カテゴリ:ツーリング( 83 )

しおっしおでびしょびしょ







b0130243_12231191.jpg


さて、前回の続き記事でござる


ようやくの晴れ(快晴)予報と休みを手にしたぼんぼんが向かうのは~

内山牧場キャンプ場 (^O^)/


ロケーション、料金、アクセス、設備 そして夏でも涼しい標高、、、
関東圏ではかなり人気のあるキャンプ場ですね

もうね、そこに行っちゃうワケですよ!


関東一円、朝から快晴のはずだけど
千葉を出発 → 超曇り
東京通過 → 曇り
関越道 → 超曇り+パラつく雨

b0130243_12253737.jpg
                 関越道のパーキングだよ 曇りだよ パラッときたよ


キャンプ場にそのまま行くのもナンなので
妙義荒船スーパー林道 を走ってアクセスしようっと!

b0130243_12394177.jpg

群馬県と長野県にまたがる1車線~1・5車線の舗装林道でゴザイマス
b0130243_12305643.jpg
ちょっと前まで有料の観光道路でゴザイマシタ
有料の林道ってちょっと珍しかったのですが、2010年に無料になりましたさ

無料化したらお金が無くなったのか?
お金をかける気が無くなったのか?
林道の群馬県側は廃道化しておりますな(*_*)

b0130243_12373919.jpg


キャンプ場に着く!!


楽しい夜に備えて焚き火の薪を(2束も)購入 !!


ハナアブの写真撮る!!

b0130243_12415873.jpg
「久しぶりのキャンプだ~ 何だか実感してきた♪」
予想外の曇り空とは言え、まだこの時は箸が転がっても楽しいぼんぼんでした。。

どす曇りのキャンプ場はやがて雨雲の中に包まれ。。。。


b0130243_12463879.jpg

「うへ~ 切ないぞコリャ、、 そうだ、下界の様子見と買い出しに行こう」
オートバイに火を入れて出発


来たほうとは逆方向の下界に行ってみた


b0130243_12482610.jpg

快晴じゃんか!!!! (`O´*)


今日初めて見る青空と太陽

地元のライダーさんに「天気なんですね!」と言ったら
「へ? どこから来たの? 今日はずっとこうだけど?!」 だってさーーーー



買い出しも終わったので、キャンプ場に帰るよ~
晴れの街からキャンプ場方面をパチリ


b0130243_12531413.jpg
行きたくねぇ  帰りたくねぇ


でもさっきとは少し天気変わったカモ?? とキャンプ場に到着


b0130243_12553385.jpg
変わってねぇ ヽ(○゚´Д`゚○)ノ゚


その後天候は急速に悪化
濃霧と雨と風で一切テントの外に出られず


仕方ない、、
外での優雅な時間は諦めた
テント内での優雅な時間作戦に切り替えだっ!

b0130243_13033254.jpg
アウトドア用の折りたたみ座イス クレイジークリーク hex2.0  (^O^)
妙な色なのは妙な色のため、他の色のヤツより安かったから (笑)
昔のモンベル製品を思い出す配色だぁ

これにもたれて、静かにお酒を飲みながら、持ってきた本を読むんだ♪


夜になると天候はますます悪化 さらに激しい濃霧と霧雨と風に
時折キャンプ場内をクルマが動くんだけど


b0130243_13093109.jpg

未知との遭遇かよっ!




笑っちゃったのはトイレ。。。

広大な芝生の敷地を200mほど歩いてトイレに行くんだけどさ
濃霧で視界が2メートルなため、まずもって何が何なのかワカラナイ

1分ほど歩いては、よそのテントの前に出ちゃったり、見覚えのないロープ柵に突きあたったり
「こりゃ困るぞ(*_*)」と振り返る

自分のテントが見当たらない!

