カテゴリ:ツーリング( 95 )

その湯 濃厚につき




先日、J子嬢のご両親の墓参に行った

うちから墓地のある水戸までは日帰りできるけど、ちょっと疲れる、、、
といったビミョーな距離


う~む せっかくだから墓参がてらちょっと足を延ばして観光しよっか?
という運びになった


ビジネスホテルや車中泊でもいいんだけど、この際温泉でも泊まろうかね

折しもその日、友人の まさっち とその奥様の うひひさん が「ぼんぼん家に遊びに行きたい」とおっしゃるので
「宿待ち合わせで一緒に泊まる~?」と持ちかけたらオッケー♪
そんな楽げな運びとなり、墓参のあと宿に向かったのだった





b0130243_20044987.jpg



今回選んだのは 北茨城にある 湯の網温泉 鹿の湯松屋
こんな所に温泉宿がっ?! って感じで農村のはじっこにポツンと佇む一軒宿だ


なんでここの宿を選んだのかと言えば

泉質 ♨(^O^)

フツーに良い泉質ごときじゃツマラナイ
行ける範囲でありったけ変わった泉質を探してみたのだ

あと夕食にキンキの塩焼きが一人に丸々一匹出される、、 というのもココロ揺さぶった
キンキと言えばぼんぼん家の キンキ事件 が有名ではあるが、それはこの際カンケー無い



雲ひとつない空の下をオートバイでふんふん走り、宿に着いてしばらくすると まさっち夫婦 も到着
じゃ、とりあえず温泉でも入ろうかね~~


b0130243_20192151.jpg


ト・トマトジュースですか?! (´゚д゚`)!

若しくは断水の後に出てくる水、、、

うん、これを待っていました



入りつつ 舐めてみた飲んでみた

ほどほど鉄分+若干のナトリウム+硫黄臭ちょっと
思ったよりスゲー味ではない

若干キシキシする多少硬質のお湯かな?  身体の暖まりはかなり◎
北茨城の温泉は数あれど、この摩訶不思議な泉質はここくらいしか知りません


湯船から浴槽から壁から蛇口から桶から もうそこらじゅう鉄さび色に変色だ!
う~ テンションあがるぜ!!

オートバイのレストアラーとしては サンポール・リン酸処理したくなるアレだ



浴室内はこれでもかとレトロモダン
キュートな手桶入れにテンション倍率ドン! さらに倍!!

b0130243_20365895.jpg




もはや洋風レトロモダンなのか  和風温故知新なのか
いい! いいぞ!!

b0130243_20382692.jpg


b0130243_20405548.jpg




脳に効能があるのでかなり頭が良くなったはずです 
良くなった脳は脱衣所に忘れ物をして部屋に戻ってしまいました
b0130243_20420215.jpg





湯上り、ちょっとロビーでまったり
なんかいいな~ 落ち着く、、、
ストーブの後ろに扇風機っていうのが季節の難しさと、ここが温泉なのだと教えてくれる


奥にポスターが貼ってあるね??

b0130243_20435738.jpg





ん~~???
b0130243_20451983.jpg











夏の扉にして青い珊瑚礁


b0130243_20454441.jpg
81年当時のポスター(*´∀`*)  ハ~イ!一重まぶた。。。





その後はお部屋で夕食&飲み
食事の写真撮ってないや~

ちなみにキンキの塩焼き、わざわざ北海道から仕入れているとの事!
超ブランドじゃないですか  市場価格だと1匹数千円ですわ!!
めっちゃウマイ ♪
このキンキの塩焼きを楽しみに宿を訪れる方も多いのだとか、、、
鹿の湯松屋のご飯はぜんぶおいしいよ!





