ホバリングできるのできないの





いよいよ冬の房総ですが、暖かい日にはた~くさん ハナアブさん が散歩に出ています

b0130243_19511588.jpg



ハナアブは飛翔マクロを撮る為に存在しているんじゃないか?
というほどホバリング(空中で停止すること)好きな生態ですね(^O^)


昆虫のうち99%は翅を持っているとも言われますが、ホバリングできる昆虫って実はそんなに多くない。。。

多くの昆虫は飛ぶ事は出来ても
急加速からの急停止でホバリング→急発進→後退→ホバリング なんて真似はできない事が多いですね!
昆虫それぞれの飛翔の技術、得意、不得意は色々ありますが、きめ細かな飛行という点ではコレはすごい事


昆虫の中で特に精密な飛翔技術を持っている仲間は何と言っても ハナアブの仲間とトンボ(特にヤンマの仲間)、
スズメガですかね~

トンボはご存知4枚翅
4枚の翅をそれぞれ動かす事ができるので、かなり高度な飛翔技術を持っています

その点、ハナアブの翅は2枚!
機械なんかで言えば、同じ機能を持った装置なら部品数が少ないほうが技術が上
たった2枚の翅でほぼ最高の飛翔技術を持っていたりするのですなぁ~  ハナアブ スゴイ (@_@;)

ただ最強万能とはいかず、トンボや蝶の様に翅を止めて風の力だけでグライダーの様に滑空、上昇する事はできません


ちなみにハナアブは進化の過程で4枚翅を2枚翅に進化させました(大昔4枚だった頃の痕跡はある)


b0130243_20023425.jpg


ちなみに蝶の仲間もホバリングしている様に見えますが、アレ、正確には
すんごい大きな団扇みたいな翅で身体を「ブワッっと」浮かしている状態なので、正確にはホバリングではありません
(言葉で表すのって難しいな、、)

蝶の仲間でホバリング出来るのは スズメガ ですね 
こちらは昆虫界最高レベルの飛翔技術を持っています ちなみにスズメガは4枚翅です

同じくカブトムシとかもホバリングしている様に見えますが
アレは身体が重すぎて飛んでいるのが精一杯なだけ~(笑)


関係無いけど ゴキブリがホバリング したらやだなーーーーーー



ハナアブ は ハエ の仲間ですが
ハエの多くは飛翔能力は高いのですが、安定したホバリングが出来ません


そこに目を付けた道具がコレ

b0130243_20104718.jpg

いにしえの賢者の道具です
ハエ取り棒、、とか言うんだっけかな??


天井に止まったハエに筒の先っぽを当てます → ハエ、異変に気付きトビマス
するとハエは筒の中でうまく飛べず、図のように筒底の水に「ぽちゃん」です(*_*)


この道具をホバリング大好きな ハナアブ に使ったらどうなるんだろう???


今度 ”ただの筒” で試してみようっと!
さすがに飛べないかな~ とは思うけど、、







by usachan_500 | 2019-01-07 20:56 | マクロ 昆虫 | Comments(12)
Commented by 熊鹿夫婦 at 2019-01-09 04:34 x
蜂鳥も凄いと思ってたんだけど改めて昆虫世界に感心しました。ハエも虫眼鏡で見てると案外面白くモノマネ出来るレベルになりやした
Commented by 大阪のおっちゃん at 2019-01-09 07:48 x
お早うございます
ホバリング、先日初めてオスプレイの飛行を見ました
横田にきたのですね。

ハナアブの飛翔マクロ、お見事ですね
この静止画像、やっぱ少しストロボの効果が入ってるのでしょうか
ちょこっとその気になると、こんな凄いお写真を
撮ってこられる ぼんぼんさん に脱帽
早速のお手並み拝見、ありがとうございます。
Commented by ぼんぼん at 2019-01-10 09:16 x
熊鹿夫婦さま
あけおめです♪ 長期雪国旅行だったのですね~
羨ましス!!

