カテゴリ:未分類( 158 )

でんき。。。



b0130243_15484192.jpg




ぼんぼんが住んでいるのは房総

で、皆様ご存じ台風15号がやってきまして~~


暴風のピークと時を同じくして停電  
夜3時頃だったかな?  部屋の非常灯が突然点いたので気が付いた
「停電する可能性が高いって言ってたもんね」

「ま、朝起きてる頃には復旧してるべ」と考えてた


朝、まだ復旧してない
「ま、数時間で復旧するべ」

それより敷地の清掃しなきゃだ!
落ち葉と枝でしっちゃかめっちゃか!!

ぼんぼん家の敷地は無駄に広く(まぁ、ひとつの山だからね) ちょっとした学校の敷地くらいあったりする
訳あって、今回はそれを4日以内で片づけなければならない。。。 うわぁ

それもキホン1人で (´;ω;`)

J子嬢は「一応会社に行ってみる」と積もった葉と枝をジムニーで
バキボキクシャグシャいわせながら出勤して行った

信号は消灯してるわ、そこらじゅう通れないわ、増水してるわで散々だったらしい



さて、落ち葉と言っても、ササッと掃けば、、と思っているアナタ
甘いッ!
6畳ほどの面積を掃除するだけで、軽トラ1杯分になるのだ
(森の中ってヤベェ)


枝と言っても、、 枝でしょ と思っているアナタ
甘いッ!
枝と言っても一般家庭の庭樹サイズぐらいあるのだ
(森の中ってパネェ)


b0130243_15445798.jpg
軽トラより長いッス 女性だったらたぶん持ち上げられない重量




台風一過、晴れたのは良かったんだけど、アチぃ (*_*)
35℃とかナシだわ
その中での撤去作業は泣けた。。。


水も止まっていたので、お風呂に張ってあった水で行水
ぷはぁ~ 生き返る ♪


役場の応援チームのスポット参加や J子嬢が会社を休んでくれての参加もあり、撤去作業は目処がつきはじめた
これならあと2日で終わりそうだ!

緊急の懸案だった撤去に目処がつくと、次に気になってくるのは日常生活だ



ぼんぼん家はド田舎なので一切の支援が無い想定で1~2週間暮らせる様にしている(つもり)
食料、水の備蓄はもとより 燃料は最大でガソリン50リットル 灯油は200リットルを備蓄
台風前日に嫌な予感がして全部の車のガソリンも満タンにしておいた
複数台あるバイクのタンクのガソリンと合わせれば何とか持ちこたえる事ができるはずだ

作業の疲労を緩和する為にも少し快適にしなくちゃ、、と言う事で
まずは可搬式の発電機を回して 冷蔵庫、部屋の照明、扇風機を稼働させる
お風呂に入りたい時はポンプに発電機を繋いでポンプアップで浴槽に水を貯める

とにかく1番役に立ったのは発電機!

もっとも発電機は都市部では騒音や周囲の心情を思うと使いづらい部分がある
田舎ならでは、、 なのかも知れない



災害時は登山、キャンプの道具がかなり頼れる とはよく言われている
これは本当にその通りだと思う
うちは電源が無い 山や島 で長期過ごす旅行スタイルだった事もあって
そのテの道具が割と豊富だったのは幸いだった



b0130243_17330008.jpg
大型ランタン×2 小型ランタン×1 ソーラー式ランタン×3(かなり明るい 昼間充電すればだいたい一晩使える)
ソーラーチャージャー (4枚パネルのヤツはコンセントの急速充電並のパワー 3~5A出力可能)
10000mAh以上のモバイルバッテリー×2 ヘッドランプいくつか
この他、写ってないけど充電式大型サーチライトやコンロや色々と、、、




ランタンが複数あったので各部屋、トイレ、お風呂に配置できるのは割と便利だった
電池式、充電式、ソーラー式はそれぞれ一長一短があると思う

ちなみにソーラー式はおもちゃみたいなヤツを買うといざと言う時、絶対に使用に耐えない
おススメは solar puff (後継機は CARRY THE SUN と言うモデルらしい)
過酷な条件の登山でも充分に使える信頼性と明るさを持ち、登山に行くと様々な場所で見かけるほどポピュラーなもの
場合によっては命がかかる登山でそれほど使われている、、と言う事は信頼の証なのだ




あとは地味だけど、水タンク
水を出しながら両手が使えるのは大きなメリット
b0130243_17504863.jpg



そんなこんなをしているうちに電気が復旧
丸々4日間の停電でゴザイマシタ


停電3日目 近所の街の駐車場にて
b0130243_18230998.jpg


電力会社、電気工事業者さんの高所作業車、穴掘建柱車、、、

50台くらいいるんじゃないかな?

