その湯 濃厚につき




先日、J子嬢のご両親の墓参に行った

うちから墓地のある水戸までは日帰りできるけど、ちょっと疲れる、、、
といったビミョーな距離


う~む せっかくだから墓参がてらちょっと足を延ばして観光しよっか?
という運びになった


ビジネスホテルや車中泊でもいいんだけど、この際温泉でも泊まろうかね

折しもその日、友人の まさっち とその奥様の うひひさん が「ぼんぼん家に遊びに行きたい」とおっしゃるので
「宿待ち合わせで一緒に泊まる~?」と持ちかけたらオッケー♪
そんな楽げな運びとなり、墓参のあと宿に向かったのだった





b0130243_20044987.jpg



今回選んだのは 北茨城にある 湯の網温泉 鹿の湯松屋
こんな所に温泉宿がっ?! って感じで農村のはじっこにポツンと佇む一軒宿だ


なんでここの宿を選んだのかと言えば

泉質 ♨(^O^)

フツーに良い泉質ごときじゃツマラナイ
行ける範囲でありったけ変わった泉質を探してみたのだ

あと夕食にキンキの塩焼きが一人に丸々一匹出される、、 というのもココロ揺さぶった
キンキと言えばぼんぼん家の キンキ事件 が有名ではあるが、それはこの際カンケー無い



雲ひとつない空の下をオートバイでふんふん走り、宿に着いてしばらくすると まさっち夫婦 も到着
じゃ、とりあえず温泉でも入ろうかね~~


b0130243_20192151.jpg


ト・トマトジュースですか?! (´゚д゚`)!

若しくは断水の後に出てくる水、、、

うん、これを待っていました



入りつつ 舐めてみた飲んでみた

ほどほど鉄分+若干のナトリウム+硫黄臭ちょっと
思ったよりスゲー味ではない

若干キシキシする多少硬質のお湯かな?  身体の暖まりはかなり◎
北茨城の温泉は数あれど、この摩訶不思議な泉質はここくらいしか知りません


湯船から浴槽から壁から蛇口から桶から もうそこらじゅう鉄さび色に変色だ!
う~ テンションあがるぜ!!

オートバイのレストアラーとしては サンポール・リン酸処理したくなるアレだ



浴室内はこれでもかとレトロモダン
キュートな手桶入れにテンション倍率ドン! さらに倍!!

b0130243_20365895.jpg




もはや洋風レトロモダンなのか  和風温故知新なのか
いい! いいぞ!!

b0130243_20382692.jpg


b0130243_20405548.jpg




脳に効能があるのでかなり頭が良くなったはずです 
良くなった脳は脱衣所に忘れ物をして部屋に戻ってしまいました
b0130243_20420215.jpg





湯上り、ちょっとロビーでまったり
なんかいいな~ 落ち着く、、、
ストーブの後ろに扇風機っていうのが季節の難しさと、ここが温泉なのだと教えてくれる


奥にポスターが貼ってあるね??

b0130243_20435738.jpg





ん~~???
b0130243_20451983.jpg











夏の扉にして青い珊瑚礁


b0130243_20454441.jpg
81年当時のポスター(*´∀`*)  ハ~イ!一重まぶた。。。





その後はお部屋で夕食&飲み
食事の写真撮ってないや~

ちなみにキンキの塩焼き、わざわざ北海道から仕入れているとの事!
超ブランドじゃないですか  市場価格だと1匹数千円ですわ!!
めっちゃウマイ ♪
このキンキの塩焼きを楽しみに宿を訪れる方も多いのだとか、、、
鹿の湯松屋のご飯はぜんぶおいしいよ!





楽しく飲んで話してオヤスミなさ~い
いやぁ、楽しすぎた (^O^)



翌朝

b0130243_21020809.jpg
元々は自炊+布団持ち込みの湯治宿だったとの事、なんか分かる雰囲気





わりとギリギリにチェックアウトして~
宿から10分ほどの場所にある大津港に寄ってみる




おおっ
b0130243_21004529.jpg
釜揚げしらすの量り売り めっちゃ欲しい!
でもバイクだから無理なんだ~~





おおおっ
b0130243_21014505.jpg
のどぐろ1串300えん めっちゃ欲しい!
これも積んで帰れないんだ~~

分解して袋に入れれば持って帰れたな、、 と今になって思う 




この後はまったり高速を走りながら、まさっち夫婦と一緒にお昼を食べて解散



墓参はどこへやら、楽しい温泉ツーと相成りました!!







