<   2018年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

登山道は水田でござる



あさだ~ おはよ~ (^O^)

夜はちょっと寒かったなぁ。。。


b0130243_17165435.jpg


昨夜は夜8時半の時点で

b0130243_17174992.jpg
 -0.4℃だったから、明け方で-5℃ ってところかな?
10月下旬の尾瀬としては寒いほうでしょうね~


湿原もまだ霜で真っ白
b0130243_17203955.jpg



今日は燧ケ岳に行くのでござる!


燧ケ岳。。。
尾瀬の福島県側にそびえる山
標高2356m 東北最高峰 この山より北にこれ以上高い山はなかったりする
今いる尾瀬ヶ原が標高1400m程度なので、結構登りますな

最後に燧ケ岳に登ったのは20年ほど前だったかな?
道はよく覚えております♪


さぁ、いっくよ~~!



。。。ってオイ!



なんじゃあこりゃぁーーー

沢登りで高巻きして草付きを攻めてるんじゃないんだぞ
ふんふん♪ と燧ケ岳登山のつもりだぞ

b0130243_17382936.jpg

急坂でロープが張ってある登山道もドロドロ+木の根っこ 滑る~ (*_*)

b0130243_17413221.jpg
b0130243_17440681.jpg


ジャングルトレイルかっ!


b0130243_17462209.jpg

で、また泥と水

b0130243_17465743.jpg


もはや水田でござる (´;ω;`)


岩と雪 という登山雑誌があったが
泥と水 という雑誌を出版したくなった

ちなみによく覚えていた登山道は2016年で使われなくなっていた、、、



「足がもぐる~ ストックが泥で抜けないッ」などと騒ぎながらも無事登頂
眼下に尾瀬沼が見えるよ



b0130243_17573897.jpg




お疲れっした~~!!
b0130243_17584856.jpg



こりゃあ下山も時間がかかりそうだ、、
さっさと下山




(泥に弄ばれつつ) ハイ 無事キャンプ場に帰還!
b0130243_18045798.jpg




そうそう、今回は 買ったはいいけど、なかなか使う機会に恵まれなかった 新品の軽登山靴 で行ったんだけど 
「靴もきっと喜んでるなぁ やっぱり登山靴は土が付いてナンボの靴だもん(^O^)」
な~んて言ってたんだけど


b0130243_18003777.jpg
「ここまでしてくれとは言ってねぇ」 と言われた気がした。。。




すっかり疲れたので、山小屋がやってる喫茶店でビール飲んだり、おでん食べたりしてまったり

b0130243_18095364.jpg




やがてまた美しい夕景
輝く木道

b0130243_18103313.jpg


穏やかな夜がくる

b0130243_18111526.jpg



明日は尾瀬を離れる日


楽しかったなぁ~~ ありがとう、秋の尾瀬


最後は 木道 を忙しく運搬するヘリで

b0130243_18134967.jpg


おしまい。。。











以下は資料等です 参考にされる方、どうぞ (^O^)/

見晴新道 燧ケ岳 について 
旧道が災害で使用停止になり2016年からこの新道に変わっております
見晴新道とは言うものの、上部に行くまで見晴らしは無く(苦笑) 雨、雪、霜柱の後は泥濘となります

さらに木の根、寝た笹も非常に多く、それらが泥の下に隠れている事も多く、滑って転倒の可能性が高く
斜めに伐採された笹も見られ、ダメージを負う可能性がありますので必ず手袋を着用して下さい 特に下りは慎重の上に慎重を!

