空でも海でも陸でも



いや、別に バビル2世 の話ではなくて   

怪鳥ロプロス空を飛べ♪ 
ポセイドンは海をゆけ♪
ロデム変身地を駆けろ♪



警告色のお話です


ハイ、ここのブログでとっても良く出てきますね~ 警告色!



b0130243_21315110.jpg



もう、ほぼハチですね~

こんなのが飛んできたら逃げますね~
腕に止まろうならばパニックで振り払いますね~

b0130243_21325706.jpg





でもこういう動きを見ると

b0130243_21343475.jpg
ほぼハエ、、、ですわね~~ ^m^



こちらはハナアブの仲間 スズキナガハナアブ かな?
大型のハナアブです  ハチとは全く違う仲間 ハエに近いですね
もちろん刺しません 噛みませんっ




みなさんご存知、警告色ってヤツです
強い毒針を持ち、集団で反撃してくる可能性の高い ハチ のデザインをパクッて 利用して
天敵から身を守っているんですね~



この なんちゃって警告色 を利用するのは空飛ぶ昆虫ばかりじゃない
海にもいまして

猛毒フグのデザインを真似た ノコギリハギ とか色々います

陸でも猛毒の ヤドクガエル に姿を似せたカエルがいたりしますね


毒を作る器官を持つ必要が無く、敵がビビってくれるなら
これはオイシイ戦術ですね~




_________

ここらか与太話日記


インターネットでキーワードを入れて調べモノをしていると
広告に ”自分が入れた単語” が埋め込まれて表示される事ってありますよね~

寝袋 とかを入力して調べていると

寝袋をお探しのあなた ヤフオクならナント1円から!

とか

スゴイ! これが10秒に1個売れてる寝袋!! (んなワケあるかいっ!)


と、勝手に単語が埋め込まれて検索結果に出現するんですが


先日、、、

15cm自走重歩兵砲の威力半径


b0130243_22131234.jpg
と 6ポンド対戦車砲の貫徹能力

b0130243_22133598.jpg

を調べていましたのさ



そしたら ページ上の広告に

ヤフオク!は、誰でも簡単に[重歩兵砲]などを売り買いが楽しめる、日本最大のネット オークションサイトです。
圧倒的な商品数を誇るヤフオク!で、落札・出品してみませんか ? 補償制度もあります  (原文ママ)

で、次の広告に

千葉県で[6ポンド砲]をお探しのあなた、実は損してるかも?! (原文ママ)



どんなだ?!
どんなオークションだ?!  だれでも簡単に重歩兵砲が買えるのか! 険呑すぎないか?!
そして千葉県だとどう損するのだっ?!

と、妙に笑ってしまいましたさ



おしまい (^O^)

# by usachan_500 | 2019-03-10 22:35 | マクロ 昆虫 | Comments(4)

ニッセンストーブのメンテナンス


房総の冬はぼちぼち終わりですが
ここにきてニッセンストーブのメンテです


今回はお役立ち記事 と言う事で、、、



b0130243_17564844.jpg



ニッセン、、 とは言いましたが、ぼんぼん家にあるやつは
東芝ブランドで売り出された KSW-372 でゴザイマス

ブラウンのボディにアイボリーのチムニーです   カワイイな こんちくしょう♪

まぁ、モノとしてはニッセンの小型ストーブ MS-1 あたりと同じものと思ってもらえれば、、、




今日は芯の交換で~す

現在、当時モノの 綿芯 が付いておりますが、消耗や炭化、空焼き時のダメージ、芯のメンテナンスが必要などの問題もあり
ガラス繊維の芯に交換です

※ガラス繊維製の芯に変えると、今までタブーだった空焼きでも芯のダメージがありません
 それどころか故意に空焼きをして芯の焼き切りクリーニングが可能になります
(芯先端に集まったタールや炭を焼き切ききれちゃいます♪)