楽しく飲んで話してオヤスミなさ~い
いやぁ、楽しすぎた (^O^)



翌朝

b0130243_21020809.jpg
元々は自炊+布団持ち込みの湯治宿だったとの事、なんか分かる雰囲気





わりとギリギリにチェックアウトして~
宿から10分ほどの場所にある大津港に寄ってみる




おおっ
b0130243_21004529.jpg
釜揚げしらすの量り売り めっちゃ欲しい!
でもバイクだから無理なんだ~~





おおおっ
b0130243_21014505.jpg
のどぐろ1串300えん めっちゃ欲しい!
これも積んで帰れないんだ~~

分解して袋に入れれば持って帰れたな、、 と今になって思う 




この後はまったり高速を走りながら、まさっち夫婦と一緒にお昼を食べて解散



墓参はどこへやら、楽しい温泉ツーと相成りました!!







おまけ
鉄分の温泉や錆に触れて布地に汚れがついてしまった場合(取れないのよね~)


b0130243_21540401.jpg
ハイドロハイターをお使い下さい
鉄分、泥汚れに特化したコアな漂白剤です





おしまい








by usachan_500 | 2019-11-18 21:46 | ツーリング | Comments(5)

夜の熱唱





自宅の災害復旧をほっぽらかして1人でプチ脱走してきました
毎回毎回毎回 台風やら大雨の後片付けですっかり嫌になってしまいましたのさーーー (*_*)


って、先日も出かけたばかりなのですが(汗)
そして旅行ブログ化しているこのブログ。。。



今回のプチお出かけは群馬県の 赤城山 そんでキャンプ♪





b0130243_17033219.jpg




まずは赤城山にある 覚満淵 に行ってみますよ~ (上の写真も覚満淵です)

標高約1300mにある湿原で、ミニ尾瀬とか呼ばれています
高山、湿地植物が豊富なんですよ~


そうそう "赤城山" というのは山域全体の呼び名ございまして 
「これが赤城山デース!!」 という様な山はありません 北アルプスや八ヶ岳と同じですね
(北アルプス山 とか八ヶ岳山 というのはありませんもんね!)




うん、たしかに尾瀬っぽいぽい (^O^)

b0130243_17193106.jpg


一周しても30分ほど 高低差も無く、のんびりしたステキな場所ですね!
しっかしガスがすごいなぁ  これも◎です


ここ覚満淵からオートバイで10分ほどのところに今日のキャンプ場があります


県営赤城山キャンプ場 (^O^)/

ここ、ナント無料なんです

午後2時ごろ到着


うおッ! 超満員 (@_@;)

フツーの平日ですぜ?!

暇なのか? みんな暇人なのかっ?!

自分を棚に上げつつ懸命にテントを張れそうな場所を探す
無い。。無いよ。。。



もうみんな帰れ!
ここ30年でキャンプを始めたようなニワカは帰れ!!

急性のテントサイト欠乏症を発症 正常な判断力を失い、猛毒を吐く修羅ぼんの運命やいかに?

お隣さんと数メートルしか離れていないが、何とか張れそうな場所を見つける


「こんにちは  近いんですけど、お隣にテント張ってもよろしいでしょうか?」
猛毒修羅ぼん はどこへやら、卑屈な笑みを浮かべながら揉み手で挨拶し、何とかテントを張った



b0130243_17410216.jpg


晩ご飯はコンビニ弁当
うん手軽気軽♪

夜、周りのテントの灯りがだんだんと消えていく中、ぼんぼんは焚き火を延々と構いながら
長い夜のお酒を楽しんでいた


、、うふ うふふ うふふ うふ ひひっ」


なんか聞こえる ヾ(´A`)ノ゚




発信源はお隣のおじさまが1人で張っているテントからのようだ 
大声で定期的に 「うふふ うふふ うふふ」 と聞こえる

そのテントの灯りはとっくに消え、寝ていると思っていたが落語でも聞いているのか?? 
それにしてはおかしい 独り笑いにしては笑いボリュームが大きすぎる


コリャたぶん寝言だ。。。 
楽しい夢見てるんだろな  。。ってか、延々と笑い続ける夢ってどんなのだ?

