カテゴリ:お山とか。。。( 80 )

お天気 最後までころころ





雨予報のはずがまぁまぁの天気に転がり
気を良くして稜線まで上がった頃はすっかりガスの中~

ま、山の天気だからね。。。


今日は槍ヶ岳に登って、肩の小屋に宿泊
台風だって言うから テント、、、下の小屋にデポしてきちゃったもんね (-.-)


さて、、と 
でもこのガスじゃ槍ヶ岳に登ってもなぁ、、


アリ? 突然晴れた 槍ヶ岳見えた (^O^)/


b0130243_21432208.jpg


行くべし! 登るべし!!


肩の小屋~槍ヶ岳山頂は30分~1時間程度


アリ? 登っている最中にまた一面にガスがぁ~


b0130243_21444646.jpg


b0130243_21453241.jpg






「ようやくここまで来たね!」 とJ子嬢を見ると。。。


スマホのゲームをやっている様です。。。   (うそ)


b0130243_21462697.jpg




ガスでもまぁいいか~  雨よりマシだったし
槍ヶ岳に登れたって言う事実は変わらないもんね!
(あぁ、でもここらへん一帯の素晴らしい絶景は見せてあげたかったな)


それからはず~っと分厚いと雲の中でござる
小屋に入り、晩ごを自炊するまで特にする事も無くまったりとお酒を飲む
この後は強い雨予報


夕方、ふと外に出てみる



!!!

雲が切れてる


「J子嬢! 大変!! 晴れてるよ!!!」

慌てて飛び出す2人!

それを聞いてにわかに慌てだす周囲の人!

外に出てみた




うぉぉぉうっ?!

b0130243_21575457.jpg


晴れた嬉しさ、景色の美しさもさることながら、周囲の人たちの狼狽に笑った
(もちろん我々も狼狽の一員なんだけど^m^)


予期せぬマジックアワーにカメラを引っ掴んで飛び出してくる人
靴ひもも結ばずに飛び出してくる人
慌ててすっ転ぶ人
とっさに合羽とヘルメットを掴んで槍ヶ岳に突進を始める人(山頂で夕陽見たいんだね)


そりゃそうだ!
こんな最高の時刻に晴れ間を出されちゃあね!!



b0130243_22024994.jpg



小槍と夕景 
アルプス一万尺~の歌でお馴染みの小槍 実は小槍に登れるのはクライマーだけです
ちなみにアルペン踊りを出来るほど広くありません(笑)

b0130243_22031316.jpg




b0130243_22084131.jpg


b0130243_22090690.jpg



いやぁ~ あっという間の30分間のごほうびでした (^O^)/

b0130243_22100951.jpg



さ~~て ゴハン作るよ~♪


今日は超秘密兵器 フリーズドライのチキンカツ丼 だぜ?!  by アマノフーズ公式通販限定品

b0130243_22125325.jpg


開ける~

普通の丼物シリーズの倍ほどの大きさ
これがチキンカツになるのかなぁ、、、(疑い)
b0130243_22133827.jpg




お湯をかけて15秒  うおっ? ほんとにチキンカツ化し始めた (@_@;)


b0130243_22162761.jpg



でけた!  けっこうボリュームあるな
予め作っておいたフリーズドライのごはんに乗せて~


いや、、コレ!
味が定食屋さん並ですぜ!!!  肉なんて、まさに肉!  たまごフワトロ
フリーズドライもここまできたんだなぁ、、、  (遠い目)

b0130243_22175459.jpg



ちなみに夜は予報通り雨でした
でも特に台風の様子は感じられず、、  これならキャンプできたよね ま、次回♪

我々はあきらめちゃったけど、テン場はほぼ満員でした


b0130243_22212990.jpg




。。。。翌朝。。。。



またしても奇跡!
ガッツリ雨予報なのに晴れてる



槍ヶ岳と朝
b0130243_22224795.jpg



ゴキゲン! 今日も槍ヶ岳の穂先に登っちゃう~(^O^)/
b0130243_09262559.jpg


槍山頂でブロッケン


b0130243_09314575.jpg




ホント奇跡だわ 360度見渡せまっせ!! 
どこの山に登ってても 「あ!槍が見える♪」って会話になるじゃない?
って事は、今、他の山からみんながここを見てるって事でもあるんだよね なんか感慨深い (^O^)  


これでようやく槍ヶ岳からの風景を見せてあげられた
思い残す事ナシ!