東電、関西電力、中部電力、電洋社、他事業社 日本各地から集まってます <(_ _)>
自衛隊も出動して救援活動中 <(_ _)>   
習志野の第一空挺団が災害出動しているのにはオドロイタ!!(特殊部隊みたいなパラシュート部隊 陸上自衛隊最精鋭の1つ)

日本各地の色々な方に支えてもらっています



さて、今回4日間の広域停電で気がついたこと

 携帯電話は自分の電話が満タンでも基地局が非常用バッテリーを使い果たすと機能停止して通話、通信できません
  急ぎの連絡がある場合、停電後24時間以内が良さそう
 携帯のアンテナ表示が何本立っていても使えない(相手の声しか聞こえない等、不思議な挙動も)事がありました
 最寄りの基地局が機能停止しても、それなりの距離の移動ができれば生きてる基地局を見つけられる場合があります
 発電機を存分に使いたい(冷蔵庫、エアコン、家庭用ボイラー、照明他)場合は
  インバータータイプ2.5kVA程度がいいと思います (メーカー品で10数万円ほど) 
  機械、エンジンの知識が少ない方ほどメーカー品を選んで欲しいと思います  始動、操作、長期保管後の始動も楽です
 お風呂に水が貯めてあれば圧倒的に有利!! 雑用の他、トイレを流せるのも大きいですね
  ただ小さなお子さんがいる家庭だとちょっと心配なトコロがあります
 水タンクはやっぱり便利 水の運搬にも使えます 収納が楽な折りたたみ式もあります
 予想出来る災害の時は、事前に車の燃料は満タンに! 停電すると給油できません
 プラグインハイブリッド車+ソーラー発電が最強らしい(笑)
  日中はソーラーで車に充電、夜は車の電気を家で使う バッテリーが減ったらエンジンで発電
  専用機器を使えば家一軒を給電できる車種もあります
  三菱アウトランダーPHEVは反則レベル!  あれは発電機じゃなくて発電所ですわ



まだまだ復旧していない地域や、家屋、家財に損害が出てしまっている家も多いです
本当に心が痛みます、、、 


ぼんぼん家は重大な被害は無く、停電で不便なだけでございました


ただ50kmほど離れた所にある実家の屋根が丸々剥がれ、近所の車、家屋を破壊しまくってしまい
さて、支払いをどうしようか、、 という近況でゴザイマス (*_*)



おしまい





by usachan_500 | 2019-09-18 09:22 | Comments(12)

Bettyに会いに






b0130243_08410101.jpg




今回は訳あって全てスマホ撮影の写真となります (^O^)/




河口湖自動車博物館(の飛行館)に行ってきました!

目的はコレ!!



b0130243_08563904.jpg



一式陸上攻撃機 連合国での通称はBetty!
太平洋戦争時の日本の機体ですな


その高性能に期待をされていた悲運の双発爆撃機
正確には攻撃機 (バクダンも積めるけど、主に魚雷でフネをやっつける目的のヒコーキ)

高い飛行性能、航続距離と引き換えになった脆弱な防御性能
もともと味方の制空権の傘の下、遠くまで飛んでいって、敵のフネに魚雷をお見舞するコンセプトだった
運悪く敵の空母でもいない限り、フネ相手だとそこまでの反撃は喰らわないから
スピードと航続距離重視で陸から「ピューンと飛んで行って、魚雷落としたらさっさとトンズラ」を目論んだ

フタを開けてみれば敵地のまっただ中にバクダンを抱えて飛び込む事も多かった、、、
敵地ともなれば敵も地上から必死の反撃 そしてわらわら上がってくる迎撃戦闘機

やがて日本は各地で制空権を失い、敵戦闘機がぶんぶん舞う中、護衛もナシで強行作戦
高性能とは言え、戦闘機にかなうワケもなく、さらに当初のコンセプトが祟った弱い防御力


もう完全なカモ状態 148.png  分かっていてもやるしかなく
膨大な数の一式陸攻撃が散っていきました

数千機が製造されましたが、現存はこの1機のみ、、、




そうそう、なんで今回はスマホ写真なのかと言うと~

コレ

b0130243_09062013.jpg

以前は撮った写真をネットに上げる事もダメ
、、、だった様子ですが チョット緩和されたみたい (^O^)

あ、ちなみにトップ写真はここの敷地に置いてあった昔の消防車です



ここの博物館、実に変わっていまして

開館しているのは1年のうち 8月の1か月間のみ! たった31日!!
普段は古い飛行機や車の復元作業などをしている私設の施設
ご厚意で1か月だけ公開されるんですなぁ


つまり一式陸攻が見られるのは世界でここだけ、それも31日間のみとなります
一式陸攻の他にも


ハ45エンジンとか (誉エンジンの陸軍版 四式戦闘機疾風のエンジン)

b0130243_09335703.jpg
OHVですなぁ


b0130243_09341265.jpg



アツタエンジン(当時の日本にしては珍しい水冷式 ドイツDB系エンジンのコピー)


スーパーチャージャーのインペラってもっと複雑怪奇なのかと思ったら
作業用のブロアーと変わらない感じなのね!

b0130243_09372133.jpg


たまげたのはこのエンジンのピストン
ボア(直径)が15cmにも及ぶのだ !(@_@;)!

b0130243_09393299.jpg

ディーゼルならアレだけど、ガソリンエンジンでこのボアサイズって、、、
10cm程度が燃焼効率の限界と言われる中でコレ!
効率を無視してでも排気量を増やしたかったのかなぁ