おまけ
鉄分の温泉や錆に触れて布地に汚れがついてしまった場合(取れないのよね~)


b0130243_21540401.jpg
ハイドロハイターをお使い下さい
鉄分、泥汚れに特化したコアな漂白剤です





おしまい








# by usachan_500 | 2019-11-18 21:46 | ツーリング | Comments(5)

晩秋 里山





房総の秋もラストスパート
そろそろ初冬の趣に変わりつつあります





吸い込まれそうな、、
はたまた 高エネルギー何とか を今にも発射してきそうな、、、
b0130243_16491259.jpg





お気づきだと思いますが、正体はコチラ

b0130243_17024543.jpg
冬の訪れ告げるリンドウ



リンドウって 切り花 や山に生えている めっちゃ直立した茎わんさか花 
のイメージをお持ちの方も多いと思いますが、
里山(房総)のリンドウって針金みたいな茎が横に伸びて、ツル植物みたいな感じなんですよ



こんな感じで斜面から「たらり~~ん」と下がりながら咲いてます

b0130243_17053422.jpg

初めて切り花のリンドウを見たとき 「こ、、これってリンドウなの?!」
と逆に驚いた思い出があります ^m^




そしてリンドウのすぐ近くにこんな物体が。。。

b0130243_17092753.jpg
だれだ~~?! (@_@;)
うん、漏斗だね けっこうデカイ 10cmちかくありますな


穴 深い。。。
b0130243_17110592.jpg

深淵を覗く時、深淵もまたこちらを覗いているのだ



ラッパタケとかの仲間かな~
水か? 水でも集めたいのか?  なぜ空に向かって大口を開けているのだ?!
そして水を集めた穴の奥には何があるのだ?!



分解する勇気はなかった。。。



そんな今日の庭散歩でした (^O^)/








# by usachan_500 | 2019-11-16 17:25 | マクロ 植物

「相席になりま、、」 「嫌です」




昼時に人気のラーメン屋さんなんかに行くと良く言われるセリフ

「相席になりますがよろしいでしょうか?」

中には色々な理由で「嫌です」という方もいるのかも知れませんが、
まぁだいたいは譲り合って座る事が多いと思います


相席で食事って 生き物、特に昆虫の世界だとあんまり見かけません





b0130243_20115115.jpg




この時期の里山はと~~っても花が少ない
今うちで咲いているのは ツワブキ くらいなものでしょうか

当然この ツワブキ食堂 にお客が殺到
開店している数少ないお店なんだから相席で、、、ってワケにはいかないのが昆虫さん


ホバリングしながら忙しく飛び回るのは ハナアブ
写っていませんが時折飛んで来るミツバチにしつこく追い回されて逃げ回る(でも諦めない)

ガガンボはミツバチに追われる事はありませんが、
ハナアブが花にぐいぐい入ってきて押し出されそうになっちゃいます(*_*)
ガガンボも我慢の限界になると細長~い足をハナアブに乗せたりしてますね~

どう見ても攻撃力ゼロの技ですが、一応効いてるみたい(笑)  
抗議されるとハナアブは飛んでいきます

そしてピントは合っていませんが、マイクロサイズのゾウムシ も写ってます
ゾウムシは小さすぎるのか、攻撃の対象にはならないようですね


そう言えば、夏の樹液食堂でもケンカは日常茶飯事だったっけ、、


分けあう、、って行動は人間が知性で生み出した行為なのかも知れません
もっとも最近は日本でも「自分さえよければ」が通用するようになり
ちょっと動物、昆虫化しているのかも知れませんね (*_*)


いや、もしかしたら国民の餌(お金)が足りなくなり
生き残りに必死になり始めたからかも知れません(怖)