本当は槍ヶ岳でもう1泊のはずだったけど、モタモタしてた台風が、今度こそ来るって予報なので下山しま~す


b0130243_09292222.jpg


この後、あっという間に曇って パラパラと雨が始まる



途中の 槍平小屋 で荷物を回収しつつ、の~んびり1泊下山の予定でしたが、
いよいよ本降りになりはじめ、例の ”渡渉 ”の問題があるので、一発で新穂高まで下山しました

8時間くらい歩いたかな~  ちかれた。。。 (*_*)




とにかく天気が読めず、たった3日で終わってしまったぼんぼんの夏休み
でも一瞬の晴れ間で最高の景色を見せてあげられたのは本当に良かった!




追伸
下山翌日の様子、、本来はガッツリ雨予報

b0130243_16220894.jpg
めっちゃ晴れとるっ!!!!






おしまい。。。







by usachan_500 | 2019-08-08 09:52 | お山とか。。。 | Comments(14)

お天気ころころ 気まぐれ台風



梅雨が明けない? かと思えば急に明けてみたり~
明けて連続晴天の予報が出たと思ったら~
そのわずか1日後に近海で台風が発生して連続雨天予報になったり~
すぐに台風上陸とか言ってるし~


もうどうしていいかワカラナイ。。。。




b0130243_16072872.jpg




今回の行程は~
25日 新穂高温泉発 槍平小屋 泊
26日 槍平小屋 → 槍ヶ岳肩の小屋 泊
27日 槍ヶ岳 で遊んで連泊
28日 槍ヶ岳 → 槍平小屋 泊 
29日 槍平小屋 → 下山
30日 予備日

槍ヶ岳への最短ルートと言われるものを優雅に日数をかけて登るつもりだった
ちなみに25日以降の天気予報はずっと 176.png176.png176.png176.png  な、、泣ける

ともあれ、明日の7月25日だけは晴れだ

ただ問題が。。。


前回記事に書いた 結構マズイ理由

その① 今回のルートは複数の渡渉がある(沢を超えて行くって事ね)
その② 今回の夢の一つは槍ヶ岳山頂付近の 肩の小屋 での最高キャンプ

その① は大雨のばあい、非常に危険を伴う 実際にこのルートの渡渉で死亡事故も起きている
その② 雨天でしょんぼりしちゃうし、そもそも稜線のテン場で台風は危険


まずは槍平小屋まで行って考えよう → 出発!



平日の夜の8時に到着したらすでに超々満車でビックリ(@_@;)だった 新穂高の無料駐車場 から歩く
b0130243_16104030.jpg

200台以上停められるらしいけど、夜の8時でも数台程度のスペースしかなかったよ
明け方には満車だったらしく、登山の格好の車が何台も
困ってずっとウロウロ周回してた。。。 カワイソス (T_T)




林道でユンボの先端に付ける 岩をゴリゴリするアタッチメント を「ほう」と眺めつつ


b0130243_16264597.jpg




ここで水を補給するはずだった白出沢出合の水場が機能停止しているのを「ほう」と眺めつつ


b0130243_16280332.jpg
いや、場合によっては 「ほう」では済まないね 皆様ご用心!
ちなみに蛇口をひねっても出ませんよ~
今後の稼働は何とも言えない感じの事を伺いました



白出沢出合を過ぎ、渡渉の最大懸案地点の 滝谷出合 に到着


滝谷出合には北アルプスの登山者にとって超々有名な 滝谷避難小屋 がありまっせ♪
(ちなみにトップ写真は 滝谷避難小屋 の内部でっせ)

b0130243_16331035.jpg



皆様が北アルプスに行った際 「昨日は滝谷避難小屋に泊まったんですよ~ テヘ ♪
などと言って、相手の反応を楽しんで下さい (^_-)-☆

な~んて茶化しましたが、維持、整備して下さっている関係者の方々に深く感謝したいものです!