こんな事態も想定して、テントの前にランプを点けて置いてきたのに~!
自分のテントを慌てて探す、、 約10分後、発見  ハァハァ、、
もう身体じゅうシオシオでビッショビショ


b0130243_13493847.jpg



こうなったらテントの場所をグーグルマップに記憶させてからトイレに行こう
こういう目的でスマホのマップ使ったの、初めてだわ


延々とお酒と本を楽しんでたら眠くなってきたよ
11時かぁ そろそろ寝るよ

ふぁ オヤスミ~~



で、次の日、シオシオでビショビショの装備を撤収して、曇りのキャンプ場を後にする
下界は快晴だった


美しい紅葉で有名な、長野の蓼科にある 御射鹿池 に寄ってから帰宅
(トップ写真ですね)
紅葉はまだまだね  まぁ下見、、という事で


池のほとりで老夫婦の会話
おじ「こんな池撮っても何にもならないって! 紅葉してなきゃ意味無いって! もっといい時に撮らなきゃダメだ!」
と、延々と奥さんに言ってる
おば「でもせっかく来たし、これはこれで綺麗よ?!」
おじ「新緑でもなければ紅葉でもない、、これは撮るだけ無駄だって! 撮らないほうがいいって!」


悪い意味じゃなく、妙に笑っちゃった ^m^




長文でしたね、、 おしまい




p・s

2束も 買った薪は1本も使わず(使えず)そのまま寄付してきました  
泣いてもいいよね?!

by usachan_500 | 2018-10-12 13:58 | ツーリング | Comments(12)

天幕の顛末



1泊でいいから きゃんぷツーリング に行くんだっ!!
夏は1か月休みナシで働いたんだからねーー

9月初旬から機会を伺う事、はや1カ月ちょい。。。


雨、雨、雨、、、
台風、台風
晴れた! → でも仕事


これを繰り返すうちに季節は10月に


先日、ようやく休みと晴れの予報が合致したので
満を持して出発だ!!
今回はソロツーリング  男独りの優雅な時間を過ごすのだ


目指すは高原のキャンプ場~  
青い空、白い雲、どこまでも広がる草原  今いくよ~~ (^O^)/









なぜだっっ!!!!




b0130243_17495534.jpg




えっと、、 ちなみにコレ 夜じゃありませんからーーーー
雨雲のまっただ中に入ってます

高原だわーーー
やっぱり高原ってサイコーだわーーー 




泣いていいよね?
辛い時は泣いてもいいよね?!  (´;ω;`)


つづく

by usachan_500 | 2018-10-10 17:20 | ツーリング

深山洋風



b0130243_19331237.jpg

ど~こだ?!


ここは 旧国道20号線  現在は県道212号線
笹子峠にある笹子隧道でゴザイマス
なんともマァ洒落たデザインです♪  ちなみに文化財登録です♪

国道20号線は首都圏の方が山梨、長野方面に行く時によく使う道ですね~


昭和13年に完成、昭和33年に 新国道20号+新笹子トンネル が完成するまでこのトンネルが国道20号線のキモでした
キモ、、というには余りに狭く 車のすれ違いはカンペキ無理!

と言いつつ、戦前は一般ドライバーなんてあんまりいなかったからそこまで困らなかったのかな??
昭和30年代に入るとスバル360とかも出現しますが、あの小型ボディをしてもここの擦れ違いは無理ですわ



トンネルに至る峠も狭くて緑が深~~い!
甲州街道からこの道の歴史が始まり、国道20号になった時もここは難所だったとの事

まぁね~ そうだよね~
すれちがい出来ないトンネル、狭小な酷道峠、、
新しく国道とトンネルを作らないと話にならなかったワケだよね~



b0130243_19483538.jpg


ちなみに笹子峠を勝沼側に降りた場所に無名ではありますが 駒飼宿 と言う旧宿場がありまして
そこに旅籠を改装した、おされな カフェ~&宿があります 
関東近郊の方でネタ切れの方、峠、トンネルとあわせて行かれてみてはいかがでしょーー (^O^)

by usachan_500 | 2018-09-07 20:06 | ツーリング | Comments(8)

たびのおわり



b0130243_18261679.jpg
 Meyer-optik DOMIPLAN 50mm /f2.8



ツーリング記もそろそろ長くなってきました

さぁ チャッチャとあげるよ~~


段々々々 段田男。。。 の町を後にした我々
次に向かったのは 仁淀町

お目当ては沈下橋でござる

仁淀ブルー っていう、得も言われぬ清流の色が有名な仁淀川ですが
ブルーが出るのは 8月~1月ごろまで 今の時期は グリーン でございますぅ
いいんだよ グリーンだよ

奇跡の清流。。。 と言われる仁淀川
ちなみに有名な四万十川は 最後の清流。。。
はてはて

このぶんだと

元祖 清流

本家 清流

清流 本店

清流 本舗

清流 元湯

とかもあるんだろうか??