おしまい




# by usachan_500 | 2019-11-11 21:06 | マクロ 昆虫

夜の熱唱





自宅の災害復旧をほっぽらかして1人でプチ脱走してきました
毎回毎回毎回 台風やら大雨の後片付けですっかり嫌になってしまいましたのさーーー (*_*)


って、先日も出かけたばかりなのですが(汗)
そして旅行ブログ化しているこのブログ。。。



今回のプチお出かけは群馬県の 赤城山 そんでキャンプ♪





b0130243_17033219.jpg




まずは赤城山にある 覚満淵 に行ってみますよ~ (上の写真も覚満淵です)

標高約1300mにある湿原で、ミニ尾瀬とか呼ばれています
高山、湿地植物が豊富なんですよ~


そうそう "赤城山" というのは山域全体の呼び名ございまして 
「これが赤城山デース!!」 という様な山はありません 北アルプスや八ヶ岳と同じですね
(北アルプス山 とか八ヶ岳山 というのはありませんもんね!)




うん、たしかに尾瀬っぽいぽい (^O^)

b0130243_17193106.jpg


一周しても30分ほど 高低差も無く、のんびりしたステキな場所ですね!
しっかしガスがすごいなぁ  これも◎です


ここ覚満淵からオートバイで10分ほどのところに今日のキャンプ場があります


県営赤城山キャンプ場 (^O^)/

ここ、ナント無料なんです

午後2時ごろ到着


うおッ! 超満員 (@_@;)

フツーの平日ですぜ?!

暇なのか? みんな暇人なのかっ?!

自分を棚に上げつつ懸命にテントを張れそうな場所を探す
無い。。無いよ。。。



もうみんな帰れ!
ここ30年でキャンプを始めたようなニワカは帰れ!!

急性のテントサイト欠乏症を発症 正常な判断力を失い、猛毒を吐く修羅ぼんの運命やいかに?

お隣さんと数メートルしか離れていないが、何とか張れそうな場所を見つける


「こんにちは  近いんですけど、お隣にテント張ってもよろしいでしょうか?」
猛毒修羅ぼん はどこへやら、卑屈な笑みを浮かべながら揉み手で挨拶し、何とかテントを張った



b0130243_17410216.jpg


晩ご飯はコンビニ弁当
うん手軽気軽♪

夜、周りのテントの灯りがだんだんと消えていく中、ぼんぼんは焚き火を延々と構いながら
長い夜のお酒を楽しんでいた


、、うふ うふふ うふふ うふ ひひっ」


なんか聞こえる ヾ(´A`)ノ゚




発信源はお隣のおじさまが1人で張っているテントからのようだ 
大声で定期的に 「うふふ うふふ うふふ」 と聞こえる

そのテントの灯りはとっくに消え、寝ていると思っていたが落語でも聞いているのか?? 
それにしてはおかしい 独り笑いにしては笑いボリュームが大きすぎる


コリャたぶん寝言だ。。。 
楽しい夢見てるんだろな  。。ってか、延々と笑い続ける夢ってどんなのだ?

と、邪推を楽しみながらのんびり焚き火とお酒を楽しむ♪

やがて笑い声もおさまり、静かな夜が戻ってきた

焚き火のパチパチと湖面を渡る風の音の優雅な時間






、、うお うおお おう うお おうおう」


またなんか聞こえる ヾ(´A`)ノ゚




発信源はお隣のおじさまが1人で張っているテントからのようだ(再)
デカイっ 声デカイよ


「こんどはなんだーー? いびきか? いびきの亜種なのか?!」
「うおうお うおう おうおう」


。。。どうもいびきではないようだ




「うお」ではなく「WOW」であることが発覚


「♪ WOW WOWWOW WOW~~♪ うふふ

明らかに歌です 真っ暗なテントの中でめっちゃ延々熱唱してます  時折 うふふ が入ります


隣のテントの主は  小室哲哉  だったのかっ!!




