのブログを訪れる方がちらほらいらっしゃいますので
オマケ記事を追加しました(^^)/







追加情報はコチラ! クリック
by usachan_500 | 2013-02-27 13:07 | バイク