そしてここが 滝谷出合  シーズン中は簡素な橋(幅50cmくらいの角材)をかけてくれていますが、
台風等の増水には耐えられない事もあり、橋が流失していた場合はそこそこの雨でも渡渉不能になる場所


b0130243_16515118.jpg
この渡渉地点はライブカメラで常に配信されています 必ず確認の事!  無理な渡渉 ダメ・ゼッタイ

また、ライブカメラ、橋の保守を頑張っている槍平小屋の関係者様にも深く感謝なのです



少し残った雪渓をサクサク歩く、、、



b0130243_21103694.jpg



やがて槍平小屋に到着~~


b0130243_17014763.jpg



まずはビール飲んじゃうぜ?!
有人の小屋があるってスバラシイ (^O^)/

b0130243_17024960.jpg



槍平小屋 静かな雰囲気のとってもステキな小屋!
体力的に一発で 新穂高~槍ヶ岳 に行けない方やのんびり行きたい方にはうってつけの小屋
絶妙な場所に建ってマス

明日の朝非常に早く出発するのと、夜に予想されているにわか雨でテントを濡らしたくなかったので
(濡れると重いし、撤収がメンドウだし、、) 今夜は小屋泊にしちゃいました  こりゃラクち~~ん ♪




b0130243_17143716.jpg



個室をくれました!  そしていきなり散らかす

b0130243_17150290.jpg



売店の様子 行動食類もそこそこありまっせ

b0130243_17155982.jpg


b0130243_17162867.jpg


つづく。。。




by usachan_500 | 2019-08-01 18:03 | お山とか。。。

お天気ころころ 梅雨あける?








b0130243_13315782.jpg




北アルプスの 槍ヶ岳
登山者にとって、1度は登ってみたい山の代表格だろう

昔は何度か行ったけど 
J子嬢が「行った事ないッス めっさ行きたいっス ♪」って事で前々から計画をしていたのだ

8月に入ると忙しい
よし! 行くのは7月の梅雨明け直後だ!!



ぼんぼんは考えた。。

関東甲信 の梅雨明け時期を考えた。。。


平年の梅雨明けは 7月21日ごろ
ここ数十年のデータを見る限り、余程の事 が起きなければ7月25日くらいに梅雨は明ける
そして 梅雨明け10日 とも言われる連続安定した晴天の登山を狙うのだっ  (`・ω・´)キリッ.
日程は7月24日に出発して車中泊  7月25日~29日に登山と決めた  


出発1週間ほど前から天気予報に釘付けだ

あれ?ヤバい、、なかなか梅雨明けしないぞ
いよいよ25日以降、我々の登山期間の予報も出始めた

176.png176.png176.png176.png176.png

う、、 梅雨明けしない気配 (T_T)
このままでは本当に 余程の事 が起きて梅雨明けしないかも、、

全力でうなだれているところに一筋の光が!

台風5号 フィリピンで発生!!

「この台風の通過で7月21日ごろ梅雨明けとなる可能性が高いですね 関東、いよいよ夏です!」
気象予報士が口を揃える

台風、予定どおり日本付近を通過
、、、駄目だ、なぜか梅雨明けしない もう秋に行くしかないのか、、、


だが奇跡は起きた
出発前日、予報が急変 25日以降は連続晴天に変わり始めた 

174.png174.png174.png174.png174.png

キタぁ~~ッ!



色めき立つぼんぼん、小躍りするJ子嬢!!

勝った! 待ちに待った梅雨明けだ


満を持して出発だッ!!!!!!


登山前日の24日に現地入り、車中泊をして25日早朝から登るのだ

明日の登山に備え、のんびり登山口近くの温泉に入っていたところ
テレビで驚愕のニュースを見る



熱帯低気圧が日本近海で発生!
台風に発達して明日以降上陸の見込み!!





あれだけ絶好調だった週間予報が一気に 週間雨マーク に変わった
連続晴天に喜んだのは、わずか1日のできごとだった



実はまとまった雨に降られると結構マズい理由があった



つづく。。。








by usachan_500 | 2019-07-30 20:22 | お山とか。。。

お天気ころころ 夏休み




今回ほど天気に翻弄された事って無かったな~ (゚_゚i)


とりあえず何枚か ♪







b0130243_17560299.jpg




b0130243_17575507.jpg




b0130243_17582783.jpg








by usachan_500 | 2019-07-28 18:01 | お山とか。。。

最高所にて最高だった





b0130243_15493797.jpg
本沢温泉入口付近はエゾハルゼミの蝉時雨だよ
これは羽化したての子かな~?