まずはコレを手に入れます


b0130243_18054938.jpg
63号芯  ニッセンの小型ストーブを持っている方にはお馴染みっすね
SS KS等のニッセンの大型ストーブには合いません
これらの大型ストーブには 82号芯 か トヨトミ第20種芯(トヨトミは要改造) となります



では始めるよ~~ (^O^)




まずはこのレバーを横にずらして、、、
(ニッセンユーザーが毎日触るレバーですね)
b0130243_18102907.jpg





後ろにあるヒンジのピンとプレートを外します
(ピンは針金等で抜けどめされています うちはオートバイで使うβピンに差し替えました)
このプレートって何だろね?  正規の位置も分からないけど、何となく付けてます(笑)

b0130243_18115830.jpg



ほい、とれた
b0130243_18133757.jpg



これでチムニーを本体から分離する事ができます


チムニーが取れたら

この筒パーツを真っ先に抜くと良いでしょう
(今回、私は後で抜いていますが深い意味はありません)

まずは抜け止めのピンを外して~
引っ張るだけで抜けます

b0130243_18142816.jpg


b0130243_18154388.jpg


抜いたら軽く磨いておきましょう


b0130243_18262225.jpg

空気穴の汚れもチェック
ニッセンはアラジンストーブほど汚れやホコリに敏感ではありませんが、一応ね、、
b0130243_18260209.jpg

ちなみにこのパーツを抜くと、、


ご~っそり貯まっていた芯の炭カスが
ごっそり中に落ちてゆきます 
中にある耐震消化装置とおぼしき機械と一番下の受け皿にドバドバ降り注ぎます (汗)
b0130243_18171327.jpg



落ちた炭を(今は)無視して先にすすみます




次に小さな穴のあいた外装カバーを外します
外し方はストーブにラベルで貼ってありますが、読みづらい個体も存在するでしょうね

銀の丸いレバーを押し下げながら
火力レバーを ”てこ” のように利用して回します 

b0130243_18205761.jpg



ほら取れた
b0130243_18235789.jpg



さて次は
この円盤状の板を外します 個体によっては固着していて取りづらいかも知れませんが
グリグリと抜きます  上に引っこ抜くだけ~





b0130243_18265295.jpg


で、チェックと掃除


b0130243_18285731.jpg

次は~

さっきの円盤の下にある またもや円盤を外します
こちらも固着している個体があるかも知れませんが、挟んであるだけなのでグリグリ抜いちゃいます
b0130243_18292634.jpg



この状態になりましたね?!

芯、汚いなぁ~ 形もボロボロで、すでに炎の出かたも均一ではありませんでした
b0130243_18312284.jpg


この状態までもってくれば、いよいよ火力調整ユニットの抜きとり作業にかかれます!


筒を持ったり、火力レバー利用したりしながら、火力調整のユニットごとタンクから引き抜きます
差し込んであるだけですね



こんな感じで抜けますぜ


抜いた後、芯の下端からボタボタと灯油が落ちるので、ストーブにかけまくらない様に注意!


b0130243_18325691.jpg


火力調整のユニットが取れた後の光景
タンク内部なんかをしばし眺めて楽しみましょう (^O^)

ゴミなどが入らない様、カバーをしておいてもいいかも知れませんね


b0130243_18370477.jpg


しばし眺めたら いよいよ核心の芯交換へ!!



火力調整ユニットから古い芯を引っこ抜きマス



b0130243_18403891.jpg



こんな感じ

金色の筒と芯の間に指を差し込だり、芯をつぶしたりして
芯を爪から浮かすと楽ですよ~
爪で指をケガしないように、、

b0130243_19085932.jpg


芯を外した後の内部 
炭粒が付いてますね~

このままではダメなので(芯の上下運動に支障をきたします)
パーツクリーナー等で炭を落としましょう!

レバーを回して、内部を動かしつつ再度クリーニング



b0130243_19112070.jpg


キレイになったらいよいよ新しい ガラス繊維の芯 を装着!