ま、そこのところは置いておいて


b0130243_18434263.jpg
b0130243_18494873.jpg

川をぶらぶら見ながら 沈下橋をうろうろ走ります
国道各所には立派な橋がかかっているんだけど、小さな沈下橋もそこそこ交通量があるのには驚いた
地域密着型で重宝されてるんだねーー


さぁさぁ 次に行くのは
今回のハイライトの1つ 剣山スーパー林道だ~~!!

全長約90km うちダート区間が80km近いという すんばらしい!林道だ
ここを走るためだけに四国に来る人も多い

休憩所には今では見かけなくなったオフロードバイクたくさん、、、 すんばらしい!!


b0130243_19021368.jpg


ダートは長いけど超々フラット~~
乾いてればオンロード車で行けるね ヾ(*'∀`*)ノ

今回は 剣山トンネル付近が工事通行止めでしたので
四季美谷温泉 → 県道295号 → 奥槍戸山の家付近の分岐点 → 山の家ピストン → 上勝町
というルートをとりました それでもほとんどのダート区間を走れて満足 ♪



おつかれさま
b0130243_20110938.jpg



。。。で、徳島に戻ってきました~

徳島の町を貸自転車でリンリン走ったり

b0130243_20131770.jpg
Meyer-optik DOMIPLAN 50mm /f2.8


 
アーケード街はちょっと寂しそうだった ガンバ!
b0130243_20133716.jpg
Meyer-optik DOMIPLAN 50mm /f2.8




次の日、高松まで移動して、おうどん食べたり
マルタニ製麺 ウマし!


b0130243_20183882.jpg
                      Richo R1-s (期限切れフィルム)



和三盆 使用の缶コーヒー見つけてみたり
(でもアセスルファム併用だっ)
b0130243_20220235.jpg

しながら時間をすごして~

次の日はいよいよ四国ともお別れ。。。(T_T)
あっという間だったなぁ~~


帰りもフェリーだよ
やっぱり二等船室が我が故郷
b0130243_20245159.jpg


帰りはハーレーご一行様と一緒
富士で行われる ブルースカイヘブン(ハーレーのお祭り)に四国から参加する団体さんだってさ♪

b0130243_20272975.jpg
オラオラしてるのかと思ったら、マナー良かった ^m^



そうそうそう! 最後になりますが、最初の頃 行きの船で「船で知り合ったライダーさん」
って書きましたが


b0130243_20303973.jpg
面白い方でして「連絡先聞いておけばよかったよね~」なんてJ子嬢と話していたのですが
ナント! 帰りの船も一緒!!

帰りの船の中で「今度家に遊びにきて下さいよ~」なんて言ったら。。。

ぼんぼんの素性や、ごくごくごく身近な人しか知らない、ぼんぼん家の事情を話してくるじゃないですか(@_@;)

ナニモノだっ!!
あなたナニモノだっ!!

なんと、義理の兄(もともと高校時代のバイク仲間)の友人にして
ぼんぼん行きつけのオートバイ屋さんの常連にして
他にも驚く様な接点がいくつかあったりして
共通の話題がバンバン通じる(汗) 以前オートバイ屋さんでぼんぼんに会った事もあるらしい

「こんな事ってあるんだーーーー!!!!」と
近年稀にみる驚きを体験致しました


是非遊びにきて下さいね(^O^)/ ブログを借りて往復のフェリーの楽しい時間の御礼申し上げます



さて、最後は駆け足であげた四国ツーリングレポ
これにて終わりです

お付き合い有難うございました <(_ _)>






p・s
今回の旅行中、レンズが故障しましたさ

b0130243_21550225.jpg
シグマの 17-50mm f2.8   スゴイ描写をする、、って事もないけれど
そこそこ明るくて、そこそこズームで、そこそこよく写る 
ってんで、いつもレギュラーメンバーの一人でございましたが、、、

旅行中、ズームリングが、ニッチモサッチモマッタク回らなくなってしまった(*_*)
デカイ17mm単焦点になってしまったのさ~

17mmだったら他に持ってきた広角ズームでカバーできる
どうせなら50mm側で動かなくなって欲しかった(笑)

あぁ、、でもそうしたら だらしなく長くなったままなので、収納が不便だったかぁ


ちなみに1万円以下でメーカー修理できました



おしまい

by usachan_500 | 2018-06-11 22:15 | ツーリング

天空走る林道




b0130243_22173793.jpg


四国カルスト での~んびり ま~ったりした後は 天空の林道 に向かいまっせ!