この声を聞くと 「あぁ 初夏の山に来たんだなぁ~」と実感する
それにしてもすごい! こんな大合唱は聞いた事なかったよ!!

みょ~~ん みみみみみみ ♪」 (人によって聞こえ方が違うとは思うけど)
この「みょ~~ん」のタメの部分が個人的に好き♪


b0130243_15543219.jpg



エゾ。。。 とは名が付いてるけど、北海道にしかいないわけではない
エゾリス とか エゾジカ とは違うんだな

沖縄を除く日本各地に点在するけど、寒冷地に適応したセミなのでキホン寒い所や高所にしかいない
でも発生は初夏。。。  暑いのが好きなのか、寒いのが好きなのかイマヒトツ分からないヤツである (笑)


そんなエゾハルゼミの合唱を聞きながら登山開始


b0130243_16281034.jpg





新緑のカラマツ林をゆく
b0130243_17131661.jpg





歩きはじめて程なく
あれ? 登山道がッ?(@_@;)


b0130243_16241925.jpg

ココも 昨日でっかいのが倒れたらしいッス

b0130243_16245211.jpg
うんせうんせと迂回して~
しばらく進むと

アリ?!
b0130243_16295907.jpg
舗装路や登山道の管理が大変だこりゃ!!







さて、着いたよ~(^O^)
b0130243_16310575.jpg
着いたらまずは 露天風呂 へGO! 小屋から10分ほど

ドボン! おっふぅぅぅ~~




こちら本沢温泉、日本最高所の露天風呂が有名だけど、内湯もあるのだ
露天風呂とは泉質が違ったりする

これがまた濃厚で新鮮でアツアツ♪ なのである

b0130243_16034015.jpg

キホン、いつでも入れますが20時の消灯後は小屋の自家発電が消えますので
自分で明りを用意しないといけません  それもまた雰囲気いいだろうな~!


湯船のわきには濃厚な温泉成分の堆積物が形成されてる
この堆積の具合、大好きな 古遠部温泉 に似てる気がする  そう言ゃあ泉質も似てる気がする。。。

b0130243_16075690.jpg
調べてみたら 古遠部温泉 とかなり似た泉質だったわ (@_@;)



こんなん貼ってあったよ


b0130243_16173919.jpg
b0130243_16172046.jpg
ワクワクしちゃうね




そしてお部屋はこんな感じ

相部屋~ (^O^)
b0130243_16200923.jpg



個室~ (^O^)

b0130243_16203255.jpg



夜にも露天風呂に行くよ~

真っ暗だからヘッドランプつけて入る(写真は明るいけどね)

b0130243_16225972.jpg
満天の星の下、満点の露天風呂




その後は自炊
最近 バ○ みたいにはまって作ってるキムチ・タンタン餃子鍋
今回はテスト目的でコレ


b0130243_17492796.jpg
餃子のまんま を持ちこんでみました

これなんとフリーズドライの餃子 マジで本当に餃子!!
コンビニなんかで売っていて、本来はそのまま「ポリポリ」と食べるスナック菓子的な商品 
(作ってるのUHA味覚糖だしぃ)

これを鍋のスープでもどして水餃子として食べてみるのだ


クツクツクツ。。。。


5分だとちょっと芯があるかなぁ? (フツーに食べられるけどね)
10分以内程度が良さそうかなぁ

結果

フツーに餃子鍋になりました!!!!


これは使い方無限大だな




翌日、内湯で朝風呂して腰をほぐし、またしてもちゃっちゃと下山します


あぁ~ この青空っ  露天風呂も後ろ髪ひかれるわ (執念深く 朝も撮りに行った 笑)
この前 登った硫黄岳が遠くに見えますね~

b0130243_17574208.jpg




下山して 本沢温泉入口 でまた蝉時雨をしばらく楽しんで



エメラルド眩い オオアオゾウムシ なんかと戯れて
(ぼんぼんの千葉県にはあんまりいない)


b0130243_17594950.jpg





直売所で こごみ 買って


b0130243_18035242.jpg


帰宅後はおみやげに買った 信州そば に入れて こごみ山菜そば にしましたとさ!