実は航空機用エンジンのピストンのボアってだいたいこんなサイズだったりするみたい

ちなみに総排気量は34リッターほど  




大戦末期の高性能エンジン 誉
複雑だし、色んな理由で日本の製造精度、整備能力もすっかり落ちてしまって
あんまり信頼できない高性能エンジンだったみたい、、、(T_T)

きちんと整備すれば◎だったそうな

b0130243_09475690.jpg




大好きな一式戦闘機 隼

b0130243_09514564.jpg
着実に進化を遂げて、大戦末期でもそこそこ活躍
最後までその扱いやすさ、旋回性、ダッシュ力は出色であり 
末期の超高性能アメリカ戦闘機でも要注意な相手だったそうな






おおっ?  キミは シコルスキーH-19C??

ナント 星型エンジンを機首に積んでる黎明期のヘリ 自衛隊も使ってたっけな
プラモ持ってるわ~ ^m^

なんかラピュタっぽい
b0130243_09544313.jpg




星型エンジンのクランクケース
クルマやバイクとはもう概念が違いますな
潜水夫がかぶりそうなデザイン  、、ってか、スタッドボルト多いな
b0130243_10020112.jpg





F-86F
このヒコーキの口を見るたびに ミミズの口 を思い出す(笑)
ミミズの口ってあんまりじっくり見た人いないかな、、、 いないよね

b0130243_10081894.jpg



じっくり見るのが目的だったから写真はこんなところ、、





今回は夕方に出発、河口湖近くの道の駅で車中泊
翌朝博物館に行ってそのまま帰宅、、と言うストイックなスタイルでございました


夜遅く道の駅に着くと
土砂降りの中、屋根の下にテントを張ってる旅の自転車を発見

「お! 翌朝お話でもしようっと♪」 と朝、見に行くと


若い女性のひとり旅
ドイツから来たんだって!!
b0130243_10150769.jpg

ぼんぼん、英語はできないが、幸いドイツ語だってできない (幸いか?)
まぁ、何とかなるさ♪


「鹿児島まで行くのだ!」との事

「どうして鹿児島なのさ??」と聞けば

稚内から鹿児島まで 行く途中なんだって  ガチだっ! これガチなヤツだっ!!(驚)


「古いじてんしゃなのーー」と片言の日本語がキュートでした
夜にテントを張って、早朝には撤去  うん、野宿者の鏡
良い旅を!!



そんなこんなの今回
博物館もなかなか面白い展示なので、気になった方はまた来年行かれてみては如何でしょうか?!



おしまい



河口湖自動車博物館 撮影 

by usachan_500 | 2019-08-30 12:19

せみとバイク




忙しいのだ
忙しくて少しでも休みたいのに、毎朝4時半にコレで起される (*_*)

せっかくだから動画にした
ボリュームを半分くらいまで上げると、ちょうど現場な感じの音量になります
優雅でちょっと叙情的ってレベルじゃない  うん、これは寝られない、、、


実は大自然の中に住むって結構ウルサイのだ
冬は野鳥の群れ  夏はセミとウマオイ、アマガエル  秋はこおろぎ他たくさん  春はちょっとだけ静か


少しでもぼんぼん家の困惑を理解して頂けたら。。。(笑) 



背景は寝室裏の竹やぶ~







ついでに面白いバイクが来たので撮ってみた♪
1つ目の動画でボリュームを上げた方はちょと下げてね



こちらも後ろでセミが鳴いとります
1つ目の動画と紛らわしい




by usachan_500 | 2019-08-17 17:54

どうすんだコレ


b0130243_13211454.jpg

ぼんぼん、夏休み

な~んも見えん
現在、標高3000m
台風来るって? どーすんだ??

初のスマホ投稿 上手くいくのかな?

by usachan_500 | 2019-07-26 13:09

スクーターキャン△





今度はスクーターでキャンプに行ってきました




b0130243_19170187.jpg





うそです (^O^)
ミニチュアです (さすがに分かるって?)


はまっていた ゆるキャン を全部見終わってしまい、寂しくなって作ったのさ
主人公の一人 しまりん が乗っているスクーターの VINO です
これに乗ってあちこちキャンプに行くんですよね~



もともとはエンジ色だったミニチュアを分解→塗装したのですが
意外と苦労しましたさ

だって、普通の缶スプレーで下地の白を塗ったら、もともとのエンジ色が溶けだしてくるんだもん ; (´;ω;`)
結局下地の白は油性のミスターカラー 水色・灰色は水性ホビーカラーにしました



久しぶりにエアブラシを引っ張り出す


b0130243_19262727.jpg


プロスプレー。。。。
ベストセラーではあるが知ってる人は知っている  

どこがどう プロ なのか小一時間問い詰めたいような製品だ
箱にはハイクオリティとかモデラー必携とか書いてあるしぃ、、

まぁ、言ってしまえば安価だけが取り柄のオモチャ
(小中学生のお小遣いでも買えるように頑張った製品なんだろなーーー)
それでも無いよりはるかにマシなので中学生の頃から、ずっとコレ(これは3台目)