見晴から燧ケ岳のピストン行程は(道の状況によりますが)
標準タイム~ちょっと遅い程度 で歩く方は休憩込みで 登り4時間 下り3時間 を見ておいて欲しいと思います
体力の少ない方はもっと多めが良いでしょう
特に秋の樹林帯は4時過ぎには暗くなり始め、焦りも出ますので 遅くとも13時には下山を始めたいものです

まだまだ若い道です 年々安定してくるものと思いますが、特に下山時の難易度は高めな道です  
ただ、技術自体は必要ありません 体力と精神力系の道だと思います

慎重を期しつつ、道を開いてくれた方々に深く感謝して登りたいものです


○ 見晴キャンプ場について
1人500円 
何とキャンプの方も燧小屋で日帰り入浴(500円)が可能です!(10月下旬でも入浴可能でしたよ)
2018年は17時30分~18時30分まで入浴受け入れ
日によっては稼働の浴槽が1つになり、男女別入れ替え(それぞれ30分~1時間程度)となります
ので注意して下さい

同じくキャンプの方も貸し毛布(1枚200円)があります
マットの性能が低めな方、寒がりの方、ザック重量を軽減したい方は積極的に使用しても良いでしょう
下に敷かずシュラフと毛布を併用する場合、シュラフ内部に余裕があればシュラフの中に毛布を入れましょう
(シュラフのロフトを損ないづらく、寝がえりで毛布が下に落ちたりしません)

標高が1400mほどあるキャンプ場です 10月下旬で最低気温-5℃程度を想定しておくと良いでしょう

水の蛇口、トイレ(キレイ(^.^))はごく近くにあります
以前は飲料可能な水でしたが この様な表示に変わっています
b0130243_19223604.jpg
近年水質に変化が見られ、今年から 滅菌装置 を導入しましたが、
水質検査の結果がまだ、、という事でこの措置になっているそうです
来年以降は変化があるかも知れませんが、お気になる方は煮沸分の燃料を勘定に入れておいて下さいね

○ 10月下旬の山小屋について
10月21日~23日で 燧小屋(キャンプ受付)と 桧枝岐小屋 が営業してくれてました
桧枝岐小屋は喫茶、軽食を提供してくれてます
喫茶ひげくまは営業時間も長く(確認できる範囲で朝~17時まで営業してました)
ザック重量軽減等で 買い食い を想定している方も積極的に利用できるでしょう
メニューは本文写真参照です


さて、帰ったら道具を軽くお手入れ
ぼんぼんが是非おススメしたいのは kureの ドライファストルブ
速乾性でゴミ、埃を呼びません

テントポールの接合部に!
b0130243_19273623.jpg
「スッ」っとポールがはまります
普段は別に良いのですが、悪天候、夜間の設営の際はコレが大事!
慌てて設営して中途半端なポール接合のままテントを立ててしまうとポール破損の可能性が高まります

テント、バッグのジッパーにも非常に良いです
滑りの悪いジッパーは破損へ繋がります

スプレーの際、布地やショックコードになるべくかからない様にするのが無難だと思いますよ








by usachan_500 | 2018-10-28 20:16 | お山とか。。。 | Comments(10)

木道ぽくぽく





行ってきました 尾瀬~(^O^)/

秋の尾瀬好き!

今回は尾瀬でキャンプ2泊の豪華ゆったりツアー




b0130243_19385947.jpg




☆☆ デラックス ゆとりの3日で巡る秋の尾瀬! ☆☆
     気ままなフリープランに大満足!!
     特典(ビール又は清酒1本付き お子様はソフトドリンク1本付き) お泊まりは有名テント泊となります
                      


とか広告に掲載したいほどデラックスなのだ♪



さ、行くよ~!