長々引っ張って申し訳ありませんでした
おしまい (^O^)




p.s  腰はなぜか山に行った後、急に良くなった ナンダコレ??





by usachan_500 | 2019-06-22 18:09 | お山とか。。。 | Comments(15)

肉を切らせて。。






b0130243_19260666.jpg
月光照らす本沢温泉






最近運転のし過ぎが祟ったのか またしても ぎっくり腰風味ぼんぼん になってしまった (T_T)
なんだか定番ウイークポイントになってるなぁ。。。


こんな時は温泉 にでも行ってみようか


よし! 八ヶ岳の本沢温泉だ!!


登山道でしか行けない 日本最高所 にある露天風呂だ
そして温泉宿がある 、、と言っても実態は山小屋なのさ


さて、数時間の運転+登山道だ
これってさらに腰に悪いんじゃ???


いや! 肉を切らせて骨を断つ  ってヤツだ!!


と、間違ったことわざを胸に旅立つのであった。。。




東京を抜けて~

b0130243_19445660.jpg


最寄りのインターチェンジで下車~
夜9時、、すっかり暗くなったけど 登山口まで行って~ 車中泊をして~ 明日の朝登るんだ (^O^)

登山口まであと10kmほど



え”????!!!

道が、、、無い、、、


b0130243_19544871.jpg

前日、本沢温泉に ”道路、登山道情報” を聞いた時は問題ナシだった
ううむ、、 その後に倒れたのかっ
関東甲信、昨日はすごい風雨だったからね


コリャどうにもならないや(゜´Д`゜) 

明日の朝、役場にデンワして撤去してもらおう、、



翌朝1番でデンワ

「あ~ 倒木ですね! 昨日に撤去完了してます! 
 え? 昨晩21時に見たんですか?! 昨日の17時に撤去してますので、その後また倒れたんですね
 すぐに向かって処理します!!」
 との心強いお言葉


午前中に撤去完了
さぁ仕切り直して行くよ~ ♪

昨日の倒木跡を通過してしばらく行くと 本沢温泉入口駐車場 がある
そこはスル―して前進

やがて舗装は切れ、ダートの林道に、、
林道をしばらく進むと 天狗岳駐車場 
そこもスル―して前進しようとするとこんなカンバン

ぼんぼん車、一応クロカン四駆のはしくれなので進むよ (^O^)♪

b0130243_20102909.jpg

b0130243_20125866.jpg


割とキツイ林道になりますな
最低地上高が高く、四輪駆動でないクルマはキビシイ

とは言え、イマドキのSUVでも大丈夫でしょう 
道幅はハマーH1とかメガクルーザーじゃない限り大丈夫ですね


こちらどん詰まりのゲート前駐車場 これ以上は車で進めません
やっぱりクロカン四駆が多いね~
b0130243_20280154.jpg
この ゲート前駐車場 までたどり着ければ、目指す本沢温泉まで約1時間 
遊びながら遅く歩いても2時間程度
素晴らしス!



書くの疲れた(笑)のでまた続きます
こま切れでスイマセン。。。 <(_ _)>





by usachan_500 | 2019-06-20 21:50 | お山とか。。。

ハルゼミ誘う 雲上のいで湯







b0130243_22093704.jpg







b0130243_22113502.jpg




えっちらおっちら行ってきました (^O^)/



またしても残りの写真は編集中~







本沢温泉

by usachan_500 | 2019-06-18 22:20 | お山とか。。。

野草ちょいちょい





b0130243_18483745.jpg




さて、前回の続き~ (^O^)/



硫黄岳 を通り過ぎ、横岳 へ向かいまっす!


横岳。。。
八ヶ岳の中では急峻な地形を持った山ですね
もちろんバリエーションルートやクライミングルートが豊富な八ヶ岳
一般登山道としてはキビシイ、、ってハナシ!