、、の前に 火力調整ノブ を右一杯(芯が最大に上がる位置)に回しておきます


火力調整ノブを回したら
芯を外した時の様に、つぶしたり指を入れたりして新しい芯をウリウリと入れます
b0130243_19151602.jpg


なかなか一発では上手くいきませんので
少しづつ調整しながら差し込んでいきます


最終的にはレバーが右方向一杯の時にだいたいこの位置になる様に
芯をセットします


b0130243_19193474.jpg
芯の位置が数ミリくらい上に飛び出しても大丈夫ですが
(使用時に火力調整で何とでもなります)
金属筒より芯が低いのはダメです 規定の燃焼状態になりません



位置が決まったら、筒内部をチェックして偏ったたるみを指で直します
b0130243_19223241.jpg
たるみをとったらまた芯の位置のチェック!

火力調整レバーを回してみて、筒円周で芯の出かたに偏りはありませんか?!

位置のチェックだけはしっかりやりましょう
テキトーにやる後でやりなおしになって後悔しますぜ


ちなみに綿芯を使用中の方で綿芯のメンテナンスだけをしたい方は
金属筒上端から多めに芯を出した状態(5mm以上程度かな?)で筒にセット 
ノブを右一杯に回した状態にして、だいたいこの位置で芯先をカッターで切りましょう
カッターで切った後は指で芯先を整えます




新しい芯を装着した 火力調整ユニット をタンクに戻す前に
やる事があります

最初の頃、耐震消化装置と受け皿にドバドバ落ちた 炭カス を掃除します
特に耐震消化装置に落ちた炭は作動不良の原因に
(装置に炭が詰まって耐震消化装置を上に持ち上げておけない、セットできない状態になります (*_*))


私の場合は機械を狙ってコンプレッサーで吹き飛ばします

b0130243_19381474.jpg

受け皿の間もね、、



b0130243_19422104.jpg




次は火力調整ユニットをタンクに戻します

b0130243_19445458.jpg



いちおう芯の先を整えておきましょう
(筒の中をうりうり通したからね)
b0130243_19454428.jpg




外した部品をサクサク戻していきます
b0130243_19471525.jpg



b0130243_19475941.jpg

この円盤パーツはこの位置までしっかりはめ込みます


b0130243_19492160.jpg


で、これを戻して 棒の先のストッパーも戻します


b0130243_19505296.jpg


ここのパーツも外した時を思い出しながら戻します
b0130243_19514538.jpg



最後はまたコレを戻して~
b0130243_18115830.jpg



はい終了! お疲れっした~~


早速テストをしたいところですが、芯が灯油を吸うまで我慢
メーカーでは30分程度、、と言っております

もちろん炎を見たくてもチムニーを開けた状態では燃焼チェックできません
もうもうと黒煙が上がりまっせ(*_*)



最後に お疲れ様でした、、の当時モノ綿芯


b0130243_19584473.jpg


今回の記事、どのたかの役に立ったかな~??
立ったならとってもシアワセでございます (^O^)/









# by usachan_500 | 2019-03-06 20:32

河津寄り道





b0130243_19221515.jpg




河津桜を見た後、グランピングに行くんだけど
朝早く動き出したお陰で、チェックインまでちょっと時間が余ったのさ


じゃあ精力的に他にも色々行く??

うん、行かない (^O^)

そこらへんの駐車場に入ってお昼寝だ~~♪

ちょうど海沿いに ”ちょっと回り道をしないと行けない” 隠れた広い駐車場を見つけた
「うん、ココいいな!」



無駄に広い駐車場、、
元は大川グランドホテルの駐車場だったみたい 今は使われていません

b0130243_19364971.jpg


その駐車場で同じく休憩中だったタクシーの運転手の方に聞いたところ
「ん~ 数十年前に廃業したんだったカナ~?」との事でした

「当時はね~ ホテルや施設を建てれば建てるだけ人が来たんだ
放漫経営でもいくらでも儲かったんだ
でも時代が変わり始めた時、変わらずに放漫経営を続けた施設は次々つぶれちゃったんだよねぇ」