世の中に 林道 と言われる道は多くある

せせらぎを横目に走り抜ける道 。。
深い深い森を縫うように進む道 。。。
素掘りのトンネルをくぐる道 。。。。

色々あるけれど 見晴らしが良い林道 というのはそんなに多くない

そもそも林道などというものは観光目的で造られた、、 というより作業道そのものであるから 
「展望なんてどうでもいいし~  さっさと作業すべき場所に行ければいいし~」
というのもその理由だろう


ここ、天空の林道 と呼ばれる道は
「オフロードバイクに乗っててよかった~♪」 な道の一つと言えるんじゃないかな?!



b0130243_22272225.jpg
これ、見えてる道 ぜ~んぶダートですぅ シアワセ (^O^)

b0130243_22282689.jpg
なかなか無いよね こんな林道!
b0130243_22292169.jpg

はぁ~~
めっちゃ堪能だ!!

ネットで調べればいくらでも情報は出てきますが
仁淀川吾川スカイパーク を目指し、パークを過ぎたら 明神山 と書いてある看板をひたすらに辿り
明神山頂付近のレーダー施設までくればすぐ分かりますよ~


あ、そうだ!
ここで今回のツーリングで走ったルートを書いておこうっと

b0130243_22393095.jpg
Craft MAP さんから白地図をダウンロードして加工致しました





さてさて、天空の林道に行った後は仁淀町でまったりしますが、、、

途中、給油に立ち寄った集落がまたスゴイのなんの



b0130243_22435393.jpg


もうスンゴイ段々状態 (ノ゚ο゚)ノ


実は段々の里としてちょっと有名だったみたい。。。
四季折々ステキな場所みたいですよ

せっかくだから町の喫茶店? レストラン? でモーニングセットをお願いする


b0130243_22480240.jpg


なぜかトーストセットに ワカメのおすまし (^.^)
え”~?? と思ったけど、意外に合う事に驚きだ!  アリだ、大いにアリだった
おすまし、、今後もセットから外さないで下さいね ♪



時間が無くなったので、今日の記事はここまで~


しつこく続く。。。

by usachan_500 | 2018-06-06 23:05 | ツーリング

四国上陸♪





b0130243_22093722.jpg


どんぶらどんぶらフネに乗り、やってきました徳島県


徳島言うたらアレだ

うずしお ですわ


「ふむふむ、うず潮観光船ってのがあるのか、、
で、そこから見るといいのだな?!」



フネから降りて、またフネに乗る

今、万感の思いを込めて汽笛と銅鑼が  、、、またしても鳴っていない様な (´・ω・`)
小型船はフツー鳴らないよね



そしてまたまた橋の下などを通りながら~
b0130243_22152046.jpg
大鳴門橋 っていうらしい 兵庫県の淡路島 と 徳島の鳴門を結ぶ橋だそうな




で、うずしお見る (後ろに写っているのは各種うずしお観光船)
b0130243_22191326.jpg


子供の頃、うずしおの映像って、トラウマレベルに怖かった!
これに呑まれたら最後、どんどん海底に引き込まれ、溺れてしまうのだと恐怖したのだ
ちょっと渦に近づいただけで船ですら引きこまれ、逃げることなど出来ない、、って

生身だと危険には違いないけれど、実際は複雑な海流で潮がぐるぐる回っている、、ってのが近いみたい
お風呂の栓を抜いて出来る渦とはちょっと違うのね  グローリーホールなんてのは今でも怖いけど。。。
子供の頃のトラウマ解消!!  今夜は良く眠れそうだ

徳島から出るうずしお船のおススメは 大型観潮船わんだーなると の1等席
2階部分の高い場所からうずしおを眺められます
(もちろん潮の状況を確かめてから乗船しましょ(^O^))


さて、トラウマを解消した後は腹ごしらえ


徳島言うたらアレだ
徳島らーめんですわ

鳴門わかめ~  もいいんだけど、ぼんぼんウニじゃないから、わかめだけではダメだ

b0130243_22530460.jpg



徳島らーめんの東大本店
ウマ! ウマ~~!!

