<   2019年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

生き残るコンパクトボディ




すっかり昆虫もいなくなった晩秋の房総
そか、もうすぐ師走だもんね


ぼ~んやり外を歩いていると「ピョコっと動く小さな影」





ヒナカマキリだ♪




生き残るコンパクトボディ_b0130243_16231959.jpg




カマキリの仲間でも最後の最後まで活動を続ける仲間
初冬でも普通~にいたりする
絶滅危惧種に指定されている地域もあるけど(千葉も) うちの庭では非常によく見かける
、、ってか、なぜか部屋の中に時々もいる


そしてヒナカマキリ、ちっちゃい (*_*)

成虫でも2cmない くらい。。。  コンパクトと言うか、マイクロサイズなのかも

写真は成虫だけど、翅は無い
地面を走る事が多いから 翅、いらないんだ~


カマキリって大きくて、獰猛で、自分より大きな相手でも力づくで捕食しちゃう!
人間相手だって臆さない!!
ってイメージですが
ヒナカマキリはひたすらにちっちゃい 



生き残るコンパクトボディ_b0130243_16442024.jpg



カマキリだから鎌を持ってはいるけど、この小ささではさすがに。。
枯葉風 超迷彩ボディーが天敵の多さを物語る。。。

そのせいか、ヒナカマキリは非っ常~~に素早い
ピョンピョン跳ねるジャンプも得意技




この小ささが意外な威力を発揮するのが晩秋~初冬
夏にはあんなにいた大型の昆虫、セミ、蝶、アブ、ハチ、とんぼ、、、 大型カマキリの食料はどんどん姿を消し、
やがてカマキリは衰弱、動けないところを敵に襲われる事も多々 そして待つのは餓死 (T_T)


しか~し! ヒナカマキリは違う!!
獲物のサイズもミニマムちっちゃいのだ

ちっちゃなワラジムシ、コバエ、シロアリ、アブラムシ、クモの子、、、
晩秋だろうが初冬だろうが、落ち葉をめくればそんな生き物はわんさかいる

地上を走り回って、それらを捕えて生き延びる事ができるのだ
待ち伏せなんて呑気な事はしない、天敵から逃げるのに好都合だった機動力を活かし
獲物をすばやく追跡して狩るのも得意技 (どやぁ!)


小さいながらも割とご長寿なカマキリで、
飼育下だと越冬して次の年の夏ごろまで生きる事もあるのだそうな(自然下だと卵で越冬)



大型カマキリが獲物の不足で飢えに苦しみ、次々脱落してゆく中、
コンパクトボディで生存を図る  進化の多様性を感じる晩秋の一コマでした



生き残るコンパクトボディ_b0130243_16584080.jpg






by usachan_500 | 2019-11-25 17:45 | マクロ 昆虫

その湯 濃厚につき




先日、J子嬢のご両親の墓参に行った

うちから墓地のある水戸までは日帰りできるけど、ちょっと疲れる、、、
といったビミョーな距離


う~む せっかくだから墓参がてらちょっと足を延ばして観光しよっか?
という運びになった


ビジネスホテルや車中泊でもいいんだけど、この際温泉でも泊まろうかね

折しもその日、友人の まさっち とその奥様の うひひさん が「ぼんぼん家に遊びに行きたい」とおっしゃるので
「宿待ち合わせで一緒に泊まる~?」と持ちかけたらオッケー♪
そんな楽げな運びとなり、墓参のあと宿に向かったのだった





その湯 濃厚につき_b0130243_20044987.jpg



今回選んだのは 北茨城にある 湯の網温泉 鹿の湯松屋
こんな所に温泉宿がっ?! って感じで農村のはじっこにポツンと佇む一軒宿だ


なんでここの宿を選んだのかと言えば

泉質 ♨(^O^)

フツーに良い泉質ごときじゃツマラナイ
行ける範囲でありったけ変わった泉質を探してみたのだ

あと夕食にキンキの塩焼きが一人に丸々一匹出される、、 というのもココロ揺さぶった
キンキと言えばぼんぼん家の キンキ事件 が有名ではあるが、それはこの際カンケー無い



雲ひとつない空の下をオートバイでふんふん走り、宿に着いてしばらくすると まさっち夫婦 も到着
じゃ、とりあえず温泉でも入ろうかね~~


その湯 濃厚につき_b0130243_20192151.jpg


ト・トマトジュースですか?! (´゚д゚`)!