と、邪推を楽しみながらのんびり焚き火とお酒を楽しむ♪

やがて笑い声もおさまり、静かな夜が戻ってきた

焚き火のパチパチと湖面を渡る風の音の優雅な時間






、、うお うおお おう うお おうおう」


またなんか聞こえる ヾ(´A`)ノ゚




発信源はお隣のおじさまが1人で張っているテントからのようだ(再)
デカイっ 声デカイよ


「こんどはなんだーー? いびきか? いびきの亜種なのか?!」
「うおうお うおう おうおう」


。。。どうもいびきではないようだ




「うお」ではなく「WOW」であることが発覚


「♪ WOW WOWWOW WOW~~♪ うふふ

明らかに歌です 真っ暗なテントの中でめっちゃ延々熱唱してます  時折 うふふ が入ります


隣のテントの主は  小室哲哉  だったのかっ!!




楽しい夜は更けてゆく。。。





そして朝 いい天気です
すっかり落葉した湖畔に朝日が差す  うん、紅葉してるみたいなカンジ

b0130243_17424366.jpg



気温は3℃  明け方は0℃近くだったのかな?
気温が+なのは助かるね~ (^O^)

b0130243_18073559.jpg

X-ADVのメーターは豪華にも 西暦 まで表示されるのだ
日付はまぁ助かることがあるけど、西暦ってニーズあるのかなぁ??

仏滅 とか 赤口 とかのメーター表示よりかはニーズあるか




そんなこんなのプチ脱走、とっても楽しかったです
行ってよかったなぁ~





赤城山のビジターセンターに置いてあった
b0130243_18141441.jpg
ゆるキャンとはまた違うのか
これは女子高生が山で”ウェイウェイ”する物語なのだろう





おしまい






県営赤城山キャンプ場

通年営業で無料です 冬季は水とトイレが使用できません(凍結)
湖畔のサイトは狭いので大型テントは厳し目です
山腹側にも美しい林間サイトがあり、そちらは大型テントも余裕です

売店等ありません コンビニも遠いので事前の買い出しを!
薪は近くのキャンプ場に買いに行くか、拾います
(人気のキャンプ場なので拾い尽くされているとは思いますが)

常連さんの話ですと最近は平日でも混んでいるそう、、
晩秋も含め良いシーズンは満員になってしまう可能性が高いと思います
早めのテントサイト確保が良さげです




x-adv ツーリング  県営赤城山キャンプ場

by usachan_500 | 2019-11-04 18:42 | ツーリング

ハゲしくオススメ





b0130243_18375748.jpg




さて、今回行ってきましたのは 千代田湖キャンプ場

長野県の茅野だと思ってもらえれば、、、
(茅野市街まで20分程度の場所ッス 住所自体は伊那になるんだけどね)


ココ、なんと無料!!
北海道じゃあるまいし ココ、長野ですぜ?! 関東近郊ですぜ?!  アリエネー (@_@;)




何も無い湖畔
そこがまたイイ



b0130243_20183377.jpg





b0130243_20192035.jpg




こちらは林間の湖畔フリーサイト
ここも良さげ~♪  もちろん無料のサイト


b0130243_20194672.jpg




こちらはぼんぼんがテント張ったサイトの全景


b0130243_20222427.jpg




夜。。。

なぜか小さなランタンをたくさん吊りさげる
でかいランタン1つ持って行けって? (笑)




b0130243_20232658.jpg




シュレーゲルアオガエルがコロコロ~♪ フクロウがホゥホゥ鳴く静かな夜でした

b0130243_20252488.jpg


ふと気がついたんだけど、ココの湖畔に生えてるのカラマツだよねぇ
、、、って事は秋に泊まったらスゴイんじゃないの?! (ワクワク)



そんな今回のキャンプでございました!






◎ 千代田湖キャンプ場 ◎
☆標高1300m  時期によっては涼し、、、 寒いです 夏は良いでしょうね♪
☆湖畔のフリースペースでキャンプをする場合、申請や料金は不要
(奥の林内に有料、要申請の テントサイト なる場所も存在します)
☆大規模な水道(蛇口)設備はありますが生水は飲用不適です 浄水の手間を考えると飲み水は持参が無難でしょう
☆トイレは男女別 水洗
☆携帯電話は圏外ですが、数分歩けば通じる場所に行けます(ドコモのみ確認)
☆売店、管理棟等ありません 焚き火をしたい時は持参するか現地で拾いましょう(そこそこ落ちてる)
☆茅野市街、最寄りのコンビニ、ホームセンターまで片道20~30分ほど
☆ゴルフ場(中央道晴ヶ峰カントリー倶楽部)を通るショートカットは普通に通れました
公式ページやナビによっては大幅に迂回して案内していますが ハテ?? 要確認
貸切で使用できない時があります 要注意!!