尾瀬ヶ原(みんなが持ってる尾瀬イメージな場所)は 
と~~っても平ら 整備された木道をぽくぽくと歩く  


「美しすぎてちょっと困る」


b0130243_08575574.jpg


こがね色の平原にぽつんぽつんとある池も見どころ

b0130243_20001290.jpg




睡蓮の一種 ヒツジグサ って水草なんだけど紅葉するんですよね~
みなもに秋が来る  この雰囲気めっちゃ好き♪
b0130243_20025856.jpg




木道をの~んびり歩くこと数時間 



b0130243_20224812.jpg




本日の目的地 見晴地区 に到着  尾瀬ヶ原の端っこにある場所で、山小屋街やキャンプ指定地がある一角ですね


尾瀬の山小屋のほとんどは10月半ばには小屋閉め

b0130243_20095622.jpg


b0130243_20102587.jpg

見晴地区ではキャンプ受付の山小屋を含め、ぼんぼんが行った時期でも2軒ほど営業してくれてます



お宿をたてるよ~♪  「あれを~こうして~」


たったよ~♪

すっかり落葉したキャンプ場だけど まだ紅葉している樹があったので、そこの前に決めた!
やっぱりマザーツリー付きの我が家がいいよね

b0130243_20131715.jpg


と、、 相棒のJ子嬢に話しかけると



何かを食べているようです。。。
b0130243_20155128.jpg



何を食べてるんだ?! (写真拡大)





乾パン。。。 だと?!!



b0130243_20173377.jpg

兵隊さんかーーー!
大日本帝国の兵隊さんかーーーー!!



のんびりキャンプ場の付近を歩いたり、早めのビールを楽しんだり~


あ、今日は満月だ

明るすぎて星空の写真は、無理だね (*_*)
お酒を楽しみつつ早めに寝るのさ




b0130243_20283677.jpg



さぁ、明日は楽しみな 燧ケ岳 に登るんだ!


おやすみ~(^O^)/




つづく。。。。

by usachan_500 | 2018-10-26 11:45 | お山とか。。。 | Comments(10)

こがねいろ





なんだか久しぶりに晴れを引いた気がする~

b0130243_16451922.jpg


どこもかしこも こがねいろ (^O^)



b0130243_16482968.jpg



あしたも晴れるかな?!


b0130243_16510740.jpg


詳細はとりまとめ中~ 

つづく。。。

by usachan_500 | 2018-10-24 16:53 | お山とか。。。

欅は考えた



b0130243_16472024.jpg



植物は動けない、、 コレ基本

「いや! オジギソウやハエトリソウは動くじゃんか?!」
という声もありますが、これだって根っこをバリバリ引きちぎってテクテク歩く訳じゃあない

マンドレイクに至っては、引っこ抜くと悲鳴をあげちゃうほどだ


b0130243_19301525.jpg



マンドレイクはともかく、植物だって生き物だから仲間を増やしたいのは一緒
でも歩けないから他の力を借りるんだ

皆さんがよく知ってるあたりでは
綿毛を備え、風を存分に使うタンポポや
プロペラそっくりな種を持ってる楓(カエデ、もみじ)


b0130243_16432680.jpg

動物の毛皮に種をくっ付けて運んでもらう オナモミ とか ヌスビトハギ もいますね
(ひっつきむし とか スケベ草と呼ぶ地方もありますな)


他の力を借りるとなると、それなりに工夫をしなきゃならない
風に乗る特殊な形を作ったり、毛皮に引っかかるマジックテープを生やしたり、、、
種を移動させる為だけの専用の造形を持つに至りましたさ



欅(ケヤキ)の木は考えた

「何とか特殊な造形なしでイケないだろうか?」



トップ写真は欅の種です
。。。正確に言えば枯葉の根元に 種 を付けた状態の落ち葉です

コレ、とんでもなく風に乗るんですなぁ~~!!

今の時期、ちょっと風のある日に欅の下に行ってみて下さい(公園、街路樹、里山どこにでもある木です)
くるくる回りながら、面白いほど風に乗る欅の葉っぱ(種)が た~~くさん見られますよ (^O^)
特殊な形を造らず、いらなくなった枯葉をプロペラとして使う

欅がやった事と言えば、上手~いバランスで枯葉を付けっぱなしの状態のまま、木から切り離す事くらい
頭いいわ~ たくましいわ~ (台風の塩害には弱いけど(T_T))




そうだ! 全然関係無いけど
バター飴買ったんだ~



b0130243_17111065.jpg

昔、北海道のおみやげって バター飴 がわりとメジャーで、この包装デザインでしたよね
バター飴にはとある昔の思い出があるんですが、それは次回にでも。。。



おしまい




p.s
出かける♪ のでコメントのレス、遅れるです~

by usachan_500 | 2018-10-19 17:20 | マクロ 植物 | Comments(16)