楽しい夜は更けてゆく。。。





そして朝 いい天気です
すっかり落葉した湖畔に朝日が差す  うん、紅葉してるみたいなカンジ

b0130243_17424366.jpg



気温は3℃  明け方は0℃近くだったのかな?
気温が+なのは助かるね~ (^O^)

b0130243_18073559.jpg

X-ADVのメーターは豪華にも 西暦 まで表示されるのだ
日付はまぁ助かることがあるけど、西暦ってニーズあるのかなぁ??

仏滅 とか 赤口 とかのメーター表示よりかはニーズあるか




そんなこんなのプチ脱走、とっても楽しかったです
行ってよかったなぁ~





赤城山のビジターセンターに置いてあった
b0130243_18141441.jpg
ゆるキャンとはまた違うのか
これは女子高生が山で”ウェイウェイ”する物語なのだろう





おしまい






県営赤城山キャンプ場

通年営業で無料です 冬季は水とトイレが使用できません(凍結)
湖畔のサイトは狭いので大型テントは厳し目です
山腹側にも美しい林間サイトがあり、そちらは大型テントも余裕です

売店等ありません コンビニも遠いので事前の買い出しを!
薪は近くのキャンプ場に買いに行くか、拾います
(人気のキャンプ場なので拾い尽くされているとは思いますが)

常連さんの話ですと最近は平日でも混んでいるそう、、
晩秋も含め良いシーズンは満員になってしまう可能性が高いと思います
早めのテントサイト確保が良さげです




x-adv ツーリング  県営赤城山キャンプ場

# by usachan_500 | 2019-11-04 18:42 | ツーリング

ちょっとおでかけ その3




うん、記事を続ける事にします(笑)


え~っと、、どこまで書いたんだっけ?


そか! 新津温泉だったね (^O^)/


実は前回記事で、新津に向かう前に寄った場所を書き忘れてしまいまして~~
今書きます(汗)



b0130243_18060852.jpg

これじゃワカランっすね。。。






会津若松の飯盛山にある さざえ堂 でゴザイマス~ (^O^)/



b0130243_18065079.jpg

棟の中が2重螺旋構造になっていて、一度通った通路は2度と通らない
登りと下りの人が鉢合わせする事がない、ちょっと不思議な建物です(江戸時代に建立)


b0130243_18121131.jpg

露天風呂に行く通路みたいな、、


b0130243_18123331.jpg






笑ったのが さざえ堂が建っている 飯盛山 に登るため  長~い階段の他に エスカレーターも付いてるのよ
で、このエスカレーターが有料

おっとエスカレーターじゃない、動く坂道 だった
導入はとても古く、当時観光の目玉でもあったみたい、、、

b0130243_18300376.jpg


動く坂道付近ではスピーカーから流暢な女性の声で

歩いて登ると本当に大変でございます! ぜひ動く坂道を。。。」

と、いったフレーズが自動でアナウンスされてる
アナウンサーみたいな声で流暢に「本当に大変でございます」と連呼されるのがちとオモシロイ

そして自らの観光地を「本当に大変」と言い切っちゃう姿勢にも モンテカルロで乾杯だ(by庄野真代)


「本当に大変でも歩いて登るもんね~」と、階段を登り始めて約5分。



b0130243_18401278.jpg




途中乗車を誘ってきますw


ちょっと値下げしてこっちをチラ見してますww



さすがに「心が折れてしまった方は 本当に大変でございます」とかのアナウンスは無かった






さてさて、さざえ堂から(前回記事の)新津温泉に行って、僕たちガソリンになったあと
向かうのは 同じ新潟県の

燕市


高速のインターだと燕三条 なのに 駅の名前だと三条燕 とか、、、
ちょっとややこしいのですが、実は燕市と三条市はマッタク別の市です

燕市と三条市のライバル意識の産物と言われています
尾張小牧 を思い出す展開ですね ^m^


燕市に行ったワケは

日本が誇る金属加工の粋を見たかったのだ!!


おあつらえ向きに
燕三条地場産業振興センター(長いな・・) という施設があるので行ってみる


ここでは各加工会社の技術の粋を展示したり
めっちゃ広い販売スペースがあったりします♪


実はぼんぼん家にはけっこう燕三条から来た物が多かったりする
(まぁ買う時にわざわざ選んでいるからとも言えますが、、)
愛用のカナモノが展示されてるのって何だかウレシイ!