詳しくは 公式ページ にて   伊那市→観光情報→お知らせ→千代田湖キャンプ場 




x-adv ツーリング



by usachan_500 | 2019-05-22 21:02 | ツーリング | Comments(10)

最高なんじゃない?!





曇り/雨 予報だった 日~月曜日 

天気予報が好転したのでツーリングに出発


フタをあければ快晴っっ!
キャンプ場に到着



ねぇ、、 ちょっとココ最高じゃない?!





b0130243_19594294.jpg





夕暮れ のんびり 焚き火 J子嬢

b0130243_20025911.jpg






今回は家から薪を持参   10kg (笑)

b0130243_20044579.jpg




つづく。。。





x-adv ツーリング



by usachan_500 | 2019-05-20 20:11 | ツーリング

ウロウロした




大型連休でしたね
皆様はいかがお過ごしだったでしょうか?


めっちゃ連休の方。。
フツーに仕事の方。。。
フツー以上に仕事の方。。。。


色々な方がいらっしゃると思いますが
ぼんぼん家は2日ほどツーリングに行ってました (^O^)

特に目的があるわけでもない、うろうろツーリング~



b0130243_16070392.jpg
ニッチツ鉱山 購買建屋跡にて





初日 まずは秩父の山奥に行ってキャンプ

キノコ関連を調べていて偶然見つけた 山加園キャンプ場 ってトコロ
なかなか表に出てこないキャンプ場なので、空いてる事を期待してソコにしましたさ!


だって、あの超広大な ふもとっぱらキャンプ場  でさえゴールデンウイーク中は

b0130243_16184386.jpg
4月初旬の時点でこれモン!!
(ちなみにゴールデンウイークは5月5日まで×しか並んでなかった)

だから念のため 山加園キャンプ場 も予約は入れておいた♪



山加園キャンプ場に到着

さて、、、と  好きな場所にテント張っちゃおうっかな~~ 





うおおおおぅ?!

b0130243_16210447.jpg



12時に着いたんだけど、もう空きがないッ (@_@;)

何とか空いる2か所を見つけて良さそうなほうにテントを張った

。。。何とか空いてた場所は日帰りの方が偶然帰ったばっかりらしく、
とっても良い場所でした◎


むぅ~ キャンプブーム恐るべし


山加園、空いている時(笑) に行けばかなり良いオートキャンプ場だと思います!
目の前は清流、カジカガエルの鳴き声がそこかしこで聞こえる落ち着いたキャンプ場ですね
今度は平日に行って、カジカの声を聞きながらお酒飲みたいな~



さて、次の日は 秩父のニッチツ鉱山 の跡地を見ながら水上に向かいます


ニッチツ鉱山、、、
かつて2000人ほどが暮らしていた鉱山の街です
70年代末に石灰石以外の採掘を終了 
街は消えました


b0130243_16370354.jpg



b0130243_16372502.jpg


もちろん学校や病院もあるんですよ~(今回は未撮影)
遊郭とかもあったんだろか?





水上に向かう道すがら 神流町(かんなまち)で魚群を発見 (^O^)/

b0130243_16434147.jpg
かんな鯉のぼり祭りだ!