そんなこんなで まぁまぁの出来に塗れたので
今はこうして

b0130243_19471720.jpg

100円ショップで買ったケースに収まってテレビの脇に飾られています♪


荷物はパテで製作
ちなみに薪は落ちてた杉の枝をカッターで鉈みたいに割って作りました
ちゃんと樹皮が残った薪みたいになった (*´∀`*)




おしまい






p.s
本日、千葉で大きめな地震がありました
震源地がぼんぼん家の隣町でしたが、その隣町も含め、特に被害はありませんでした




by usachan_500 | 2019-05-25 20:10

ニッセンストーブのメンテナンス


房総の冬はぼちぼち終わりですが
ここにきてニッセンストーブのメンテです


今回はお役立ち記事 と言う事で、、、



b0130243_17564844.jpg



ニッセン、、 とは言いましたが、ぼんぼん家にあるやつは
東芝ブランドで売り出された KSW-372 でゴザイマス

ブラウンのボディにアイボリーのチムニーです   カワイイな こんちくしょう♪

まぁ、モノとしてはニッセンの小型ストーブ MS-1 あたりと同じものと思ってもらえれば、、、




今日は芯の交換で~す

現在、当時モノの 綿芯 が付いておりますが、消耗や炭化、空焼き時のダメージ、芯のメンテナンスが必要などの問題もあり
ガラス繊維の芯に交換です

※ガラス繊維製の芯に変えると、今までタブーだった空焼きでも芯のダメージがありません
 それどころか故意に空焼きをして芯の焼き切りクリーニングが可能になります
(芯先端に集まったタールや炭を焼き切ききれちゃいます♪)




まずはコレを手に入れます


b0130243_18054938.jpg
63号芯  ニッセンの小型ストーブを持っている方にはお馴染みっすね
SS KS等のニッセンの大型ストーブには合いません
これらの大型ストーブには 82号芯 か トヨトミ第20種芯(トヨトミは要改造) となります



では始めるよ~~ (^O^)




まずはこのレバーを横にずらして、、、
(ニッセンユーザーが毎日触るレバーですね)
b0130243_18102907.jpg





後ろにあるヒンジのピンとプレートを外します
(ピンは針金等で抜けどめされています うちはオートバイで使うβピンに差し替えました)
このプレートって何だろね?  正規の位置も分からないけど、何となく付けてます(笑)

b0130243_18115830.jpg



ほい、とれた
b0130243_18133757.jpg



これでチムニーを本体から分離する事ができます


チムニーが取れたら

この筒パーツを真っ先に抜くと良いでしょう
(今回、私は後で抜いていますが深い意味はありません)

まずは抜け止めのピンを外して~
引っ張るだけで抜けます

b0130243_18142816.jpg


b0130243_18154388.jpg


抜いたら軽く磨いておきましょう


b0130243_18262225.jpg

空気穴の汚れもチェック
ニッセンはアラジンストーブほど汚れやホコリに敏感ではありませんが、一応ね、、
b0130243_18260209.jpg

ちなみにこのパーツを抜くと、、


ご~っそり貯まっていた芯の炭カスが
ごっそり中に落ちてゆきます 
中にある耐震消化装置とおぼしき機械と一番下の受け皿にドバドバ降り注ぎます (汗)
b0130243_18171327.jpg



落ちた炭を(今は)無視して先にすすみます




次に小さな穴のあいた外装カバーを外します
外し方はストーブにラベルで貼ってありますが、読みづらい個体も存在するでしょうね

銀の丸いレバーを押し下げながら
火力レバーを ”てこ” のように利用して回します 
要はこの外装カバーを「ぐるり」と左に回せば良いのです

b0130243_18205761.jpg



ほら取れた
b0130243_18235789.jpg



さて次は
この円盤状の板を外します 個体によっては固着していて取りづらいかも知れませんが
グリグリと抜きます  ネジ等ではないので上に引っこ抜くだけ~





b0130243_18265295.jpg


で、チェックと掃除


b0130243_18285731.jpg

次は~

さっきの円盤の下にある またもや円盤を外します
こちらも固着している個体があるかも知れませんが、挟んであるだけなのでグリグリ抜いちゃいます
b0130243_18292634.jpg



この状態になりましたね?!

芯、汚いなぁ~ 形もボロボロで、すでに炎の出かたも均一ではありませんでした
b0130243_18312284.jpg


この状態までもってくれば、いよいよ火力調整ユニットの抜きとり作業にかかれます!


筒を持ったり、火力レバー利用したりしながら、火力調整のユニットごとタンクから引き抜きます
差し込んであるだけですね



こんな感じで抜けますぜ


抜いた後、芯の下端からボタボタと灯油が落ちるので、ストーブにかけまくらない様に注意!


b0130243_18325691.jpg


火力調整のユニットが取れた後の光景
タンク内部なんかをしばし眺めて楽しみましょう (^O^)

ゴミなどが入らない様、カバーをしておいてもいいかも知れませんね


b0130243_18370477.jpg


しばし眺めたら いよいよ核心の芯交換へ!!