食べるな齧るな



b0130243_20052832.jpg


うちのブログでちょいちょい書いてるんだけど

かわいくて迷惑なアゲハの幼虫さん。。。。


うちのシークヮーサーの樹がめっちゃ好き
いや、大木なら別にいいんだけど、高さ1mにも満たない状態の樹なので
何匹も付いて「ガシガシガシ・ショリショリショリ」と葉を齧られると本当にヤバいんだってば (*_*)

毎年ハゲハゲにされちゃう
植物だってハゲはツライ

毛根、、、もとい、 樹が生きてる間はまた生えてくるけどさ
あんまりコレをやられるとツライ  樹もぜんぜん大きくならないよ(涙)
付近にわんさか植わってる 葉も硬~い 昔ながらの 夏みかん には全然付かないでやんの、、、
ちゃっかりしてるよな


蝶の幼虫によく見られる 食性 
葉っぱなら何でもいい訳じゃなくって、どの幼虫にはこの植物 
ってのが結構決まってる
他の葉っぱをあげてもダメ、まず食べずに餓死してしまいます

これは植物が持つ防御毒に合わせて蝶が進化してきた故、、とも言われておりますね




さてさて、話は変わるけど嬉しいものが届いた (^O^)/
ず~~~っと狙ってたのよ



b0130243_20282308.jpg

手前の黒いの~177.png


「あ、これダースベイダーじゃない?!」とお答えになった方はちょっと詳しい方

ダースベイダーっぽいけど、実はちょっと違うのよん
このブログを見て下さってる(少ない)方の中で分かる方はいるだろうか。。。


ちなみに奥の白いのはご存知?ストームトルーパー♪
わんさか出て来てわんさか倒されちゃう しゃかりきコロンブス です
(ストームトルーパーはハズブロのボイスチェンジャー付きヘルメット  価格と造形のバランスが最高の逸品だと思います
ボイスチェンジャー機能は試してません)


両方とも普通にかぶれるので、今度ツーリングにかぶって行こうっと! 



。。。。ダメ、ゼッタイ



by usachan_500 | 2018-10-17 20:51 | マクロ 昆虫 | Comments(4)

しおっしおでびしょびしょ







b0130243_12231191.jpg


さて、前回の続き記事でござる


ようやくの晴れ(快晴)予報と休みを手にしたぼんぼんが向かうのは~

内山牧場キャンプ場 (^O^)/


ロケーション、料金、アクセス、設備 そして夏でも涼しい標高、、、
関東圏ではかなり人気のあるキャンプ場ですね

もうね、そこに行っちゃうワケですよ!


関東一円、朝から快晴のはずだけど
千葉を出発 → 超曇り
東京通過 → 曇り
関越道 → 超曇り+パラつく雨

b0130243_12253737.jpg
                 関越道のパーキングだよ 曇りだよ パラッときたよ


キャンプ場にそのまま行くのもナンなので
妙義荒船スーパー林道 を走ってアクセスしようっと!

b0130243_12394177.jpg

群馬県と長野県にまたがる1車線~1・5車線の舗装林道でゴザイマス
b0130243_12305643.jpg
ちょっと前まで有料の観光道路でゴザイマシタ
有料の林道ってちょっと珍しかったのですが、2010年に無料になりましたさ

無料化したらお金が無くなったのか?
お金をかける気が無くなったのか?
林道の群馬県側は廃道化しておりますな(*_*)

b0130243_12373919.jpg


キャンプ場に着く!!


楽しい夜に備えて焚き火の薪を(2束も)購入 !!