そう言えば、熱海、伊東の辺りが新婚旅行のメッカだったり~
社員旅行とかで伊豆にじゃぶじゃぶ人が出かけたり~
そんな時代だったと聞いた事がある



一頃 廃墟の街、消えゆく街だった熱海や伊東はようやくここのところちょっと息を吹き返しています

耐えられなかったホテルの一つがココなのかな、、、

関係ないけど、廃墟系マニアの間で伊豆は鉄板
各種廃墟がひしめきあっている半島でゴザイマス
超過熱ブームの後の超失速だもんね





2つもプールがあったりして豪華な一角

プールだけは近年まで使われていたと言う情報もありますが
もうそんな事も無いのかな?
b0130243_19453276.jpg





駐車場で昼寝をしたり、お弁当食べてまったりしている時

ん? 遠くに何かあるよ??




b0130243_19474745.jpg



温泉っぽい!!

 


行ってみようっと♪

んん~ 海岸を歩いても行けそうだけど、クルマでも行けそうだな、、
クルマで近付いてみる事にした



近くまできた
クルマ降りる


え、、、と ここを下るのか?
入るのか??


b0130243_19492690.jpg


土管の先に何かあるかもしれないワクワク
な~んて




コレ以来の出来事だわ


b0130243_19501906.jpg
思い出し書きしたけど、ビミョーになんか、、







土管をゆく
b0130243_19523997.jpg






おっふ♪


b0130243_19531154.jpg



土管の先にそれはあった


b0130243_20280342.jpg




小屋の受付でお金を払って~ (500えん)


入るっ!


b0130243_19565060.jpg
許可を頂いて撮影しております



いや、ちょっとサイコーじゃないスか ココ!!

伊豆で濁り湯ってあるんだね~
もちろんステキ泉質をかけ流し
500えんでコレはすげーーー


リピート確定



ここは 磯の湯 と言うらしくて、やっぱり伊豆ではちょっと珍しい泉質らしい


ちなみに
b0130243_20003029.jpg
の看板の上にある 赤い回転灯が回っていないときは休館なんだって(面白いな~)

「台風の時なんかは休業なのよ~」 と受付の親切なおばさまがおっしゃっておりました



確かに豪雨の中、あの土管は通れまい、、、






最後に磯の湯の成分表をば、、
b0130243_20045846.jpg


ガッツリ複雑な成分ですね




さて、長々続いた伊豆の旅行もこれでおしまい
読んでくれてありがとう!! (^O^)/





# by usachan_500 | 2019-03-03 20:41 | 旅行

さくら乱痴気






b0130243_19054263.jpg


前回記事の グランピング と前後しますが~


地図でグランピングのエリアをじっと見ていて気が付いた

河津桜 で有名な 河津 にかなり近くね?!」
折しも満開の時期だよなぁ、、、


せっかくだから1回くらい行ってみるか、、、 でもね、、


関東圏の方だと身に沁みていると思いますが、この時期の 河津 に車で安易に近づいてはならない、、、と
もうこれ、ナウシカのおばばが伝える格言レベル


「よし!なるべく渋滞に巻き込まれない様、めっちゃ早朝に 河津 に着くべし!!」

とは言え、房総から河津まで遠いのよ
何時に出発すればイイのさ?!(*_*)

結局、夜に自宅を出発して~
沼津に泊まり~
翌朝早くに河津へと向かう作戦をとった


そして出発の日、yahooのトップニュースで 河津桜満開 の記事がデデーンと


ちょっっ ヤメてっ!!



b0130243_19154743.jpg


出発 → 沼津着 → 泊まる


朝5時  ケータイの目覚まし ぷるぷる 鳴る

「ねみぃーーー .(´_`)  河津桜なんてもういっか?!」 と、一瞬頭をよぎるけど
。。。まぁ行くか


早朝だけど伊豆方面へ向かう道にはそこそこ車が走ってる

全員 河津桜ライバル に違いねーーーー!!
負けねーーーーー!!
全員 河津桜狙い に思えてきた  勝つのは俺だぜ?!