火力調整ユニットから古い芯を引っこ抜きマス



b0130243_18403891.jpg



こんな感じ

金色の筒と芯の間に指を差し込だり、芯をつぶしたりして
芯を爪から浮かすと楽ですよ~
爪で指をケガしないように、、

b0130243_19085932.jpg


芯を外した後の内部 
炭粒が付いてますね~

このままではダメなので(芯の上下運動に支障をきたします)
パーツクリーナー等で炭を落としましょう!

レバーを回して、内部を動かしつつ再度クリーニング



b0130243_19112070.jpg


キレイになったらいよいよ新しい ガラス繊維の芯 を装着!

、、の前に 火力調整ノブ を右一杯(芯が最大に上がる位置)に回しておきます


火力調整ノブを回したら
芯を外した時の様に、つぶしたり指を入れたりして新しい芯をウリウリと入れます
b0130243_19151602.jpg


なかなか一発では上手くいきませんので
少しづつ調整しながら差し込んでいきます


最終的にはレバーが右方向一杯の時にだいたいこの位置になる様に
芯をセットします


b0130243_19193474.jpg
芯の位置が数ミリくらい上に飛び出しても大丈夫ですが
(使用時に火力調整で何とでもなります)
金属筒より芯が低いのはダメです 規定の燃焼状態になりません



位置が決まったら、筒内部をチェックして偏ったたるみを指で直します
b0130243_19223241.jpg
たるみをとったらまた芯の位置のチェック!

火力調整レバーを回してみて、筒円周で芯の出かたに偏りはありませんか?!

位置のチェックだけはしっかりやりましょう
テキトーにやると後でやりなおしになって後悔しますぜ


ちなみに綿芯を使用中の方で綿芯のメンテナンスだけをしたい方は
金属筒上端から多めに芯を出した状態(5mm以上程度かな?)で筒にセット 
ノブを右一杯に回した状態にして、だいたいこの位置で芯先をカッターで切りましょう
カッターで切った後は指で芯先を整えます




新しい芯を装着した 火力調整ユニット をタンクに戻す前に
やる事があります

最初の頃、耐震消化装置と受け皿にドバドバ落ちた 炭カス を掃除します
特に耐震消化装置に落ちた炭は作動不良の原因に
(装置に炭が詰まって耐震消化装置を上に持ち上げておけない、セットできない状態になります (*_*))


私の場合は機械を狙ってコンプレッサーで吹き飛ばします

b0130243_19381474.jpg

受け皿の間もね、、



b0130243_19422104.jpg




次は火力調整ユニットをタンクに戻します

b0130243_19445458.jpg



いちおう芯の先を整えておきましょう
(筒の中をうりうり通したからね)
b0130243_19454428.jpg




外した部品をサクサク戻していきます
b0130243_19471525.jpg



b0130243_19475941.jpg

この円盤パーツはこの位置までしっかりはめ込みます


b0130243_19492160.jpg


で、これを戻して 棒の先のストッパーも戻します


b0130243_19505296.jpg


ここのパーツも外した時を思い出しながら戻します
b0130243_19514538.jpg



最後はまたコレを戻して~
b0130243_18115830.jpg



はい終了! お疲れっした~~


早速テストをしたいところですが、芯が灯油を吸うまで我慢
メーカーでは30分程度、、と言っております

もちろん炎を見たくてもチムニーを開けた状態では燃焼チェックできません
もうもうと黒煙が上がりまっせ(*_*)



最後に お疲れ様でした、、の当時モノ綿芯


b0130243_19584473.jpg


今回の記事、どのたかの役に立ったかな~??
立ったならとってもシアワセでございます (^O^)/









by usachan_500 | 2019-03-06 20:32

2019 始まりました




明けましておめでとうございます   (^O^)/




b0130243_16451274.jpg




今年はいつもの アレ をまたまた改造して猪にしました
羊にされたり猪に改造されたり、花柄になったり、なかなか忙しいダルマでゴザイマス~

その都度 紙粘土 を上に盛って作るので、ダルマがだんだん大きくなってきた気が。。。

。。。つまり紙粘土をはがすと中から 以前の干支 が出現します(笑)




さて、昨年はなかなか天気に恵まれないツーリングが続いた
そんな記憶が強かった年でしたわ




ようやくの休み  快晴予報に満を持して出かけた 内山牧場ソロキャンプ が(T_T)だったしなぁ
b0130243_16525628.jpg
意気込んで最高の薪を2束買うも、1本も燃やせず放棄してきたもんな~



濃霧+雨 キャンプ場にてプチ遭難 泣き濡れたッス 今年はリベンジでまた行きたいな
b0130243_17104605.jpg


ブログのほうと言えば、超久しぶりに(時折)コメント欄を開きまして
コメントを頂けたりして、やっぱり嬉しかったですね~ ヾ(*´∀`*)ノ



今年は、、、 そうね~~~
昨年よりさらに ゆる~く ぼ~っと 生きたいぼんぼんです!