ハナアブの写真撮る!!

b0130243_12415873.jpg
「久しぶりのキャンプだ~ 何だか実感してきた♪」
予想外の曇り空とは言え、まだこの時は箸が転がっても楽しいぼんぼんでした。。

どす曇りのキャンプ場はやがて雨雲の中に包まれ。。。。


b0130243_12463879.jpg

「うへ~ 切ないぞコリャ、、 そうだ、下界の様子見と買い出しに行こう」
オートバイに火を入れて出発


来たほうとは逆方向の下界に行ってみた


b0130243_12482610.jpg

快晴じゃんか!!!! (`O´*)


今日初めて見る青空と太陽

地元のライダーさんに「天気なんですね!」と言ったら
「へ? どこから来たの? 今日はずっとこうだけど?!」 だってさーーーー



買い出しも終わったので、キャンプ場に帰るよ~
晴れの街からキャンプ場方面をパチリ


b0130243_12531413.jpg
行きたくねぇ  帰りたくねぇ


でもさっきとは少し天気変わったカモ?? とキャンプ場に到着


b0130243_12553385.jpg
変わってねぇ ヽ(○゚´Д`゚○)ノ゚


その後天候は急速に悪化
濃霧と雨と風で一切テントの外に出られず


仕方ない、、
外での優雅な時間は諦めた
テント内での優雅な時間作戦に切り替えだっ!

b0130243_13033254.jpg
アウトドア用の折りたたみ座イス クレイジークリーク hex2.0  (^O^)
妙な色なのは妙な色のため、他の色のヤツより安かったから (笑)
昔のモンベル製品を思い出す配色だぁ

これにもたれて、静かにお酒を飲みながら、持ってきた本を読むんだ♪


夜になると天候はますます悪化 さらに激しい濃霧と霧雨と風に
時折キャンプ場内をクルマが動くんだけど


b0130243_13093109.jpg

未知との遭遇かよっ!




笑っちゃったのはトイレ。。。

広大な芝生の敷地を200mほど歩いてトイレに行くんだけどさ
濃霧で視界が2メートルなため、まずもって何が何なのかワカラナイ

1分ほど歩いては、よそのテントの前に出ちゃったり、見覚えのないロープ柵に突きあたったり
「こりゃ困るぞ(*_*)」と振り返る

自分のテントが見当たらない!

こんな事態も想定して、テントの前にランプを点けて置いてきたのに~!
自分のテントを慌てて探す、、 約10分後、発見  ハァハァ、、
もう身体じゅうシオシオでビッショビショ


b0130243_13493847.jpg



こうなったらテントの場所をグーグルマップに記憶させてからトイレに行こう
こういう目的でスマホのマップ使ったの、初めてだわ


延々とお酒と本を楽しんでたら眠くなってきたよ
11時かぁ そろそろ寝るよ

ふぁ オヤスミ~~



で、次の日、シオシオでビショビショの装備を撤収して、曇りのキャンプ場を後にする
下界は快晴だった


美しい紅葉で有名な、長野の蓼科にある 御射鹿池 に寄ってから帰宅
(トップ写真ですね)
紅葉はまだまだね  まぁ下見、、という事で


池のほとりで老夫婦の会話
おじ「こんな池撮っても何にもならないって! 紅葉してなきゃ意味無いって! もっといい時に撮らなきゃダメだ!」
と、延々と奥さんに言ってる
おば「でもせっかく来たし、これはこれで綺麗よ?!」
おじ「新緑でもなければ紅葉でもない、、これは撮るだけ無駄だって! 撮らないほうがいいって!」


悪い意味じゃなく、妙に笑っちゃった ^m^




長文でしたね、、 おしまい




p・s

2束も 買った薪は1本も使わず(使えず)そのまま寄付してきました  
泣いてもいいよね?!

by usachan_500 | 2018-10-12 13:58 | ツーリング | Comments(12)

天幕の顛末



1泊でいいから きゃんぷツーリング に行くんだっ!!
夏は1か月休みナシで働いたんだからねーー

9月初旬から機会を伺う事、はや1カ月ちょい。。。


雨、雨、雨、、、
台風、台風
晴れた! → でも仕事


これを繰り返すうちに季節は10月に


先日、ようやく休みと晴れの予報が合致したので
満を持して出発だ!!
今回はソロツーリング  男独りの優雅な時間を過ごすのだ


目指すは高原のキャンプ場~  
青い空、白い雲、どこまでも広がる草原  今いくよ~~ (^O^)/









なぜだっっ!!!!