おっ SUSgallery
ここのチタンの湯呑が横浜で開催されたAPECで、各国へのおみやげに選ばれたのは記憶に新しいトコロ
チタンの湯呑、真空2重構造になっておりまして、屋外での使用にも最高最適です♪

b0130243_18151017.jpg



J子嬢の急須だ~
MIYACO(宮﨑製作所)のステンレス製 
b0130243_18182998.jpg




刃物と言えば 岐阜県の関市 が有名ですが
燕もなかなかです♪

飾ってある包丁の中で目に付いた品を前に 手で握る想像をしてみる
くぅ~っ タマラン!! 欲しいなぁ~  けっこういいヤツ持っていても欲しいのだ
新しい刺身包丁が欲しかったから買ってくれば良かったカナ。。。
b0130243_19344323.jpg




和釘はカッコいい!
燕市の金属加工の発祥は和釘だそうな
和釘だけじゃ食べていけそうにないので、生活用品を作ったり高度な技術を身に付けたりして生き残りをかけたのだ

b0130243_19421866.jpg


販売コーナーもじっくり見て回る
b0130243_19504066.jpg
実際は写真の倍以上の広さです(スペースの左半分が写ってない) 
入口付近におみやげ少々 あとは燕の特産金属加工品♪
この施設、マジで1日いられますぜ?!

自分たち用にはカレースプーンを2本買った
受賞作品なんだそうな (^O^)/



さて、もっといたいけどそろそろ帰途につかなきゃです


その前に 燕三条ラーメン を食べるよ♪
振興センターの目の前に1軒あります

b0130243_19563209.jpg
燕三条ラーメンは すっきりした魚介系スープ+背油+超極太麺+岩海苔 が特徴だそうな
(カレーラーメンも燕三条名物らしい)







おい 太いよッッ!! (@_@;)

もはや群馬の水沢うどん。。。   でもおいしいよ♪


b0130243_20014655.jpg




そしてこのラーメン屋さんは 地元の金属加工、厨房機器メーカーである 
カンダ のメタル丼を使っております いいね~

b0130243_20110517.jpg


ぼんぼん家でずっと使ってる漆器のどんぶりが痛んできているので、メタル丼も考慮中、、、





長々ダラダラと書いてしまいましたが、
実はぼんぼん家、先日10月25日の大雨で喰らいました(T_T)



b0130243_20143934.jpg


外界に通じる1本しかない道が崩落

ちなみに近所の町は水没で壊滅的打撃 ニュースに頻繁に出ている町です

うちは高台だったので水没こそしませんでしたが
毎週毎週、台風やらの復旧作業ですっかり嫌になってしまったので



ほっぽり出してまたちょっと出かけてきます♪♪



そんな状況だったので訪問、コメントができませんでしたが、
帰ってきたらのんびり訪問させて頂きますね




おしまい






# by usachan_500 | 2019-10-30 20:24 | 旅行 | Comments(9)

ちょっとおでかけ その2




一応続けてみましょう。。。



今回はふらふらウロウロ旅行でございました

まず向かうは~
福島県の山の中っっ (^O^)/



歩いてしか行けない場所なんですよ~ (1時間くらい歩くかな?)




b0130243_17433449.jpg


b0130243_17442435.jpg






こっちの池は紅葉ピークにはちと早かったか。。。

後日リベンジしたいんだけど、あれからずっと天気がワルイ


b0130243_17453122.jpg

b0130243_17461622.jpg





湿地 + 熊出没ゾーンなので~
b0130243_17570030.jpg
いちおう色々と対策
今秋は熊が多く出てるしね~  
長靴は野鳥の会のアレ 思ったより劣化しないで長持ちするね(5~6年以上前に買った)