b0130243_22354254.jpg
うしろの生卵は無料でゴザイマス
たまご投入!  ポチャ~~ン!!
これがまたとっても合うのよ



今日は徳島で泊まり
明日は大雨の予報 (*_*)




明けて翌日
うん、どしゃ降りだね

今日は雨でも楽しめる場所にするよ~♪


ハイ やってきました! 豊稔池ダム!!
ずっと来たかったんだ~ココ

大正時代に着工した重要文化財のダム
想像したより大きなダムでした
b0130243_23150923.jpg
しっとりした新緑に映える重厚な石詰み
大雨のおかげでダムが一杯 → 放流 をしていたのは 災い転じて何とやら だ(^O^)


そだ! ハイスピードシャッターでも撮ってみようっと♪
きっと躍動感ある水しぶきが。。。

b0130243_10593589.jpg
。。。なんでこんなに白っぽくノイジーなのだ?
躍動感は??


拡大してみた


b0130243_11005019.jpg
白いノイズ  ぜんぶ雨粒じゃんか (# ゚Д゚)
災い転じて、、とばかりはいかないね
これって、ノイズ消しのソフトで消えるのかしら?(笑)


でも抜かりなく手に入れましたぜ
超々希少な MA=マルチプルアーチダム の表記がいいぜ
b0130243_23181949.jpg


明日の予報は174.png  楽しみだなぁ

おっと、防水のサイドバッグと拡張防水ポーチが浸水だっ!
ブーツカバーしていたけどブーツも濡れてるな
宿で色々乾かさなきゃ


つづく。。。

by usachan_500 | 2018-05-28 20:25 | ツーリング | Comments(18)

四国のはじまり





b0130243_17042509.jpg



さて、、と そろそろレポらしきものでも書くかぁ~

これって、後で便利なんだよね 
「あれ?あそこ行ったのいつだっけか? 何着てたっけか?」とかね (^O^)



まずは四国に行くにはフネに乗らなければならない

いや、陸走でも行けるんだけど、体力と気力的に乗らなければならないッ!(キッパリ)
金なら浴びるほどあるんだ 楽する為ならナンボでも払うぜ?! → → →  二等 船室確保 

関東⇔四国と言えば 言わずと知れた オーシャン東九フェリー
中学生の頃、自転車で陸路をせっせと四国に行って、帰りに乗ったのが最初で最後だったな



東京のフェリーターミナルに到着  出航一時間半ほど前。。。
「こっから乗船までの のんびりタイム がいいんだよな~♪
今から旅が始まる、、って感じをムンムンに盛り上げるんだよな~♪
ん? アナウンスがなんか言っとるな~~♪」


「お車、オートバイにてご乗船のお客様 乗船準備を開始して下さい ♪」



えっ? ちょっっ!!
フネの中で食べる物とか買い出ししてないんだケド!
慌てて係員に聞く

ぼん「乗船まで何分ありますか」
係「15分無いですね」
ぼん「最寄りのコンビニまでどれくらいかかりますか?」
係「車で10分、、ですかね」
ぼん「!!!!」


いや~ あんなに飛ばしたのは人生で初めてかも知んない (´_`。)
ジムカーナの競技って多分あんな感じだ




無事乗船 ハァハァハァ。。。




次々と車がフェリーに呑みこまれてゆきます
b0130243_17103625.jpg
この雰囲気好き♪




そして出航
今、万感の想いを込めて 汽笛と銅鑼が、、、 あれ?鳴らなかったような、、?!



ま、まぁそんなこんなで



東京湾にかかる橋の下を通ったり
b0130243_17154310.jpg



船の外や中を見て回ったり
b0130243_17181803.jpg



b0130243_17185056.jpg


めっちゃ豊富に用意されている冷凍のお弁当を食べたり
(このレンジの数!)
b0130243_17173283.jpg


しながら夜を過ごします

あ、ちなみに結果で言えば買い出しの必要はマッタクありませんでした
船内、自動販売機がわんさかあって、色んなものが豊富で安価ですわ
冷凍食品も無駄に(笑)美味しいし
あの買い出しのジムカーナは何だったんだろうね~~