今年も皆様にとってステキな1年になる事を祈りつつ
初記事に致したいと思います!!

by usachan_500 | 2019-01-01 00:09 | Comments(14)

Merry シャンメリー♪



メリークリスマス(^O^)/

。。。といってもあと1時間でクリスマスも終わり~





b0130243_22352314.jpg


クリスマスと言えば俄然 シャンメリー ですよね!!!
(グラスが偶然シャンメリーっぽい綴りですな)


「あ~ 子供の頃クリスマスに飲んだわ!」
と覚えている方も多いカナ?!

あのちょっと緊張する「ポンっ!」っていう音で始まるクリスマス
そしてケーキはちょっとしつこい気味のバタークリームが定番でした

うちのクリスマスは今でもシャンメリーです(ワインを混ぜる時もありますが 笑)
ケーキだけは生クリームに変わりました



さて、シャンメリー
包装紙の製造会社名を見てみた事ありますか?

トンボ飲料 とか ハタ鉱泉 とか、あんまり普段聞き慣れない会社名ばかりです
シャンメリー協会 (だったかな?)会員の中小企業のみがシャンメリーを製造しています

。。。と言うか、キホン、中小企業しか製造できません


何故かって?


中小企業の事業活動の機会の確保のための大企業者の事業活動の調整に関する法律   (長いわっ!)


が存在するからです
ですので、アサヒとかキリンとか、ましてコカコーラとかはシャンメリーを製造できません

この法律、調べてみると結構面白いですよ
「あ、確かに!」って商品が並んでます お暇な時に調べてみてはいかが?!


by usachan_500 | 2018-12-25 22:57

冬になるね





そろそろストーブを出したり、飾りものを冬にチェンジしなきゃだね~ (^O^)



b0130243_16185308.jpg


最近忙しくて、ブログの訪問、コメントに行けてないや、、、

そろそろ再開できそうだ♪



そんなこんなで写真も撮っていなかったので、以前「次の機会にでも、、」と書いた
バター飴の思い出でも書こうカナ
超々長編ですので、気が向いた方だけどうぞ ^m^



○ 時は昭和 ○

国鉄がJRに変わるって頃の話だ
ぼんぼん、確か中学生ごろだったと思う

友人にいわゆる 鉄道マニア のヤツがいた
仮に G君 としておこう  ある日彼の家に遊びに行った

G君の部屋もまた容赦ないマニアっぷりだった

入口ドアには グリーン車 の表示
部屋には北斗星やら寝台やらの看板
枕元には時刻表だったり鉄道の雑誌だったり、、、

鉄道グッズに囲まれて多少困惑気のぼんぼんにGが切りだした
「ぼんぼん! ほっかいどー行こうぜ、ほっかいどーー!!」

さらに畳みかけるG

「JRになったら北海道の路線がたくさん消えちゃうんだ、
その前に全線乗りたくね?!」

ぼん 「まったく乗りたくねぇ」

「そんな事言わないで行こうぜ ほっかいどーだよ?!
一生乗れなくなるんだよぅ? 一生後悔するんだよぅ?」 


中学生の頃から千葉から四国に ママチャリ野宿ツーリング とかに行っていたぼんぼん
旅は好きだ
一生後悔するのはちと困るので、何だかんだ行く事にしたっ



○ プロローグ 旅のはじまり ○

旅は 急行八甲田 で始まった
東京から青森まで走る夜行列車だ! 
どこが急行なのかワカラナイほど駅に停まりまくり、このぶんではいつ青森に着くか分かったもんじゃない

ぼん 「おいGよ これはいつ青森に着くのだ?」 
G 「あ~ 明日の朝だよ」 

え”? こんなボックス座席に10数時間ほど座るのか?

狼狽するぼんぼんにGが言った
「俺、座席で横になるからさ、ぼんぼんは床に寝てくんね?!」

「お”~い”! ふざけんな!!」 と反論したが 
「だってぼんぼん君は登山とか野宿の熟練じゃん?
俺、慣れてなくてダメなんだよ 俺では耐えられないと思う なっ! 頼むよ」

とまで言われたので
「ま、、まぁな♪ 俺はちょっと違うからな♪ 嬉しかねぇぞこのヤロ~♪」

と床に寝た


と、まぁ、旅の間は一時が万事そんな状況で
何だかいいように使われていた気もするけど、妙な折れ線グラフみたいな時刻表(ダイヤグラムとか言うらしい)
を読めるのも、列車の予定を立てられるのもGだけなので大人しく付いていった



途中下車すると駅で周遊券に押してもらえるスタンプ

b0130243_16531244.jpg
あ、襟裳駅って無いよね

なんぞを集めるのも何やら楽しく、これはこれでなかなかによい旅と思えた




○ やってきたデフォルト危機 ○

ところが旅の終盤、どうやら2人ともお金がマッタク足りない事に気が付き始めた
いや、実はそれなりに予兆はあったのだが、お互いそれを言い出せず、事態はデフォルト寸前の状態で発覚した