もはや 開門神事福男選び 状態


沼津の郊外までやってきた 「コレ 楽勝じゃん?!」と思った時だ

車列が停車


え”?
え”ぇ?!~~~
b0130243_20040332.jpg
確定 全員河津桜狙いです






この後が笑った

超過密車列状態のまま 全車すんごいスピード で河津へ向かって走る走る(笑)

到着が少しでも遅れたら駐車場に入れない事をみんな知っている

弱い人や倒れた人に手を差し伸べる余裕もない 車列から脱落する=死と同義である
もはやみんな自分の事で精一杯なのだ


親知らず子知らず のコーラスが頭をよぎる

「子を呼ぶ~母の~ 子を呼ぶ母の~ 叫びが聞こえぬか~
 母を呼ぶ~子の~ 母を呼ぶ子の~ すすり泣きが聞こえぬか~」



6時45分ごろに河津到着!


めっちゃたくさんある駐車場だが、もう8割がた埋まっている
各駐車場が分単位で満車になってゆくのだ  。。。スゲーな (@_@;)



何とか駐車できた!
これで一安心~~♪


さて、陽が昇り始めた


水面の桜の上をバンが泳ぐ
b0130243_20182962.jpg



列車から見る桜ってどんな風景なんだろね


b0130243_20221923.jpg



満開でっす!



b0130243_20243912.jpg


b0130243_20231950.jpg


b0130243_20252346.jpg





きれいですね~
心癒されますね~



上を見上げているぶんには(笑)  


b0130243_20270775.jpg
朝9時





歩き疲れたのでオヤツをば、、

おっ ここイイナ♪  桜たい焼き にしようっと


まだ開店前だったけど「ここイイナ♪」と思った人は多いみたい
待ってる間にどんどん列が伸び~る
ぼんぼん2番手♪



b0130243_20401718.jpg


b0130243_20283502.jpg
つぎつぎ命を吹き込まれてゆく桜の魚群

b0130243_20302849.jpg


でけた! 開店です!!
b0130243_20320622.jpg
 
ちゃんと桜餅みたいな味がする~






ほかにも露店がた~くさん(100軒くらい出てるんじゃない?)
色々な物を売ってマス



b0130243_20482737.jpg
乾燥しいたけ いくらあってもいいよね♪




b0130243_20485299.jpg
豆アジの干物~




なんだかんだ、行ってよかったわ


たいやき美味しかったなぁ~~






# by usachan_500 | 2019-03-01 21:34 | 旅行 | Comments(10)

豪華にいこうぜ





b0130243_20063456.jpg


ぼんぼん、普段はわりと質素なキャンプをしたりしている


冬山登山の時なんかはまぁしょうがないケド
オートバイやクルマで行くキャンプ場でも割と地味だ


豪華っぽい道具と言えば 簡易焚き火台 と

b0130243_09133568.jpg


折りたたみ座椅子くらいなものか


b0130243_09135379.jpg






。。。まぁ、言ってしまえば 若干しょぼい子  (´・ω・`) なのである




そんなぼんぼん考えた

最強最高の贅沢キャンプを味わってみたいっ!!



贅沢キャンプと言えば

オートキャンプ?
高級な有名キャンプ場??



いや、それすら生ぬるいわっ!!




グランピングですよ!!!!





ねぶくろ? マット?

b0130243_21274907.jpg



ストーブ? コッヘル?

b0130243_21283756.jpg




早速調べた

わりと房総に多いのね~

。。。ってか、うち、房総じゃんか
房総に泊まるのはちょっと日常感漂うなぁ~ 

他の場所は、、、と (キーボードカタカタ) 
お? ここイイナ ♪  栃木県ね、、


「え”? 一泊5まんえんッッ?!」


無理だ ぜったい無理だ  _| ̄|○ ガクっ



しつこく調べたら 伊豆でもうすこしリーズナブルな場所を見つけた
失効間近のポイントを使えば1人 1万数千円 で泊まれそうだ

ココにキメタ!!