自動販売機でスリッパまで買っちった ^m^
200えん也 (持ってきたサンダルはオートバイから出せなかったのさ)
b0130243_17265411.jpg



さて、明けて翌日
午後の徳島到着まで ま~ったりする

b0130243_17581204.jpg



b0130243_18334333.jpg



そして船内で知り合ったライダーさんに教えてもらったサイトで
周囲の船を調べて一緒に遊んだりする
b0130243_17593741.jpg
すごい時代になったもんです!!
これはリアルタイムの船舶運航状況マップ
スマホで気になった船を「ポチッ」とするだけで




船の外観や 船籍


b0130243_18011149.jpg




船種(この例はケミカル、オイルタンカー) 船の大きさ
動いてるのか停泊してるのか
b0130243_18015459.jpg
出航地と目的地 現在の速度 建造された年 まで分かったりする


このサイトで
「ん~。。。 ずっと並走してるあの船は何だろう?
タンカーにしては変だし、車両運搬船にしても何だかなぁ??」
なんて疑問も一発解決!!


一般の人間がこんな情報をホイホイ見られて 便利すぎてちょっと怖いくらい
地球上(ほぼ)全ての地域の運航状況が見られます
ちなみに北朝鮮の周囲にマ~ッタク船がいない、、、  さて、、コレは??




この船で知り合ったライダーさん
実は後ほど色々な驚き(@_@;) があったりするのですが、その話はまた後日。。



長くなったので続く。。。










by usachan_500 | 2018-05-26 08:08 | ツーリング

5月を走る 空をみる







どこまでも広い星空と。。。
b0130243_15024684.jpg






新緑薫る林道と。。。


b0130243_15053860.jpg







風と共に駆け抜ける 天空のダート道


b0130243_15083650.jpg


by usachan_500 | 2018-05-19 19:18 | ツーリング

ツーリング外伝  この森のどこかに。。。



この山、この森のどこかに 忘れられた温泉 があると言う


b0130243_18192905.jpg


見立の湯、見立温泉とも言われるその温泉
その存在を知ったのは10年近く前だったか、、、

途轍もない秘境の山中に浴槽がだけがあり、誰もいない今でもこんこんと湯がわき続けていると言う
山中に温泉が貯まっていたり、地面を掘って温泉を貯めていたり、ビニールシートで造った簡易の浴槽が置いてある場所は時折ある


妙にぼんぼんの気を惹いたのは
タイル貼りの ザ・お風呂 な浴槽が山中にポツンと佇む写真だった
何だかその場所にひどく不釣り合いな、、、 いや、あるはずのない物体がそこにある?
みたいな興味を覚えたのだ


今回のツーリングで、ほど近い場所を通る事が分かっていたので
ついに念願かなって温泉探索に出かけた (^O^)


林道の途中、ここら辺のカーブの藪を調べる、、とな、、
b0130243_18344116.jpg

これかいッ?!

目印は写真中央にある ピンク色のリボン。。。   分かるかっ! こんなのっ!! (*_*)
このリボンの左から山中に入っていく


獣道をうりうり歩く
b0130243_18380637.jpg

歩く事約15分。。。


それはあった!
b0130243_18391575.jpg




ほ、、ほんとだ! こんこんと湧いてる!!
b0130243_18425903.jpg
愛好家の方が清掃しているのであろう 秘境の山中にある浴槽とは思えない状態

b0130243_18451499.jpg
入るぜ?!

b0130243_18455117.jpg
ややぬる目ながら良いお湯~
はぁ~ のんびり~ 感無量~~
b0130243_18470999.jpg
お湯につかりながら上を見上げれば これだもんな♪


b0130243_18475727.jpg



10年越しの夢、かなった。。。

そうそう、ここ見立温泉は鉱山の入浴施設の名残だそうな
鉱山はとっくの昔に廃鉱、入浴施設の建屋も消え、浴槽だけが残ったという事らしい
なるほど  ザ・お風呂 な理由はそこにあったんだね!  


最近思うんだけど秘湯と廃墟(産業遺産)の 「いつか行こう」は通用しなくなり始めてる
閉鎖、撤去、解体、立入り禁止が増えているのだ(災害で消失してしまう事もありますね)

ここだって、うかうかしていたらどうか分からない
「無理してでも行っておけ! 2度と行けなくなるぞ」 を強く思う様になった

今後は時間の許す限り、色々行ってみたいな!



