その湯 濃厚につき




先日、J子嬢のご両親の墓参に行った

うちから墓地のある水戸までは日帰りできるけど、ちょっと疲れる、、、
といったビミョーな距離


う~む せっかくだから墓参がてらちょっと足を延ばして観光しよっか?
という運びになった


ビジネスホテルや車中泊でもいいんだけど、この際温泉でも泊まろうかね

折しもその日、友人の まさっち とその奥様の うひひさん が「ぼんぼん家に遊びに行きたい」とおっしゃるので
「宿待ち合わせで一緒に泊まる~?」と持ちかけたらオッケー♪
そんな楽げな運びとなり、墓参のあと宿に向かったのだった





b0130243_20044987.jpg



今回選んだのは 北茨城にある 湯の網温泉 鹿の湯松屋
こんな所に温泉宿がっ?! って感じで農村のはじっこにポツンと佇む一軒宿だ


なんでここの宿を選んだのかと言えば

泉質 ♨(^O^)

フツーに良い泉質ごときじゃツマラナイ
行ける範囲でありったけ変わった泉質を探してみたのだ

あと夕食にキンキの塩焼きが一人に丸々一匹出される、、 というのもココロ揺さぶった
キンキと言えばぼんぼん家の キンキ事件 が有名ではあるが、それはこの際カンケー無い



雲ひとつない空の下をオートバイでふんふん走り、宿に着いてしばらくすると まさっち夫婦 も到着
じゃ、とりあえず温泉でも入ろうかね~~


b0130243_20192151.jpg


ト・トマトジュースですか?! (´゚д゚`)!

若しくは断水の後に出てくる水、、、

うん、これを待っていました



入りつつ 舐めてみた飲んでみた

ほどほど鉄分+若干のナトリウム+硫黄臭ちょっと
思ったよりスゲー味ではない

若干キシキシする多少硬質のお湯かな?  身体の暖まりはかなり◎
北茨城の温泉は数あれど、この摩訶不思議な泉質はここくらいしか知りません


湯船から浴槽から壁から蛇口から桶から もうそこらじゅう鉄さび色に変色だ!
う~ テンションあがるぜ!!

オートバイのレストアラーとしては サンポール・リン酸処理したくなるアレだ



浴室内はこれでもかとレトロモダン
キュートな手桶入れにテンション倍率ドン! さらに倍!!

b0130243_20365895.jpg




もはや洋風レトロモダンなのか  和風温故知新なのか
いい! いいぞ!!

b0130243_20382692.jpg


b0130243_20405548.jpg




脳に効能があるのでかなり頭が良くなったはずです 
良くなった脳は脱衣所に忘れ物をして部屋に戻ってしまいました
b0130243_20420215.jpg





湯上り、ちょっとロビーでまったり
なんかいいな~ 落ち着く、、、
ストーブの後ろに扇風機っていうのが季節の難しさと、ここが温泉なのだと教えてくれる


奥にポスターが貼ってあるね??

b0130243_20435738.jpg





ん~~???
b0130243_20451983.jpg











夏の扉にして青い珊瑚礁


b0130243_20454441.jpg
81年当時のポスター(*´∀`*)  ハ~イ!一重まぶた。。。





その後はお部屋で夕食&飲み
食事の写真撮ってないや~

ちなみにキンキの塩焼き、わざわざ北海道から仕入れているとの事!
超ブランドじゃないですか  市場価格だと1匹数千円ですわ!!
めっちゃウマイ ♪
このキンキの塩焼きを楽しみに宿を訪れる方も多いのだとか、、、
鹿の湯松屋のご飯はぜんぶおいしいよ!





楽しく飲んで話してオヤスミなさ~い
いやぁ、楽しすぎた (^O^)



翌朝

b0130243_21020809.jpg
元々は自炊+布団持ち込みの湯治宿だったとの事、なんか分かる雰囲気





わりとギリギリにチェックアウトして~
宿から10分ほどの場所にある大津港に寄ってみる




おおっ
b0130243_21004529.jpg
釜揚げしらすの量り売り めっちゃ欲しい!
でもバイクだから無理なんだ~~





おおおっ
b0130243_21014505.jpg
のどぐろ1串300えん めっちゃ欲しい!
これも積んで帰れないんだ~~

分解して袋に入れれば持って帰れたな、、 と今になって思う 




この後はまったり高速を走りながら、まさっち夫婦と一緒にお昼を食べて解散



墓参はどこへやら、楽しい温泉ツーと相成りました!!