帰路の函館に着いた時、ついに2人の持ち金は
ぼんぼん 200えん
G君 えん
になっていた  、、、つまり 、、まぁデフォルトだ


鉄道周遊券を持っているので交通費の心配はいらなかった(地元駅までの電車賃は温存)
問題はあと2日ほど何を食べていくか、、であった

「我慢できるんじゃね?」という希望はアッと言う間に消え、空腹が2人を襲う

「この200えんをマジで大切に使わねば!!!!」
と硬く決意した時、Gが案の定やっぱり聞いてきた

G「なぁ、金貸してくんね?!」

ぼん「いや、俺にも大切な金だ さすがにキビシイよ」

G「だって、俺0円じゃん? ぼんぼん200えんじゃん? だから半分、、よくね?!」


オマエはあれかーーーーー
インドとかの理論のアレかーーーー!!

。。。。 とも言えず


「いいかッ! この100えんで2日食いつがなければならない 
めっちゃ大事に使うんだぞ!! 俺にとっても喉から手が出るほどのお金だ キリッ (`・ω・´) 」


G 「あぁ、分かった! そうだな!!」

と、言うが早いか
傍にあった自動販売機に近づくと、、

ちゃりん とお金を入れて、、、

がちょん と何かを取り出した、、、、



おい、、

オマエ、、、


今 コーラ買ったろ!!!!





くぁwせdrftgyふじこlp~!」 と、問い詰めるぼんぼんに Gは

「だって、今は何を置いてもコーラが飲みたくてどうしようも無かったんだよ
もうさっきからコーラの事しか考えられなかったんだよ」 とのたまいやがった


胸を張ってコーラの正当性を訴える彼に、ぼんぼんはそれ以上言う事は出来なかった




○ すったもんだの連絡船 ○

Gは「コーラの余韻に浸りつつ、青函連絡船のターミナルで休んでる」
と言ったので、ぼんぼんは食べものを探しに街を歩いた


ぼんぼんは商店街でパン屋さんを見つけた
そこで一番安いバターロール1つを購入
そして

「あのぅ~ パンの耳とかありませんか? 実はかくかくしかじかでして (T_T)」

「それは可哀想に、、 あるわよ!」と女性の店員さん(店主さん?)が奥から袋一杯のパンの耳を持ってきてくれた

「これも食べてね♪ と総菜パンも1つくれた」 


もうただただ、心に沁みた



ぼんぼん、嬉しさ一杯でパンの耳の袋を抱えて連絡船のターミナルへ
b0130243_17420234.jpg


連絡船のターミナルに行くとGが手招きする
何だかおっさんとしゃべってる、、

その席に行くと、Gはフイッと姿を消した

「トイレか?」程度にしか考えていなかったが


甘かった



おっさん、いわゆる泥酔者でゴザイマシテ
ぼんぼんが座るなり「☆♪♪!~▽$☆」と酒を勧めてくる
断った途端 「俺の酒が飲めねぇってのか!!!」と定型文をのたまう

なんだ、普通にしゃべれるんじゃんか

と思いはしたが、それからはもう泣きたくなるよな永遠なる時間を過ごす羽目になった

そしてGはついに戻ってこなかった、、
ヤロー 逃げたな、、、



乗るべき便は分かっていたので ぼんぼん一人、連絡船に乗る 
石川さゆり もビックリな 津軽海峡な展開だ

船内でGが「会いたかったわ~♪」と歩いてきた  オマエは AKB48 とか 西野カナ か?!

そしてぼんぼんの虎の子 パンの耳 に気が付く

G「おっ スゲ~ 一緒に喰おうぜ ♪」




殺す、、マジで殺す





とも言えず、2人で食べる事にした




こんな子でごめん

連絡船が青森に着く頃にはパンもパンの耳も胃袋へ収まり
帰りの列車に乗る頃にはまた空腹が我慢できない状態におちいった  食べ盛りだもんな~ (*_*)


「死ぬる、、死んじゃう、、」 

ぼんぼん、遂に実家のおみやげ バター飴 に手を付ける事にした

「父さん、母さん、こんな息子でゴメン、、」 

さて、袋バリバリバリ~~♪♪


Gの「おっバター飴じゃん!」 という言葉にはもう驚かなかった
数個を食べ(大してお腹の足しにはならなかったけど)安心したのか
しばらく寝てしまったぼんぼん

眼を覚ました

列車はいよいよ宮城県に入っていた

、、、なんて事はどうでもよくなる事態を知った


Gがバター飴

全部食べてやがった!


吐け! もどせ! ぜんぶ返せ!!



あぁ、、 苦渋のおみやげバラし、最後のライフライン バター飴がぁ、、(T_T)

Gはすっかり空になったバター飴の袋に印刷してある路線図
b0130243_18080567.jpg
などを眺めながら呑気に 「ほぉ~」とか言ってる (´・ω・`)

オマエ もうホント、、 呪殺とかするよ?!

蠱毒とかだよ?!


