<   2018年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

もう雨いらない 。゚(゚´Д`゚)゚。



平日のいつでもキャンプに行ける準備を始めて
はや4週間。。。 (土日は仕事が多いのよ)

バイクにキャンプ道具積んだまま
はや4週間。。。。


2日として晴れねぇぇーーーーーー!

もう決めた!
ぼんぼん、次に生まれ変わるとしたら デスバレーサハラ砂漠 に生まれ変わるんだ!!
デスバレーになって、日がな岩を動かして過ごしたり
サハラ砂漠になって、フェネックに穴を掘られたりして過ごすんだ!!!!



今生はもう仕方ないので、今日は刃物をかまって暇をつぶすよ (^O^)



さて、まずはコレクションのナイフから、、と



b0130243_14304116.jpg


もっともこれはほとんど使ってないから砥ぐ必要ナシなので
軽く汚れとり&注油するだけ

ぼんぼん、昔、アホみたいにナイフを集めたっけ、、、

高価な物や無人島でサバイバルできそうなナイフも集めたけど、結局手元に残したコレクションは
BUCK社の #110 フォールディングハンター と
GERBER社の フォールディングスポーツマン
定番のオールドナイフでございますな ^m^



さて、次は普段の料理包丁砥ぎに入りましょう


b0130243_14461375.jpg

砥石 まずは 刃の黒幕 のオレンジ(♯1000)で開始
これは革命レベルの砥石でゴザイマス!
「今までの苦労って何だったの?」という砥石

自分で包丁を砥ぐ派の方にはかなりおススメ
鋼材にもよりますが、10回の往復で カエリ ができまっせ (@_@;)

何と言っても砥ぐのが不慣れな方にこそおススメ
刃が上手く付かず、何度も何度も往復しているうちに手がブレて角度がずれてきて、、
って方にこそ◎ 最小限の往復でバッチリ刃が出来るので、ブレブレの刃付けから開放されまっせ!

その後はちまちま砥石の番手を上げながらで仕上げていきます



次はキャンプ、登山用のナイフ砥ぎ~

b0130243_14523261.jpg


G・サカイの アウトドアクッキングナイフ   これもおススメ~♪

安価ですが、アウトドア、自炊旅行のシーンでは非常に使いやすいナイフで、薄さとタフさのバランスが良く
野菜の皮むき、肉、釣った魚を捌くのにも使えます 包丁とナイフのあいのこっぽい商品
サイズもいくつかあるみたい、、、
硬質ケースも付属しているので、運搬時も安全ッす

ぼんぼんはゴムのグリップの一部を好みに合わせて切り欠いています

あとはド定番のフランス製 オピネル
こちらも超安価なので色違いも合わせて数本持っていますが、登山の時しか持って行かない事が多いかな



刃物砥ぎをすると腕の毛が無くなるんだよね~
頭の毛じゃないよ。。。 (´・ω・`)

ナンデって?  仕上がりの確認で腕の産毛を剃ってみるから
仕上げては → 剃る  ちょっと不満で砥ぎ直して → 剃る  以下繰り返し


自分で砥ぐ派の方はみんなそうなのカナ??


さーて 今日は肌寒いから、ほかほかビーフシチュー作ろううっと♪



おしまい

by usachan_500 | 2018-09-27 15:16 | Comments(10)

代車は珍車



クルマを点検に出したのだ
点検中は乗れないので、代わりにお店が貸してくれるのが代車


ぼんぼんのクルマはスズキのエスクード
スズキのお店に点検に出す→代車はもちろんスズキのクルマ


で、珍車がやってきた


b0130243_23021428.jpg

バレーノだぁ!!


これはかなりの珍車ですなぁ
日本のメーカーだけど、インド製  はるばる海を越えてやってきたんだね~




おっ? タイヤは日本メーカーのブリジストンだけど made in インディア(^O^)/

b0130243_19182254.jpg



バッテリーは amaron アマロン

b0130243_19193953.jpg
タムロン や ムフロン なら知ってるケド、、、
インドではバッテリーのトップメーカーらしい


エンジンは約1200cc 
だけど 3ナンバー だったりする(車幅が5ナンバー枠に収まらないんですと~)


b0130243_19251297.jpg


もう、すごい触媒(笑)   まぁね、触媒はこの場所が一番いいよね
最近のクルマはエンジンカバーが付いているので、ここまでエンジンが丸見えなのって珍しいカモ?!