おまけ
鉄分の温泉や錆に触れて布地に汚れがついてしまった場合(取れないのよね~)


b0130243_21540401.jpg
ハイドロハイターをお使い下さい
鉄分、泥汚れに特化したコアな漂白剤です





おしまい








by usachan_500 | 2019-11-18 21:46 | ツーリング | Comments(14)
Commented by masa4790 at 2019-11-18 22:40
ぼぼーん♪
おっ!
温泉の詳細レポ!
こんな貴重な温泉とは、知りませんでしたぜ!
とにかく、温泉の泉質、レトロな雰囲気、めっちゃキンキの美味しかったこと♪
どれも最上級でした!
久しぶりの飲みも楽しかったね♪(早めに撃沈したけど・・)
やっぱ、みんなで行くと楽しいや~
ツーリングも良かったし、とにかく楽しいひと時をありがとう!
感謝、感謝ですう!
Commented by ぼんぼん at 2019-11-18 22:51 x
masaっち様
とにかく妙な泉質だと思います(いい意味で♪)
この宿の近くの温泉(以前泊まった事がある)は透明で特に特徴の無いお湯でしたよ~

こういうスタイルのマスツーリングもいいッスね

綺麗でハイカラな温泉も◎ですが、こういう宿もまた◎ですね!
探せば面白くてステキな温泉ってあるもんですね~
また急に誘うかも知れません
よろしゅう<(_ _)>
Commented by さら at 2019-11-19 08:29 x
ぼんぼんさん おはようございま~す☀

ぷぷぷっ(≧▽≦)
朝から笑わせてもらいました!

バイクお泊り旅のことはmasaさんご夫婦の記事に飛ばせ
温泉詳細レポに(笑)キンキ事件も覚えてます!
写真を見ながら読んでいるとこちらの温泉のよさが
よーく解りましたわ(^^)v
脳にヨイ!これは珍しい!ホンマ?(笑)
夫婦で行かなければ(^▽^;)♨
レトロでイイお湯の温泉最高ですね。

懐かしのJ子ちゃんの30年前のCBX250
ちょっと乗らせてほしいな(笑)
Commented by ぼんぼん at 2019-11-19 19:55 x
さら様
食事と飲みの写真撮ってねぇ~(*_*)
、、と思ったら、masaさんがしっかり撮っていて助かった

キンキ、煮物は時折聞きますが塩焼きって珍しい~
とワクワクしてました
脂が乗りまくって◎でゴザイマシタ!

不思議な泉質の温泉って、玉川温泉とか豊富温泉とかの有名ドコロじゃなくても探せばあるものですね
今回は濃厚鉄分風呂でした~
ここの温泉、水道管が痛んでいても発覚しなそう(笑)

CBXさん、85~86年の発売ですので
ナント35年前のバイクでした
原付スポーツバイクとほとんど同じ大きさ(車体部品も本当に原付の物を使っていたりします!)ですので、
さらさんが乗ったら膝と肘がくっ付くと思います♪

セロー250より軽い上に30馬力近いので、峠の下りなんかでは手がつけられない速さだと思います(@_@;)
Commented by Sippo5655 at 2019-11-19 21:13
赤い温泉!?(◎-◎;)!!
こんなのあるんですね^^;
脳に効くって、一体どういう原理ででしょう^^
お友達ご夫婦と楽しいひとときを過ごされて
またお食事も美味しかったとのこと、
素敵なひとときとなりましたね(*´∇`*)
のどぐろって、美味しいお魚なのですか。
スーパーで時々見かけますが
よくわからなくてスルーしてました^^;
Commented by ぼんぼん at 2019-11-19 21:40 x
sippoさま
赤い温泉って時折ありまして
赤い衝撃とか赤い運命とか、、 それは山口百恵(*_*)