厳冬期の縦走なんかでは気を使う場所だったりします



硫黄岳山荘を過ぎ、ちょっと振り返る
まだこの辺はなだらか~

b0130243_18574755.jpg




徐々に 横岳 が見えてきましたぜ


b0130243_19122168.jpg





岩々してますなぁ~


b0130243_19133934.jpg





注意して登ってね~


b0130243_19142666.jpg





そうそう、急に野草のハナシなんですが、八ヶ岳は横岳周辺にのみ ツクモグサ が生息しているんですね~
日本広しと言えど、ツクモグサがいるのはこの場所や白馬岳、利尻富士くらいなもの、、、
この花を見るためのツアーがあるほどの希少な高山植物です




つぼみの個体が多かったけど 1輪だけ咲いてた
めっちゃ嬉しい (^O^)
b0130243_19201275.jpg


ツクモグサ はキンポウゲ科の植物  そしてオキナグサ の親戚だそうな


フワ毛がちょっと似てるっちゃあ似てるか、、、



b0130243_19231184.jpg
丹沢で撮った オキナグサ








無事 横岳にも登頂
実はちょっと期待してたツクモグサも見られ、ウキウキと硫黄岳山荘に戻ります




硫黄岳山荘から


b0130243_19273739.jpg




いろんな山小屋でときおり見かけるラジウスな注意書き
ラジウス と言っても今の人には分からないだろうな~(笑)
と思いながらいつも見ています 

b0130243_19293209.jpg
ラジウスとかホエーブスとかマナスルとかオプティマスの一部は
タンクが熱を持って下を焦がしちゃう事があるんですよね~  
燃焼不良で燃え上がっちゃう事も、、、
特に オプティマスの123 なんかは「あぁ、これ123だな~」って丸い焦げ跡をテーブルに作ります (*´ω`)



そして硫黄岳山荘のトイレ
何と保温便座かつウオシュレット!!!!

日本最高所のウオシュレットだそうな。。。

b0130243_19282276.jpg
ちなみに夜に自家発電が切れるとフツーのトイレになります
その状態でも完全水洗っていうだけでオドロキなんだけどね






そして今日の硫黄岳は開山祭の前夜祭!


バイオリニストの 工藤美穂サン テノール.オペラ歌手の 絹川文仁サン のコンサート&トーク

b0130243_19390756.jpg

これはまだリハーサル中
本番は超満員でしたよ!!

面白いなぁ~ と思ったのは 
”バイオリンは高所だと満足に音が出ない” と言う事
「半分くらいしか音が出ないけど、頑張ります!」的な事をおっしゃっておりました
空気の量が少ないからかなぁ、、、

この方、硫黄岳山頂で演奏をした事もあるツワモノですので、プロから見ると本当にそうなんでしょうね (@_@;)

この日は消灯を1時間延長(普段は8時なの~)
みんなめっちゃ楽しそうにはしゃいでました!




開山祭限定のバッジももらったよ ♪
横岳周辺に生息してるコマクサちゃん



b0130243_20032869.jpg



晩ごはんを地味~~に自炊して、ちびっとお酒飲んでその日はオヤスミ





そして朝。。。

この時期の夜明けは早い! (4時30分っす)
3時半に起きて陽の出写真の準備!!
15分ほど歩いて良さそうな場所で待機

待機。。

待機。。。




うわぁぁ~ん! コレかいッ (TдT)

b0130243_19505031.jpg


めっちゃクラウディ―

b0130243_19535346.jpg



陽の出写真はあきらめよう。。。




そうそう、朝は氷が張ってましたよ
まだまだ氷点下なんですなぁ~



b0130243_19552441.jpg


今日は下山の日なので、サクッと下るよ



一足先に前夜祭のゲストが下山開始
バイオリン一本を背負った姿になぜか感動

b0130243_19572410.jpg





帰りながらちょいちょいと撮るよ




北海道 美瑛の親子の木、、、  じゃなくてコケ
b0130243_19584187.jpg




超マイクロなウドの花みたいなの  セリ科のイワセントウ
花束の直径2cmくらいかなぁ 

b0130243_19593043.jpg





コミヤマカタバミ

b0130243_20015520.jpg




オウレンの仲間

b0130243_20054194.jpg

八ヶ岳に オーレン小屋 という変わった名前の山小屋があるのですが(今回はオーレン小屋の前を通ってます)

b0130243_20114349.jpg
小屋の周辺にオウレンがたくさん咲いているから、、 の命名だそうな
確かにこの周辺にたくさん咲いています (^O^)




ぽくぽく歩きながら撮って 無事下山
予想以上に楽しい ちょっと春 な山登りになりました!!




