スクーターキャン△





今度はスクーターでキャンプに行ってきました




b0130243_19170187.jpg





うそです (^O^)
ミニチュアです (さすがに分かるって?)


はまっていた ゆるキャン を全部見終わってしまい、寂しくなって作ったのさ
主人公の一人 しまりん が乗っているスクーターの VINO です
これに乗ってあちこちキャンプに行くんですよね~



もともとはエンジ色だったミニチュアを分解→塗装したのですが
意外と苦労しましたさ

だって、普通の缶スプレーで下地の白を塗ったら、もともとのエンジ色が溶けだしてくるんだもん ; (´;ω;`)



久しぶりにエアブラシを引っ張り出す


b0130243_19262727.jpg


プロスプレー。。。。
ベストセラーではあるが知ってる人は知っている  

どこがどう プロ なのか小一時間問い詰めたいような製品だ
箱にはハイクオリティとかモデラー必携とか書いてあるしぃ、、

まぁ、言ってしまえば安価だけが取り柄のオモチャ
(小中学生のお小遣いでも買えるように頑張った製品なんだろなーーー)
それでも無いよりはるかにマシなので中学生の頃から、ずっとコレ(これは3台目)



そんなこんなで まぁまぁの出来に塗れたので
今はこうして

b0130243_19471720.jpg

100円ショップで買ったケースに収まってテレビの脇に飾られています♪


荷物はパテで製作
ちなみに薪は落ちてた杉の枝をカッターで鉈みたいに割って作りました
ちゃんと樹皮が残った薪みたいになった (*´∀`*)




おしまい






p.s
本日、千葉で大きめな地震がありました
震源地がぼんぼん家の隣町でしたが、その隣町も含め、特に被害はありませんでした




# by usachan_500 | 2019-05-25 20:10

ハゲしくオススメ





b0130243_18375748.jpg




さて、今回行ってきましたのは 千代田湖キャンプ場

長野県の茅野だと思ってもらえれば、、、
(茅野市街まで20分程度の場所ッス 住所自体は伊那になるんだけどね)


ココ、なんと無料!!
北海道じゃあるまいし ココ、長野ですぜ?! 関東近郊ですぜ?!  アリエネー (@_@;)




何も無い湖畔
そこがまたイイ



b0130243_20183377.jpg





b0130243_20192035.jpg




こちらは林間の湖畔フリーサイト
ここも良さげ~♪  もちろん無料のサイト


b0130243_20194672.jpg




こちらはぼんぼんがテント張ったサイトの全景


b0130243_20222427.jpg




夜。。。

なぜか小さなランタンをたくさん吊りさげる
でかいランタン1つ持って行けって? (笑)




b0130243_20232658.jpg




シュレーゲルアオガエルがコロコロ~♪ フクロウがホゥホゥ鳴く静かな夜でした

b0130243_20252488.jpg


ふと気がついたんだけど、ココの湖畔に生えてるのカラマツだよねぇ
、、、って事は秋に泊まったらスゴイんじゃないの?! (ワクワク)



そんな今回のキャンプでございました!






◎ 千代田湖キャンプ場 ◎
☆標高1300m  時期によっては涼し、、、 寒いです 夏は良いでしょうね♪
☆湖畔のフリースペースでキャンプをする場合、申請や料金は不要
(奥の林内に有料、要申請の テントサイト なる場所も存在します)
☆大規模な水道(蛇口)設備はありますが生水は飲用不適です 浄水の手間を考えると飲み水は持参が無難でしょう
☆トイレは男女別 水洗
☆携帯電話は圏外ですが、数分歩けば通じる場所に行けます(ドコモのみ確認)
☆売店、管理棟等ありません 焚き火をしたい時は持参するか現地で拾いましょう(そこそこ落ちてる)
☆茅野市街、最寄りのコンビニ、ホームセンターまで片道20~30分ほど
☆ゴルフ場(中央道晴ヶ峰カントリー倶楽部)を通るショートカットは普通に通れました
公式ページやナビによっては大幅に迂回して案内していますが ハテ?? 要確認
貸切で使用できない時があります 要注意!!


詳しくは 公式ページ にて   伊那市→観光情報→お知らせ→千代田湖キャンプ場 




x-adv ツーリング



# by usachan_500 | 2019-05-22 21:02 | ツーリング | Comments(10)

最高なんじゃない?!