そんなこんなで ぼたぽた走りながら、いつもお宿 みなかみ町 ペンション パル さんへ♪


宝台樹スキー場を使ったバギーのツアーで有名なお宿ですが
立地、オーナー、スタッフの人柄、食事 料金 どれをとっても★★★★★評価だと思ってます!



b0130243_16503062.jpg
オーナーの愛車 懐かしカワイイよね~



たっぷり食べて、飲んで、楽しい夜は更けて
次の日はちゃっちゃと帰りま~す




そんなぼんぼん家のまったりゴールデンウィークでした





by usachan_500 | 2019-05-07 17:07 | ツーリング

岬めぐり ソロキャン②




岬~ めぐりの~ バスは~ 走るぅ~♪


昔のユースホステルのミーティングでは定番ソングでしたね!
ギターを弾きならし、歌に合わせた踊ったりする始末(笑)

落陽 とか ぎんぎんぎらぎら とか~ あったね♪
もちろん食器はみんなで洗おう♪

そう、どこのユースとは言いませんが
ぼんぼんはギターと踊りのヘルパーのお兄さんでした (遠い日の花火)



さて岬めぐりの歌
ユースなんかで歌い、踊られていた曲なので

「根室とか宗谷とかの岬? そこをバスが旅情たっぷりに走るんじゃね??」

と思っている方が多いんじゃないかと思いますが
実際は 三浦半島 とも言われています  う、、うぅ~ん、、、、






b0130243_19355223.jpg


前回の続き 岬めぐりツーリング ですが
全っ然写真が無いッス (-.-)
でも「続く予定」って書いちゃったしなぁ、、、


岬めぐりって言うとだと思うじゃん?

行ってきたのは 山中湖 でゴザイマス

富士五湖の一つ 山中湖ですが
湖に岬があるんですね~
で、そこにキャンプ場があるので行ってきたってワケ

湖の岬なんてオモシロイよね~
そこでキャンプなんてもっとオモシロイよね~
と、いつか行くリスト に入れていたのだ!



トップの写真はキャンプ場のすぐ前の浜でございます
振り返るとこんな感じ バイクとテントが見えるでしょ
b0130243_19472843.jpg



そこからてくてく歩くと岬に到着
う、、、 うむ
b0130243_19484193.jpg



はい、もう写真無いのよ (-.-)



いや、せっかくだから
キャンプ場にあったズミの巨木  
山中湖畔はズミの大木群で天然記念物指定っすな

ほぼヤドリギで構成されてるんだけどーーー(汗)
この樹、よく生きてるなぁ

b0130243_19510118.jpg






翌朝、イスに座ってぼんやり外を見ていると


ん? なんかいるよ



b0130243_19572105.jpg



なんか近づいてきたよ

b0130243_19583291.jpg




水上飛行機のラジコンだーーーー♪

b0130243_19591576.jpg


水上飛行機って優雅だなぁ~ なんか夢があるんだよなぁ

「飛行艇乗りほど気持ちのいい連中はいないんだって
それは海と空の両方が奴らの心を洗うからだって」  by 紅の豚




ヒコーキを見せてもらった♪


b0130243_20022746.jpg

水上飛行機型(この写真みたいな普通の飛行機にフロートが付いたタイプ)と
飛行艇型(胴体がそもそも船みたいな形をしたタイプ)があったよ


ナルホド、これならラジコン飛行場いらずだね!




大した写真なく終わった岬ツーリングでございました

おしまい。。。





追記
山中湖みさきキャンプ場
オートバイ1台1名、2人用テント一張りで2.800円でした(テントの大きさで価格が変わります)
タープを張ると別料金です
薪はひと束400円で販売あり(針葉樹)  炭も売ってました  直火は禁止、焚き火台必要です
到着時は管理棟が閉まっている事があるので、好きな場所に設営して、後から受付をします
(区画ごとにロープで仕切ってあります)

コンビニは5分ほどの所にありますが、スーパーはちょっと遠いので要確認




by usachan_500 | 2019-04-18 20:23 | ツーリング

岬めぐり ソロキャンプ







燃やす気満々ですよ!