呪いは不穏なのでとりあえず執行猶予だ
オマエの更生を見せてみろ




○ エピローグ 旅のおわり ○

やがて列車は懐かしき千葉駅へ

ここで周遊券は役目終了
フツーの乗車券を買って最寄駅まで帰らなければならない

乗車券を買うには改札を出て、外に一旦出て買うしかない


ここで最後にして最強の技が繰り出された


G「ぼんぼん君 君だけ外に出て、乗車券2枚買ってきてくんない?!」
ぼん「え? 別にいいけど何で?!」

G「いや、、、 まぁ、、 その、、、、アレだ 改札を出ると 周遊券は回収されちゃうんだよ」

ぼん「ふざけんなーーー たくさん途中下車のハンコを集めた思い出の周遊券だぞ!
俺だって渡したくない!!」
と猛反撃したものの

G「ほら、俺、鉄道めっちゃ好きじゃん? それは知ってるでしょ? ほんと頼むっ」


その口頭弁論を聞いているうちに な~んだかそんな気もしてきた
彼が言いだした北海道乗りつぶしの旅だ そんな彼の周遊券は私のより重い価値に違いない、、


結局ぼんぼんが外に出て、乗車券を購入
ず~っと一緒に過ごして、ハンコと思い出が詰まった周遊券は手を離れていった(涙)


ぼんぼん「ほい! 乗車券、買ってきたぜ!」
Gに乗車券を渡す


Gは券を受け取ると嬉しそうにこう言った

「ほんっと 最高の旅だったよな~~!!!」




オマエ

このタイミングでそれ言うか~~?!



さて、、と、、 エコエコアザラク。。。


おしまい (´・ω・`)


by usachan_500 | 2018-11-20 20:19 | Comments(10)

もう雨いらない 。゚(゚´Д`゚)゚。



平日のいつでもキャンプに行ける準備を始めて
はや4週間。。。 (土日は仕事が多いのよ)

バイクにキャンプ道具積んだまま
はや4週間。。。。


2日として晴れねぇぇーーーーーー!

もう決めた!
ぼんぼん、次に生まれ変わるとしたら デスバレーサハラ砂漠 に生まれ変わるんだ!!
デスバレーになって、日がな岩を動かして過ごしたり
サハラ砂漠になって、フェネックに穴を掘られたりして過ごすんだ!!!!



今生はもう仕方ないので、今日は刃物をかまって暇をつぶすよ (^O^)



さて、まずはコレクションのナイフから、、と



b0130243_14304116.jpg


もっともこれはほとんど使ってないから砥ぐ必要ナシなので
軽く汚れとり&注油するだけ

ぼんぼん、昔、アホみたいにナイフを集めたっけ、、、

高価な物や無人島でサバイバルできそうなナイフも集めたけど、結局手元に残したコレクションは
BUCK社の #110 フォールディングハンター と
GERBER社の フォールディングスポーツマン
定番のオールドナイフでございますな ^m^



さて、次は普段の料理包丁砥ぎに入りましょう


b0130243_14461375.jpg

砥石 まずは 刃の黒幕 のオレンジ(♯1000)で開始
これは革命レベルの砥石でゴザイマス!
「今までの苦労って何だったの?」という砥石

自分で包丁を砥ぐ派の方にはかなりおススメ
鋼材にもよりますが、10回の往復で カエリ ができまっせ (@_@;)

何と言っても砥ぐのが不慣れな方にこそおススメ
刃が上手く付かず、何度も何度も往復しているうちに手がブレて角度がずれてきて、、
って方にこそ◎ 最小限の往復でバッチリ刃が出来るので、ブレブレの刃付けから開放されまっせ!

その後はちまちま砥石の番手を上げながらで仕上げていきます



次はキャンプ、登山用のナイフ砥ぎ~

b0130243_14523261.jpg


G・サカイの アウトドアクッキングナイフ   これもおススメ~♪

安価ですが、アウトドア、自炊旅行のシーンでは非常に使いやすいナイフで、薄さとタフさのバランスが良く
野菜の皮むき、肉、釣った魚を捌くのにも使えます 包丁とナイフのあいのこっぽい商品
サイズもいくつかあるみたい、、、
硬質ケースも付属しているので、運搬時も安全ッす

ぼんぼんはゴムのグリップの一部を好みに合わせて切り欠いています

あとはド定番のフランス製 オピネル
こちらも超安価なので色違いも合わせて数本持っていますが、登山の時しか持って行かない事が多いかな



刃物砥ぎをすると腕の毛が無くなるんだよね~
頭の毛じゃないよ。。。 (´・ω・`)

ナンデって?  仕上がりの確認で腕の産毛を剃ってみるから
仕上げては → 剃る  ちょっと不満で砥ぎ直して → 剃る  以下繰り返し


自分で砥ぐ派の方はみんなそうなのカナ??


さーて 今日は肌寒いから、ほかほかビーフシチュー作ろううっと♪



おしまい

by usachan_500 | 2018-09-27 15:16 | Comments(10)


千葉県在住! 近所の写真と生き物と旅行の記録です コメント、リンクも大歓迎なのです!             過去の記事へのコメントに気が付かない事がありますので、その際は叱って下さい。。


by usachan_500

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る