曇り/雨 予報だった 日~月曜日 

天気予報が好転したのでツーリングに出発


フタをあければ快晴っっ!
キャンプ場に到着



ねぇ、、 ちょっとココ最高じゃない?!





b0130243_19594294.jpg





夕暮れ のんびり 焚き火 J子嬢

b0130243_20025911.jpg






今回は家から薪を持参   10kg (笑)

b0130243_20044579.jpg




つづく。。。





x-adv ツーリング



# by usachan_500 | 2019-05-20 20:11 | ツーリング

懐かしきバカ尾根





すんごく久しぶりに 丹沢の塔ノ岳 に行ってみました



b0130243_20292886.jpg




今回も平日につきソロでござる~


塔ノ岳、
学生の頃はよく行きましたさ
、、、と言うか、訓練で 塔ノ岳 にある山小屋へ 歩荷(ボッカ)をしておりました

歩荷 ってば山小屋に物資を歩いて荷揚げするお仕事の事
普通の登山装備の他に40kgほどの物資を背負って小屋に届けるんですね~

物資は食料がメインで、ビールやジュース、お米や、おでん が多かったな


歩荷ルートは 大倉尾根 と呼ばれる大倉~塔ノ岳山頂の 尊仏山荘 でした
今回はそんな懐かしきルートを辿ります (^O^)



大倉尾根、、、

これがまぁ バカ尾根 という通称で有名でして(笑)


登山口から山頂に向けて
もうアホみたいに標高差1200mを2~4時間で まっすぐ登り続けるルートでゴザイマス


ステキな展望? 

ないないないないッ!!
ルートの半分以上を占める階段をガツガツ登り続ける 
ストイックかつ極めてイカツイルートでございます~


ハイキングで山登りなの~ うっとりなの~♪

なんて情景を浮かべてはイケナイ
ここのルートでは全員が 

登山マシーン

と化します(笑)



え? トップ写真、めっちゃ楽しそうじゃん? うっとりじゃん?
と思った方

あんなうっとりな場所は全ルートを通して10分もありません



あとはぜ~んぶ



b0130243_21103462.jpg

b0130243_21111040.jpg

b0130243_21113807.jpg
これモンです (^_-)-☆


大倉尾根 ツライ バカ尾根 キツイ とキーワードを入れて調べてみると面白いですよ ^m^



当時は合計50kgとかの荷物を背負って、他の登山者をガンガン追い越して登っていたんですが、、

ハイ! 今回は軽量荷物なのに、ほとんど全員に登りで抜かされました~~(笑)
さすがに下りは昔取った杵柄、走って下れましたが、、、 いやぁ ダメね~



サボりのツケを感じたそんな今回でした!



大倉尾根、、 初心者を連れて行ったら一発で終身山嫌いになる可能性があるルートですが、
トレーニングや自分の体力の指標を知るにはベストなルートの一つです!

このルートを通常日帰り程度の荷物で3時間以内で登れる人は日本のほとんどの山で通用する体力とも言われています
(重い荷物に強い、弱い  疲労ストレスに強い、弱い 等を考慮する必要はありますが)


トレーニングをしてまた行ってみるよ~ 




おしまい






# by usachan_500 | 2019-05-18 21:28 | お山とか。。。

白毛玉??





庭の樹を見上げる、、

ん? 白い毛玉がいるよ??





b0130243_19272780.jpg






わ~~い♪ フクロウの子供 (^O^)/

b0130243_19311573.jpg



今シーズン、フクロウの若夫婦が庭にある杉の木のウロに営巣を始めたので見守っておりました
3年前この杉の木から巣立った子が奥さんを連れて帰ってきたのでしょうか、、


巣立って1日目の姿です
元気に育つんだぞ~~!




b0130243_19361848.jpg
は~い♪






# by usachan_500 | 2019-05-16 19:42 |

かじ ーーーーーーーーる 季節







なが ーーーーーーーー いのです (^O^)/





b0130243_17100977.jpg




エダシャクの仲間の幼虫 (ハスオビエダシャクでしょうか、、)




ところで 蛾の幼虫  まぁ、イモムシとか毛虫とか言われるヤツの動き

もじもじ~ と這うように動いているイメージがありますよね?!
いわゆる毛虫の動きッスね~


でも 指で長さを測る時みたいに 尺をとりながら 動いているイモムシみたいなのも見た事がありますよね?!
この多くは エダシャク と言う蛾の幼虫です

シャクトリムシと言われる仲間ですね~



同じイモムシ型の幼虫なのに、どうしてそんなに動きが違うのか??
実は身体、、と言うか脚 の装備に違いがありまして


フツーのイモムシさんは、、、


b0130243_17190847.jpg


本当の脚6本と幼虫の時だけ装備されている 補助の腹脚、尾脚を交互に使って器用に移動できます
(器用と言ってもマァたかが知れてますが)



対するシャクトリムシさん


b0130243_17224676.jpg


腹脚がほとんど退化しちゃってマス (*_*)
これでは全ての脚を器用に交互に使ってもじもじ動くことなんて出来ません!
本当の脚と尾脚とわずかな腹脚で 尺取りをするしかない 状況です

当の本人は別にタイヘンとは思っていないでしょうケド



僅かな腹脚と尾脚を残したのは良い判断です
これらの補助の脚があるからこそ、この脚で踏ん張ってピーンと伸びて
枝の擬態が出来るのですから




おしまい




# by usachan_500 | 2019-05-12 17:54 | マクロ 昆虫


千葉県在住! 近所の写真と生き物と旅行の記録です コメント、リンクも大歓迎なのです!             過去の記事へのコメントに気が付かない事がありますので、その際は叱って下さい。。


by usachan_500

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31