泥由来の赤だったり、鉄由来だったり、関東近郊の赤褐色透明な温泉は昔の植物やヨード由来だったり
色々あるみたいですね
それぞれに入浴感が違って面白いです♪

脳の効能、、 そりゃあもう湯船に漬かって5分もすれば
脳の回転が速くなるのを実感
10分もあれば賢者になるのを感じます
、、、うそです  「リラックスできて脳も休まるよ」
ってニュアンスらしいです(笑)

のどぐろは超高級魚の1つです
様々な料理で美味しさを発揮する様ですね
写真のミニサイズはなかなか使いどころが難しいかもです
Commented by 92robin at 2019-11-20 16:28
いや~なんですか!
ちょうどね、ここ気になっていたところなんですよ~。
やっぱり行こうっと♪

それにしてもただ貼ってあるだけなのに保存状態のよい
ポスターですね。
Commented by ぼんぼん at 2019-11-20 20:05 x
92さま
やっぱり~~?!

おされスパより鄙びた湯治宿
一般客室より湯治部屋(湯治部屋にこそ魅力があるッ)
そして泉質
そんな楽しみ上手な92さん(勝手に決めるなって?)
が目を付けてると思いましたよ(^O^)

古町温泉、赤岩荘に似た湯かも知れません
行かれる時は捨てタオルと濃色シャツをお忘れなく(笑)

もしここでうちのCBX250Sと鉢合わせしたら
カジュアルスポーツとの熱い86年当時不人気シングルバトルが始まるかも♪ こんど乗せて♪

ポスター、確かに「色褪せてないな」とは思ってました
フツーは白化しちゃうんですけどね~
もしかして雰囲気確信犯で、複数持ってって貼り替えていたりして ^m^
Commented by uhihihihi at 2019-11-20 21:00
ぼぼ~~~~ん♪
いや~~~赤いお湯 いい温泉だったね!
あったまったーーーー!!!
キンキも美味しくて最高!
お料理の量もちょうどよかったし、
久しぶりにみんなで飲み会も楽しかったよ~~~♪
抜けるような青空の気持ちよい旅でございました。
ありがとうござました~~~♪♪♪
松田聖子のポスター全然気づかなかったよ(`艸´;)
Commented by ぼんぼん at 2019-11-20 21:44 x
うふひひ様
ほんっと!オモシロ暖まるお湯でしたね(^O^)
来てくれてアリガトーーーー!

そうそう、普通の?旅館って料理が多すぎて
「うっぷ切ない。。」となってしまう事も多いので、
とっても良かったです
みんな普通の旅館のゴハン、食べ切れてるのかなぁ
ぼんぼんには到底ムリですわ(汗)

天気も最高 夏~秋の週末の天気が全滅状態だったらか
嬉しさもひとしおでしたよ
一年中こんな気候ならな~~

ロビーの松田聖子さん、、我々は泊まりで部屋を持っていたから、ロビーでまったりする必要がなかったですからね
気が付かなかったと思いますよ!
偶然ウロついてて気がついたのでした
Commented at 2019-11-20 21:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ぼんぼん at 2019-11-20 22:33 x
鍵コメさま
(^O^)
Commented by 龍乳 at 2019-11-22 19:52 x
温泉宿、スゴいですね!
茶色の温泉にもビックリしましたが、ロビーがスゴい!!
ポスターもスゴいけど、扇風機・テレビ・ソファーとか見ても、「あぁ昔こういう旅館に泊まったなぁ」という気分になりました♪
いまだにこんなところがあるんですね!

茨城、ひとつ上の県だけど北の方はかなり遠いんで、ほとんど行った事がありません。
久々に行ってみたくなりましたよ。
Commented by ぼんぼん at 2019-11-23 19:18 x
龍乳さま
うふふ♪ な~んか懐かしいですよね
民宿なんかに行くと時折見られる光景です
ここにタヌキやキジの剥製でも置いてあればカンペキです

北茨城、うちからだと相当遠いですが、龍乳さんの場所からなら-2時間ほど近いですね
(、、にしてもけっこうありますが)
長野県とかと違って、ちょっと地味~な感じの場所ではありますよね(苦笑)


千葉県在住! 近所の写真と生き物と旅行の記録です コメント、リンクも大歓迎なのです!             過去の記事へのコメントに気が付かない事がありますので、その際は叱って下さい。。


by usachan_500

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31