b0130243_17495534.jpg




えっと、、 ちなみにコレ 夜じゃありませんからーーーー
雨雲のまっただ中に入ってます

高原だわーーー
やっぱり高原ってサイコーだわーーー 




泣いていいよね?
辛い時は泣いてもいいよね?!  (´;ω;`)


つづく

by usachan_500 | 2018-10-10 17:20 | ツーリング

もっと雨降れ



と、思っているのはたぶんキミだけ。。。



b0130243_15125203.jpg



アマガエルって、ほんとうに雨が降る前に鳴くんだよね
一説では皮膚が大気の影響に敏感なんだからとか、、

ちなみに庭で 「コンコン コ~ン!」と木に釘を打っていたりすると一斉に鳴きます
これはナンダ?
空気の振動で何かを感じてるのか??



ジャンプしたり、泳げたり、木や壁を登ったり、毒を持っていたり、、
色んな特技があるカエルですが、実は壁を登れない種類のほうが多いんですよ~

草やガラス窓、夜の自動販売機にくっ付くには 吸盤 が必要ですね
カエルの手って、とにかく吸盤が付いているイメージですが、この吸盤を持っているのはほんの一部のカエル
アマガエル とか モリアオガエル とかですね

トノサマガエル やもちろん ヒキガエル を始め、多くのカエルは吸盤を持っていません


b0130243_15234142.jpg
ですので、壁はおろか草に登る事すら難しいのです
その代り、、と言ってはなんですが、トノサマガエル等は強力で持久性に富んだジャンプ力を持っています
アマガエルはそんなにジャンプ力がありません

まぁ、樹上生活を選んだか、平地での生活を選んだか、、 で獲得するものが違ってきたんですね~~





さて、雨+台風+雨+雨+台風25号 でなかなかキャンプに行けませんが
先日車で群馬県は水上のペンションに行ってきました
お気に入りの宿にちょっと行って、夜にバーベキューして飲んで、、 というだけの企画でございました


宿のすぐ近くの矢木沢ダムにまた寄ってみた






b0130243_15580251.jpg


覆道をくぐり抜け、ダム湖に来た

台風24号前の静けさ、、、

b0130243_15353931.jpg


台風24号が留守の我が家を しっちゃかめっちゃか にしていった

、、、と言うのを知ったのは帰宅してからだった(笑)



by usachan_500 | 2018-10-05 15:40 | その他生き物 | Comments(12)

はてな?




空中に松の葉っぱ??

b0130243_22081468.jpg


ちょっと突っつけば~ 

あわてて脚を展開っ!  退散っ!!



b0130243_22102796.jpg
クモ (^O^)/




オナガグモの仲間 (これは子供なのかな?体長は15mmほど)
野山の普通種 
静止状態で発見するのはなかなか難しいが、空中にポツンと浮いているのでそれを知っていれば楽に見つかる

貧弱に見えるが、実は他のクモを襲うクモでもある
自身が張った1~数本?の糸を辿ってくる他のクモを捕食する

クモは他のクモが歩く時に残した糸(しおり糸)を辿って歩く習性がありますが
その習性を悪用(笑)した作戦です

ほら、人間だって沢登りとかで岩場に残置された支点をつい使っちゃうでしょ?!

b0130243_23301340.jpg
なんかちょっと違う気もするけど、まぁ、、うん、あれだ


擬態の状態は ナナフシ に似た感じではあるが相手を掴み、捕食する都合上
脚はほとんどが前部に付いている

by usachan_500 | 2018-10-01 23:34 | その他生き物 | Comments(4)


千葉県在住! 近所の写真と生き物と旅行の記録です コメント、リンクも大歓迎なのです!             過去の記事へのコメントに気が付かない事がありますので、その際は叱って下さい。。


by usachan_500

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る