ハエのものまねとなっ(@_@;)
上司や顧客の前で揉み手しまくる、、
ぼんぼんが真似出来るのはこのくらいでしょうか
Commented by ぼんぼん at 2019-01-10 09:23 x
大阪のおっちゃん様
ヘリと言えばホバリングですね!
画期的な人類の開発ですが、小さな昆虫の飛翔に全く敵わないのが現実です
昆虫の機動が出来るヘリ(飛行機)ってまだ無いんですよね~

燃料なんかもわんさか積んで、うっかりすると最初に垂直に飛び上がるだけで燃料の多くを使い果たしてしまったりします そのへん、ハナアブはちょっとの蜜を吸うだけで飛びまわれますもんねーーー(@_@;)

こちらはストロボ使っていないんですよ~
ハナアブは長時間静止するのでとっても撮りやすいです♪
あとは画像の処理を少しやった程度でしょうか、、
Commented by 熊鹿夫婦 at 2019-01-11 07:52 x
蠅のモノマネ…嫁には好評です…人前でやめろと…
Commented by ぼんぼん at 2019-01-11 09:18 x
熊鹿夫婦さま
人前ではやめろと?!

ま、まさかレストランとかで他人の食事に飛んでいって、
料理を舐める、、
とかじゃないですよね (@_@;)

シールドにぶつかってきて爆ぜるとか、、 それはムリか

見せてもらったらお礼に 蚊 の真似を見せます♪
Commented by Sippo5655 at 2019-01-12 22:24
遅らばせながら新年明けましておめでとうございます!!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

アブのホバリングは、見つけるとついつい
カメラを向けてしまいたくなります(笑)
交尾飛翔で、メスはただぶら下がっているだけというのも
アブの奥様って、、いろいろ想像が^^;
次にカメラ向けたくなるのはオオスカシバかな。
とにかく透明モノに弱い私でして。
おっと、ミツバチもいたっけ。
あれは速過ぎて疲れます。
今後の更新も楽しみです(o^-^o)
Commented by masa4790 at 2019-01-13 09:57
ぼぼ~ん♪
なるほど~
虫の飛行技術がいろいろあるとが知らなかったです!
さすが、ぼんぼんさん!
良く知ってるね~!
しかし、良く動いている虫をピントを外さずに撮れるなあ!
Commented by ぼんぼん at 2019-01-13 10:59 x
sippo様
あけました おめでとうございまっす♪

ハナアブさんはよく静止してくれるので嬉しいです
「だいたいこのへんでホバリングしてくれるかな~?」
っていう目算通りの場所で(笑)

交尾飛翔、ある意味すごいですね
もうひとり分の体重を持って飛べるんですもん
トンボあたりを見習えと言いたいっ^m^

透明モノは撮り甲斐ありますね!
背景、光を活かした昆虫マクロ、素敵です
Commented by ぼんぼん at 2019-01-13 11:07 x
masa様
こんちゅうって「ぽわーん」と飛んでるだけのイメージですが
昆虫の数だけ飛び方に違いがあったります
それぞれがかなり工夫、進化したシステムを持ってますね~
(まぁ、翅を退化させた種もいますが、、)

ハナアブは空中停止するので、MFでゆっくり眼にピントを合わせやすんですよ
飛びモノも含めてマクロ写真でAFって使ったことないなぁ、、
もしかして便利なのかな? 眼以外にピントが合ったりしちゃうのかな?  ん~ 分からん^m^
Commented by 龍乳 at 2019-01-13 18:06 x
ホバリングの話し、面白いですね!
ハエ取り棒、初めて知りました。
コレを考えた人はハエがホバリングできないと知ってて考えたんですかね?
すごいなぁ。
Commented by ぼんぼん at 2019-01-15 19:26 x
龍乳さま
ホバリングが出来るのがエライ!
って訳でもないのですが、やっぱり高度な制御、パワーが必要なのは事実です

ハエ取り棒、昭和初期くらいまでのアイテムだった気がします 古道具屋さんで見た事があります

殺虫剤や放射線で不妊化した雌を使う現代を思うと、何だか牧歌的な道具でゴザイマス


千葉県在住! 近所の写真と生き物と旅行の記録です コメント、リンクも大歓迎なのです!             過去の記事へのコメントに気が付かない事がありますので、その際は叱って下さい。。


by usachan_500

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る