走りのほうは特に ガンジス川 や タージマハール感 があるワケでもなく
至ってフツー


そんなインドの代車でゴザイマシタ




おしまい

by usachan_500 | 2018-09-19 19:34 | Comments(8)

秋は1日にして来る



。。。唐突に秋が来たような気がする房総です 寒いわっ!


b0130243_22484783.jpg

なんかこう、、秋ってさぁ

だんだんと秋の気配が深まって
ツクツクボウシの声が目立ち始め 秋の虫の声がだんだん賑やかになって
ある日ふと見上げれば秋の空、秋の雲、、、 っていうのが理想なんだけどな(笑)



さて、先週雨で行けなかったキャンプツーリング
リベンジで明日から行くつもりだったんだけど、また駄目だ~


秋雨前線が アイツが、、アイツが 悪さするんだ!



秋雨前線っていうのは 日本列島付近で
夏の猛威だったアチアチの 太平洋高気圧 と冷たく湿った オホーツク海高気圧 がぶつかり合う事で出来る


b0130243_23062898.jpg



お前ら 2人とも高気圧じゃんか!

雨降らすんじゃないっ!!

by usachan_500 | 2018-09-12 23:14 | マクロ 昆虫 | Comments(12)

よく飛ぶ枯葉




b0130243_19521041.jpg

ここに誰かがいます
さ~~て?!


分かりましたか?!

では角度を変えてアップで


b0130243_19541553.jpg


ほい 分かった~ (^O^)/



スズメガの仲間、ホシヒメホウジャク 。。。(だと思います)


これだけの超迷彩+擬態ボディを持っていながら、ブロック塀や夜の自動販売機に無神経にとまっているのを目にするので
「あぁ、見た事あるカモ」って方も多いのではないでしょうか

短く凸凹でちぢれた羽根
スズメガの長くスマートな羽根を知っていると ”羽化に失敗した子” に見えなくもないですが
これで正常!

このいかにも 飛べそうにない羽根 ですが、ホシヒメホウジャク、よく飛びます
、、、ってか、さすがスズメガの仲間 非常にひっじょーーに器用に飛びます
高速飛翔→ホバリング→急加速→急旋回→急停止からのホバリング (@_@;) 何でもやります


航空工学の専門家から「この羽根では理論的に飛べるはずがない」
と言われながら、実はよく飛ぶ マルハナバチ を思い出しましたわ


人間が作ったヒコーキは航空工学の専門家が「飛ばない」と言えばまず本当に飛びませんが
そこは自然の驚異で魅力なトコロでございます!




ホシヒメホウジャク
やや小ぶりなスズメガ 
北海道~九州、島嶼に広く生息する普通種  夏~晩秋に出現 成虫越冬もするので冬でも見かける事がある
幼虫は ヘクソガズラ に依存する
地味な色に見えるが、羽根の内側は黄色く、飛翔中は蜂によく似る

by usachan_500 | 2018-09-10 20:22 | マクロ 昆虫

深山洋風



b0130243_19331237.jpg

ど~こだ?!


ここは 旧国道20号線  現在は県道212号線
笹子峠にある笹子隧道でゴザイマス
なんともマァ洒落たデザインです♪  ちなみに文化財登録です♪

国道20号線は首都圏の方が山梨、長野方面に行く時によく使う道ですね~


昭和13年に完成、昭和33年に 新国道20号+新笹子トンネル が完成するまでこのトンネルが国道20号線のキモでした
キモ、、というには余りに狭く 車のすれ違いはカンペキ無理!

と言いつつ、戦前は一般ドライバーなんてあんまりいなかったからそこまで困らなかったのかな??
昭和30年代に入るとスバル360とかも出現しますが、あの小型ボディをしてもここの擦れ違いは無理ですわ



トンネルに至る峠も狭くて緑が深~~い!
甲州街道からこの道の歴史が始まり、国道20号になった時もここは難所だったとの事

まぁね~ そうだよね~
すれちがい出来ないトンネル、狭小な酷道峠、、
新しく国道とトンネルを作らないと話にならなかったワケだよね~



b0130243_19483538.jpg


ちなみに笹子峠を勝沼側に降りた場所に無名ではありますが 駒飼宿 と言う旧宿場がありまして
そこに旅籠を改装した、おされな カフェ~&宿があります 
関東近郊の方でネタ切れの方、峠、トンネルとあわせて行かれてみてはいかがでしょーー (^O^)

by usachan_500 | 2018-09-07 20:06 | ツーリング | Comments(8)


千葉県在住! 近所の写真と生き物と旅行の記録です コメント、リンクも大歓迎なのです!             過去の記事へのコメントに気が付かない事がありますので、その際は叱って下さい。。


by usachan_500

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30