ちなみに前回UPした アホほど高いブランコ、、、
ここの山中にいきなりポツンとあります(笑)
b0130243_17590369.jpg


山を降りて、次に向かうは~~


キャンプ場 ♪

自炊なんぞをして~ 焚き火なんぞをする~


無風の夜 月がのぼってきました  夜の7時半ごろ撮影
湖面が水鏡でゴザイマシタ (^O^)


b0130243_18020930.jpg




これでもし風があったら寒かったねぇ  4.9℃
b0130243_18030664.jpg



翌朝  めっちゃ曇りで風強し! ってか雨降りそう
これでは山に入るにも、キャンプ場でまったりするにも  、、、ねぇ
キャンプ場に連泊も考えてたんだけど、撤収だなコリャ

じゃあ次に向かうは~~  ????


「決めてねぇ(*_*)」


どうしよう? どこ行こう? まだ2日あるし
自然系のアソビは雨降りそうだし、青空無いし ダメだ


何となく福島→新潟へ

うん、何となくだ


喜多方で坂内食堂行ってラーメン食べたら新潟へ走るよ

ちょっとばかり走って新潟着!
ここで以前から行きたかった 新津温泉 に行く事にした♪


新津温泉。。。
新潟県にある源泉かけ流しの鄙びた温泉だ
ここの温泉


石油臭  の源泉を容赦なく かけ流してくるのだ




鄙びた?? 
b0130243_18151867.jpg




昭和というより~~?

b0130243_18162071.jpg





バラックだ (^O^)/

ココほどじゃないケド

b0130243_18172578.jpg

受付のおじちゃん、居眠りしてたし(笑)
声かけたら飛び起きた ごめん起しちゃった。。。(笑)




おおっ 館内は昭和な雰囲気 


b0130243_19145226.jpg


脱衣場にはそこらかしこに

b0130243_19153935.jpg

b0130243_19161070.jpg
火気厳禁な貼り紙

脱衣場、すでに 石油臭 でムンムン

お湯の見た目は至って普通の透明  見た目が原油っぽい北海道の 豊富温泉 とは違うのね
湯船に入るといっそう鼻腔をくすぐる臭気 ^m^


石油。。。 と言うかこれは~~
クレオソート + 敷きたてアスファルト + ガソリン 臭だ



施設の後ろで ガソリン混ぜてねぇか?!



さすがかつて日本有数の油田があった新津だわ~ と
ガソリン臭を くんかくんか しながら、超濃厚な塩分の湯に漬かる


そして  アチぃ!!

濃厚塩分がアチぃに拍車をかける
の、、のぼせる 
聞けば新津温泉は4~5カ月おきの間欠泉で、吹きあがってしばらくはかなり熱いそうな、、

充分満喫して出たら 
「なんだー 兄ちゃんもう出るのか?」と常連さん

「入湯料の5分の1もモトとれませんでしたわ~ てへぺろ」
と上がるぼんぼん  もともと短湯な性分なので充分満足なのです♪



ずっと行きたかった新津温泉、行けてよかったーー!
あぁ、まだポカポカだ
出来れば泊まりたい雰囲気だけど宿泊はやってないのだ


そして服は数日 石油臭がとれませんでした  (´・ω・`)




書くのつかれた。。。


つづく かも








p.s
キャンプ場は小野川湖畔 庄助キャンプ場 です

乗用車1台 1000円   
大人2名  2400円
薪 500円 (廃材的な物ですが、常識の範囲で使い放題でした)

混雑していなければ車の乗り入れ可!
カヤックの発着も可能との事や、この辺りではやや安価な料金設定でもあり、
ぼんぼん常用キャンプ場リスト入り♪

トイレはウォシュレット装備 携帯は入ります(ドコモのみ確認)
夜釣り禁止の湖なので、夜の釣り客さんは来ません

お風呂は車で5分ほどに 香の湯(かけ流し) があります
スーパーはありませんが、やはり5分ほどの場所にコンビニはあります





# by usachan_500 | 2019-10-24 20:17 | 旅行


千葉県在住! 近所の写真と生き物と旅行の記録です コメント、リンクも大歓迎なのです!             過去の記事へのコメントに気が付かない事がありますので、その際は叱って下さい。。


by usachan_500

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る