夜もどんと来いですよ!!



b0130243_18465162.jpg





う、、風強い、、
思ったより寒みぃ、、、
現在の気温2℃   氷点下よりはマシ、、 だよね?


b0130243_18474854.jpg


続く予定。。。


x-adv ツーリング



by usachan_500 | 2019-04-16 18:56 | ツーリング

続 ぼんぼん@ゆるキャン△




連続投稿記事です 1つ前の記事からどうぞ (^O^)/



さて、このゆるキャンというアニメ 意外や意外、良く出来ており
細かい部分の描写も抜かりなかったりする

例えばのっけから女の子のテントがモンベルのムーンライト(渋いね!)だったりして
特徴あるフレーム構造なんかもしっかり描写されてるんですなぁ

使っているキャンプ用のイスはJ子嬢愛用のAliteのメイフライだったりもする
ちらっとイスが写った時、J子嬢が「あーー!」と言ってました


萌えアニメねぇ、、、  と見始めたけど、2人して結構はまってしまった ^m^

キャンプ好きの方やこれからキャンプしてみたい方も
是非見てみて下さい♪  秀作です

特に信州、山梨方面が活動エリアの方は「あ~っ ココ!!」って感じると思いますよ~




さて、話はもどって ふもとっぱら!
一言で言えば



うん、寒かったわ!!



b0130243_19063968.jpg
月光差す夜明け前、バイク凍ってる~ 




冷涼な朝霧高原
折からの寒の戻りでやっぱり冷涼でゴザイマシタ



さてさて、キャンプ場に到着したところから~~(^O^)/


超々広大な富士山ビューのキャンプ場

b0130243_19120509.jpg



どこまでも広がる敷地ですが、前回来た時よりも断然テント多かったな


b0130243_19194558.jpg

ちなみにゴールデンウィークは満員、予約不可となっておりました
軽く1000張くらいテント張れそうなんだけど、スゲーな、満員か(@_@;)
管理業務とかトイレとか水場の問題もあるのかな?


焚き火の薪は 針葉樹(火付きが◎) と広葉樹(火持ちが◎)
の2種類を販売  うむ、さすが抜かりないなぁ♪



オモシロイのは広葉樹の薪




b0130243_19234119.jpg


あ、コレの材料ね!
さすがサントリーの山梨県
b0130243_19322252.jpg

膨大に用意されているコレの端材を詰め放題していく寸法でござる
b0130243_19241366.jpg
小さく見えるけど、2×4サイズほどの端材だからそこそこデカイ




わたわたと作業をしているうちにだんだと陽は傾き



b0130243_19430870.jpg
テント内から富士山ビュー♪ シアワセ






b0130243_19454763.jpg
キャンプ場内の池には逆さ富士♪




b0130243_19465193.jpg
静かな夕暮れが訪れると、、





b0130243_19473190.jpg
テント村に灯がともる






うちも焚き火はじめるよ~~ (^O^)
薪、3束買ったもん

b0130243_19481627.jpg




ランタンも点けようね

この前衝動買いしたんだ~ ^m^
b0130243_19500533.jpg
電球型のLEDランタン! 
ス・テ・キ・!!



さて、晩ごはん

キムチ風味の水餃子入り鍋
餃子と野菜とキノコとキムチをたんまり投げ込んで出来あがり

フゥフゥ 暖まるぅ~~  ウマウマだっ!!

b0130243_19581464.jpg





あ、月が昇ってきたね こんばんは!

b0130243_20010810.jpg
ちなみにこの時点で気温はすでにマイナスに突入、、、



焚き火を延々かまいながら、延々お酒を楽しみましたが、明日の陽の出に備えて寝るとしましょう

えっと、、現在の気温は と

マイナス5℃かぁ

オヤスミ~~ zzz




目覚まし鳴る

夜明け前に起床  
現在4時40分  ねみぃ (。-ω-)zzz. .    マイナス7℃ さみぃ... (冬山よりはマシだけど)





b0130243_20081938.jpg
オートバイのハンドルスイッチ  なんかキレイ






スクリーンに貼ってあるコイツだけは嬉しそうだな (笑)




あぁ、そうそう 陽の出の富士山は雲でダメでした
うん、さすがぼんぼんだっ(T_T)
睡眠時間を返せ



でもまぁ、景色はなかなかに美しいもので

b0130243_20141607.jpg


しばしのんびり、、、

b0130243_11134407.jpg
ALITE mayfly  ゴールドウィン取扱時代のモノ



のんびりした後はちゃっちゃとテントを撤収
9時には家路につきましたとさ



生活が変わって 泊まって帰るだけキャンプ が増えたけど
しっかりリフレッシュできましたさ!!