b0130243_20155488.jpg









by usachan_500 | 2019-06-08 20:32 | お山とか。。。 | Comments(12)

八ヶ岳歩く





今回行ったお山は八ヶ岳に属する 硫黄岳 と 横岳 でゴザイマス (^O^)/




b0130243_16461356.jpg




6月2日の 八ヶ岳開山祭 を翌日に控えた1日に登山開始

開山祭がらみでどこの山小屋でも今日は前夜祭イベント目白押し!
全山なかなか賑やかな雰囲気に包まれておりました




今回は硫黄岳への最短楽ちんコースの 桜平駐車場 → オーレン小屋 → 夏沢峠 → 硫黄岳 ⇔ 横岳ピストン
となります♪


前夜発 桜平 駐車場で車中泊
まったり車内で明日の作戦を練ったり、お酒を飲んで楽しみます


そして翌朝


樹林帯の登山道は雪がちょいちょい残ってマス
持ってはきたけどアイゼン不要ッスね


b0130243_16505069.jpg






夏沢峠の小屋付近 ちっちゃい風力発電が一杯~
彫刻の森美術館のオブジェ感漂うような 漂わないような。。。

b0130243_17022755.jpg





どんどん標高を稼ぎまっせ



b0130243_17041948.jpg


b0130243_17044025.jpg



「もう少しで稜線だね! ガンバ~!!」
とj子嬢を見ると。。。




何かを食べている様です
b0130243_17061847.jpg





楽ちんルートとは言え、登りは登り
息が切れるね

さ、稜線までもうちょい!


b0130243_17080395.jpg






稜線を超え、硫黄岳の頂上に到着~~ (^O^)/



b0130243_17142548.jpg
手前の広い石畳が頂上部分
硫黄岳の山頂は ひろーーーーいのです♪





硫黄岳から横岳に伸びる稜線
稜線の中央付近に今日泊まる 硫黄岳山荘 の屋根が小さく見えます
(見えるかな?? 水色の屋根です)

b0130243_17170324.jpg



これから我々も横岳に向かいますぜ ♪




まだ次回に続きます。。。






硫黄岳(桜平駐車場)情報
最近、桜平の駐車場が整備され 上・中・下 と3ヶ所の駐車場ができました
全て無料です
全線ダートですが駐車場でもセダンやミニバンが停まってました(その時の整備状況や天候によるとは思います)

駐車場
入山口ゲートまで下りで5分程度と近いですが、ちょっとした広場みたいな雰囲気で20台弱程しか駐車できません
休日などはすぐ一杯になってしまいます 
満車になった場合、多くの方は駐車場に行かず、林道の路肩を使って駐車場付近に駐車しています
トイレなし  携帯電話○(ドコモのみ確認)

駐車場
入山ゲートまでそれなりの登り坂ですが30分かからない程度だと思います
広くてトイレもあるので歩行時間を特に短縮したい場合でなければこちらでも良いでしょう
駐車場~駐車場の間は路駐ポイントを探して皆様右往左往するようです 
路肩には所々グリーンロープが張られています ロープを超えて停めない様にしましょうね

駐車場
広いですが林道歩きを楽しみたい方やトレーニング目的でなければ全くおススメしません
ゲートまで結構な坂道を1時間半~2時間は歩きます
体力の乏しい方はもうここで疲労してしまうかも知れませんね
「ここに停めるくらいならもっと上に路駐する」と囁かれています







by usachan_500 | 2019-06-05 20:17 | お山とか。。。







山に行ってみましたさ ♪






b0130243_17290508.jpg
右上の崖上にいる人(1mmくらい)と地形のスケールの違いに注目なのです







残雪と新緑と稜線ゆく人

b0130243_17092714.jpg







崖をゆく

中央と頂上に人がいます

b0130243_17094709.jpg







春のお知らせがちらほらと。。。



b0130243_17133997.jpg
オヤマノエンドウ



つづく。。






by usachan_500 | 2019-06-03 17:39 | お山とか。。。


千葉県在住! 近所の写真と生き物と旅行の記録です コメント、リンクも大歓迎なのです!             過去の記事へのコメントに気が付かない事がありますので、その際は叱って下さい。。


by usachan_500

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る