( 最強、最高贅沢キャンプと言いながら、早くもブレる ) 







現地に着くとまずは ちっちゃなモノレール に乗って移動

b0130243_21062555.jpg
すんごい斜度をぐいぐい登る (@_@;)

愛媛のミカン畑フラッシュバック



モノレールを降りた後はさらに 電動カート に乗って受付テントまで移動



b0130243_21082021.jpg


この電動カート なんと無人運行!


b0130243_21092605.jpg


後部座席で無人の運転席を見る、、 何だか不思議な気分  たのしス177.png



このカート 命令を受けて無人のまま行ったり来たりしてる
何も知らないで夜にこの光景を見たら ちょっとしたホラー、、、



ここの施設のテントはこんな構造
超でっかいテントの中にでかい住居用テントやテラス部分がすっぽり入ってるカンジ
b0130243_09505329.jpg
我ながら絵、上手いな~ ^m^ 

こんなテントがいくつか並んでおります




さて、自分のテントに入るよ~~!

b0130243_21215006.jpg
冷暖房完備
テラスにはハンモックとミニ足湯温泉があるのだ





ウエルカムドリンクっ!
b0130243_21223914.jpg



ばんごはん


自分で作る??
ノンノン!

そんなのはしょぼいヤツらのやる事ですよ (上から目線)


スタッフが自分のテントまで来て、全てセッティングしてくれまっさ!!

b0130243_21323656.jpg
魚介とお肉のバーベキューッす




後ろの机では 白身魚のチーズリゾットが「ぷぅぷぅ」と待機中
b0130243_21341529.jpg

晩ご飯の後は貸し切りの かけ流し温泉 へ

一部の壁が無くて外の風景がそのまま見える
露天と内湯のあいのこみたいな温泉ッス
明るいうちに入るとオーシャンビューでござる (^O^)



温泉のあとはキャンプファイアーを楽しむ

もちろんスタッフが全てセッティング済み

持ってきたお酒を楽しもうっと!!



b0130243_21542458.jpg




キャンプファイヤーを囲んで、初めて会う他のお客さんと盛り上がる
まさかグランピングでこういう展開になるとは思わなかったわ ♪

個人の ”焚き火” は魅力だけど、キャンプファイヤーみたいに人が一カ所に集まる、、
っていうのはこういう嬉しい事があるんだね~

さすがにみんなで肩を組んで
♪ 燃~えろよ 燃えろ~よ 炎よ燃~え~ろ~~ ♪ 
なんて歌ったり 「最後はハミングで~」 なんて事にはならなかったケド (林間学校かっ!)




さてと、、 たっぷり飲んだからシモンズの ベッド で寝ようかな

あぁ、テントに戻る前に歯磨きとかトイレに行っておかなきゃ




な~んて しょぼい心配は無いっ!!



テント内に洗面所とウォシュレットのトイレ完備っすわ (@_@;)
b0130243_22071701.jpg

b0130243_22073462.jpg




翌朝、朝食も全てスタッフがセッティングしてくれまっさ!


上げ全据え膳、冷暖房に温泉、快適なベッド、、、
こういう世界があることを楽しませて頂きました!!!


さて、次回からは愛すべき、しょぼいキャンプに戻るのです

何も無く、寒くて、暑くて、雨が降ればシオシオで
星空と焚き火と少しのお酒があればイイ  あの最高の贅沢 しょぼキャンプ 生活へ (^O^)/






# by usachan_500 | 2019-02-27 09:57 | 旅行 | Comments(6)

ちょいとフライングな春に遊ぶ




ちょいと早い春を「ほほぅ!」 と眺めつつ~




b0130243_19081414.jpg




ついでに「やっほ~い♪」 と泊まってきました (^O^)♪


b0130243_19123223.jpg








b0130243_21512097.jpg



写真とりまとめ中~





# by usachan_500 | 2019-02-25 21:57 | 旅行


千葉県在住! 近所の写真と生き物と旅行の記録です コメント、リンクも大歓迎なのです!             過去の記事へのコメントに気が付かない事がありますので、その際は叱って下さい。。


by usachan_500

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31