さて、ゆるキャンの続き見ようっと♪



おしまい

x-adv ツーリング

by usachan_500 | 2019-03-27 11:37 | ツーリング | Comments(14)

ぼんぼん@ゆるキャン△




今回は連続投稿記事となります





b0130243_16573845.jpg




ゆるキャン△ というアニメや漫画をご存知でしょうか??
ぼんぼんがソレを知ったのはつい最近

「今週はどこにキャンプいこっかなーーー♪
お気に入りキャンプ場のリピートもいいなーー♪」

と、調べたりすると、必ず出てくる単語  ゆるキャン。。。

ゆるキャンで取り上げられてから混雑が、、」 とか
ゆるキャンの聖地巡礼に行く」 とか   ※聖地巡礼とは物語の舞台になった場所に行ってみるってヤツですね



どうやら 萌えっとした女子高生 たち が実在するキャンプ場でウェイウェイするアニメ(漫画)らしい
イメージとしてはこんな感じだと思ってもらえれば、、、

b0130243_16580400.jpg



そんなワケで萌えっとDVDレンタルして  萌えっとしていた頃もあっただろうJ子嬢と一緒に見た

キャンプを始めたくてサークルを立ち上げた女の子たちや、ソロキャンプを愛する女の子
そんなみんなのまったりした日常、美しい風景、キャンプあるあるな 美しくもゆる~い物語です



まだ6話くらいまでしか見ていないんだけど~
すでにオープニングで見覚えのある風景が続々と、、、

そして物語の舞台はと言えば

1話 浩庵キャンプ場  

いきなり連続でお気に入り、リピートキャンプ場なんですけど~ (*_*)
ここまでの一致って。。。



ゆるキャン って、もしやぼんぼんが製作したのか?! (笑)


J子嬢が「行ったこと無いッス  (´・ω・`) 」 と言うので今週行く予定にした
ふもとっぱらキャンプ場も入ってるな


アニメでは晩秋のふもとっぱらで 女の子たちがキムチスープ水餃子鍋 を作ってたな

うん、パク  それ作ろう! 寒い時期にはベストマッチ♪


こうしてぼんぼん、J子嬢の一行は3月のふもとっぱらにオートバイで向かうのであった



ん? まさかこれが聖地巡礼ってヤツ?!





つづく。。。


x-adv ツーリング

by usachan_500 | 2019-03-27 11:36 | ツーリング

突風 風速1メートル!



まだまだ日中はバイク日和な昨今
キャンプツーリングに行きました (^O^)/

行先は先日行ったばっかりの ココ 富士山、夜景ビューの だるま山高原 キャンプ場ッす


今回はJ子嬢が一緒(前回はぼんぼん一人で行った)



さすがに日が暮れるのが早いね~
焚き火の準備なぞを

b0130243_17572581.jpg

していたら、あれよあれよと日暮れ。。。



ここは一部サイトで電源 が使えます
前回それを学んだので、工事現場で使うみたいな照明を持ってきたよ(^O^)

そしてJ子嬢のオートバイ w650 は電球スタンドにされてしまうのだった


b0130243_18014068.jpg

他のテントを見ると、電気コードをテント内に引き入れていますね~
あんか とか 電気毛布でも使うのカナ~~?? (そのへんのオートキャンプ事情はよく知らないのよ)


ま、いつも通り焚き火をして、お酒なんぞを楽しんで
b0130243_18111806.jpg
周りのキャンパーとお話したりして過ごす (この時期でも結構キャンパーがいましたサ)


そうそう! 近くで一人でテントを張っていた方(ヤマハのスーパーテネレ)
と夜一緒に飲んだのですが、
何と、昔行っていた場所や旅のスタイルが怖いくらいドンピシャかぶっていまして~

いやぁ 出るわ出るわ! 懐かしくもマニアックな話題が!!