そうだ、今回役に立たなかったモノがもう1つあった


b0130243_19413009.jpg
熊よけスプレー
秋の秘湯探索には持っていたいモノ(鈴はもちろん装備)

500ccペットボトルを長細くしたカンジの大きさ
うん、こんなんばっかり持ってるから荷物が多いんだ (*_*)






by usachan_500 | 2017-11-19 20:02 | ツーリング

秋ツーリングは最高 の法則

b0130243_19084067.jpg
さて、走りごたえ充分な 奥山手代林道 を堪能しつつ~
今日はキャンプだよ~♪




秋のキャンプ場って大好き!
落ち葉の敷き詰められたカーペットに座り
ちょっと冷えた空気の中、焚火とお酒で1日をリセット
b0130243_19475095.jpg


b0130243_19481404.jpg
たまらんですよ (^O^)


そうそう!
突然山中で頂いた ムキタケ~

ひとつ覚えだけど、やっぱりきのこうどん!!
スーパーで買ったうどんセットを軽くカスタムするだけの簡単メニューっす
b0130243_19492385.jpg

はふはふはふっ!
つるんとした舌触りと喉ごし ムキタケいいな~~

あちちっ 熱々ムキタケが「ちゅるん」と喉にッ(*_*)
。。。喉焼き。。。 の別名があったんだっけな  あちち


さて、翌朝
キャンプ場をぽたぽた歩いてみる
b0130243_19561855.jpg
ぽよよんの森オートキャンプ場 って名前なんだけど
のんびりしたキャンプ場で、管理の方も親切で(^O^)ですよ

ダッダ~~ン! ぽよよんぽよよん♪(懐)


荷物をまとめたら出発だ


今日もいきなり林道に行くよ~
秋田県、岩手県にまたがる こちらも東北屈指の林道 南本内林道
ダート区間18km♪


今回は 砕石場がある秋田の 入道地区 側から進入
砕石場までは超々フラット&超々ワイド (ダンプがたくさん来る事があるけど)
これはなんだろねーーー 楽だねーーー なんて言ってたけど 砕石場を過ぎたら豹変!

なんじゃこりゃぁ~ !(*_*)!


台風直後のせいなのだろう
沢登り、、ならぬ沢下りだぜコレ ガレまくってるし~  掘れてるし~
またしてもバイク2台分しか道幅無いし~

でもこれが楽しいのだ!


荒れた部分をクリアーすれば ほら!
視界全てが紅葉の中を走る喜び


b0130243_20133234.jpg
b0130243_20161060.jpg
南本内林道の岩手側は 南本内峡 とも言われる峡谷沿いを走る恰好になります
有名観光地ではありませんが、、、
b0130243_20203029.jpg
素晴らしいの一言!!


岩手側から入れば、サクッとこの峡谷に行けますので
ロングで荒れた林道は自信がない、、でも林道行きたいな!
という方は岩手側(南本内岳登山道入り口方面)から入って、峡谷を見て戻るっていうのもグッドかも知れませんよ♪



無事走破完了!

今回の旅はこれでおしまい 後は高速道路を2日かけて帰るだけ、、となります
あれだけ林道で生き生きと光を放っていたオフロードバイクが ”情けないトホホ状態” になる時がやってきましたデス
(オフロードバイクはスピードも出なくて、お尻も痛いのだ)

b0130243_20255060.jpg
b0130243_20260965.jpg
セロー225とWR250R よく頑張ってくれました
今回の総走行距離 2070km

タイヤは両車とも  フロント ダンロップD603  リア TW302
(WR250Rに装着のTW302は WR250R専用設計 のもの
銘柄は同じなんですが一般品のTW302で採用されている SACT構造 を持っていないタイプで
グリップはやや上、ライフはやや低くなります)
林道でのリアのグリップがあと一歩欲しい感じ、、、
IRCのTR-8とかどうかな~



台風に始まった今回の旅。。。

はい~~ 帰りもモロ台風だったですよ
ズブズブになりながら帰宅



オツカレさまでございました~
長々読んで下さったかたも、オツカレさまでございました~<(_ _)>





by usachan_500 | 2017-11-17 20:29 | ツーリング


千葉県在住! 近所の写真と生き物と旅行の記録です コメント、リンクも大歓迎なのです!             過去の記事へのコメントに気が付かない事がありますので、その際は叱って下さい。。


by usachan_500

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31