今は無き、知床のとある 食堂兼ライダーハウス で知床岬に行く仲間を募った話
そのライダーハウスの名前がポンポン出たり、そこの珍妙な食事メニューの名前がポンポン出たり
歩いて岬に行く道中の話で盛り上がったり~

やはり今は無き、悪評高かったライダーハウスの文句(笑)で盛り上がったり~

冬の北海道ツーリングやスパイクタイヤの話で盛り上がったり~

30年以上前の話で盛り上がれるとは思わなかったですわ!!!

「いやぁ こんな話をしてると、ホント、当時みたいだよね~♪ 風景がよみがえるね~♪」
「私たち、多分どこかで会ってますね?!」

そう言われたけど、ぼんぼんもそんな気がします。。。




と、、少し風が出てきたね?


やがて強風へ


外にいられず、飲みもお開きとなり、ぼんぼんは自分のテントに戻り
余った薪で焚き火をしなおす事にした

どこまでも舞い散る火の粉、吹っ飛ぶ燃え薪
強風??  いやこれは突風  危険すぎる!


そしてついに被害者が キャンプ用のイス
b0130243_08293446.jpg
泣いた、、 衝撃のラストに全ぼんぼんが泣いた!!


どうしてこうなった
ほんの一瞬目を離した隙にこうなった

b0130243_14331566.jpg



焚き火中止っ <(`^´)>


テントの中へ避難


時折外を見れば、ぶっ飛んで行く食器、ぶっ飛んでいくよそのタープ


「天気予報で風速見ようっと」
どこの予報でも 風速1メートル になってる

うそ言え~

これは風速10メートル近くあるぜ?!


翌朝、離れた場所にテントを張っていたキャンパーさんが
「明け方まで風の音で眠れなかった (T_T)  慌てて予報を調べても風速1メートルって書いてある
私の張った場所だけ強風だったんですか?」
と言っていて笑った 。。。


さて、今日は前回チラ見して気になっていた
b0130243_08564524.jpg
に行った



キャンプ場近くの道の駅で見たコレ
b0130243_08572440.jpg
そこらへんの塩に 現地っぽいステッカー を貼った商品だと思っていたのだが、
偶然に製塩所を発見してしまい、気になりまくっていたのだ!


小さな小さな製塩所で薪を使ってじっくり丁寧に塩を作ってます♪
こうして造られた塩って、塩は塩でも全く違うシロモノだったりするのが楽しい

関係無いけど、ぼんぼん史上では青ヶ島の ひんぎゃの塩 ってのがスゴイと思う
ここ戸田の塩もかなりイケそう~

b0130243_09014643.jpg

b0130243_09020867.jpg




製塩所の外には薪がいっぱ~い
b0130243_09032823.jpg

もちろんお塩を買って~
次に向かうのは、やっぱり前回見つけた 食堂(兼おみやげ屋さん)の

b0130243_09055427.jpg


前回は 岩海苔 を買いに偶然入ったんだけど、何やらお客が多い
食堂部門の開店前だと言うのに、次々車やバイクが来て行列ができてた
「美味いのカモ? 次回食べようっと!」 な場所だったんです


ぼんぼん アジフライ定食
b0130243_09093144.jpg

J子嬢 満腹御膳
b0130243_09112029.jpg



ココは漁協の直営店で、アジ料理を得意としているみたいですね~

もともとアジがめっちゃ好きなぼんぼんも驚いた
「アジってここまで昇華できるのか~~!!」

実は超人気店らしく、休日はエライ事になるそうです
だよな~ 2回とも平日に行ったけど、11時ですでに混んでたもんな~
11時半にはもう 整理券 配ってましたさ

1回目の方、まずは 満腹御膳 おススメかも~♪




食べた後はサクッと帰るよ~
5時間もかからず帰宅

うん、伊豆、、近し!!



そんなこんなのプチキャンプツーリングでございました



おしまい

by usachan_500 | 2018-11-29 09:38 | ツーリング | Comments(13)


千葉県在住! 近所の写真と生き物と旅行の記録です コメント、リンクも大歓迎なのです!             過去の記事へのコメントに気が付かない事がありますので、その際は叱って下さい。。


by usachan_500

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る