若しくは断水の後に出てくる水、、、

うん、これを待っていました



入りつつ 舐めてみた飲んでみた

ほどほど鉄分+若干のナトリウム+硫黄臭ちょっと
思ったよりスゲー味ではない

若干キシキシする多少硬質のお湯かな?  身体の暖まりはかなり◎
北茨城の温泉は数あれど、この摩訶不思議な泉質はここくらいしか知りません


湯船から浴槽から壁から蛇口から桶から もうそこらじゅう鉄さび色に変色だ!
う~ テンションあがるぜ!!

オートバイのレストアラーとしては サンポール・リン酸処理したくなるアレだ



浴室内はこれでもかとレトロモダン
キュートな手桶入れにテンション倍率ドン! さらに倍!!

その湯 濃厚につき_b0130243_20365895.jpg




もはや洋風レトロモダンなのか  和風温故知新なのか
いい! いいぞ!!

その湯 濃厚につき_b0130243_20382692.jpg


その湯 濃厚につき_b0130243_20405548.jpg




脳に効能があるのでかなり頭が良くなったはずです 
良くなった脳は脱衣所に忘れ物をして部屋に戻ってしまいました
その湯 濃厚につき_b0130243_20420215.jpg





湯上り、ちょっとロビーでまったり
なんかいいな~ 落ち着く、、、
ストーブの後ろに扇風機っていうのが季節の難しさと、ここが温泉なのだと教えてくれる


奥にポスターが貼ってあるね??

その湯 濃厚につき_b0130243_20435738.jpg





ん~~???
その湯 濃厚につき_b0130243_20451983.jpg











夏の扉にして青い珊瑚礁


その湯 濃厚につき_b0130243_20454441.jpg
81年当時のポスター(*´∀`*)  ハ~イ!一重まぶた。。。





その後はお部屋で夕食&飲み
食事の写真撮ってないや~

ちなみにキンキの塩焼き、わざわざ北海道から仕入れているとの事!
超ブランドじゃないですか  市場価格だと1匹数千円ですわ!!
めっちゃウマイ ♪
このキンキの塩焼きを楽しみに宿を訪れる方も多いのだとか、、、
鹿の湯松屋のご飯はぜんぶおいしいよ!





楽しく飲んで話してオヤスミなさ~い
いやぁ、楽しすぎた (^O^)



翌朝

その湯 濃厚につき_b0130243_21020809.jpg
元々は自炊+布団持ち込みの湯治宿だったとの事、なんか分かる雰囲気





わりとギリギリにチェックアウトして~
宿から10分ほどの場所にある大津港に寄ってみる




おおっ
その湯 濃厚につき_b0130243_21004529.jpg
釜揚げしらすの量り売り めっちゃ欲しい!
でもバイクだから無理なんだ~~





おおおっ
その湯 濃厚につき_b0130243_21014505.jpg
のどぐろ1串300えん めっちゃ欲しい!
これも積んで帰れないんだ~~

分解して袋に入れれば持って帰れたな、、 と今になって思う 




この後はまったり高速を走りながら、まさっち夫婦と一緒にお昼を食べて解散



墓参はどこへやら、楽しい温泉ツーと相成りました!!







おまけ
鉄分の温泉や錆に触れて布地に汚れがついてしまった場合(取れないのよね~)


その湯 濃厚につき_b0130243_21540401.jpg
ハイドロハイターをお使い下さい
鉄分、泥汚れに特化したコアな漂白剤です





おしまい








by usachan_500 | 2019-11-18 21:46 | ツーリング | Comments(14)

晩秋 里山





房総の秋もラストスパート
そろそろ初冬の趣に変わりつつあります





吸い込まれそうな、、
はたまた 高エネルギー何とか を今にも発射してきそうな、、、
晩秋 里山_b0130243_16491259.jpg





お気づきだと思いますが、正体はコチラ

晩秋 里山_b0130243_17024543.jpg
冬の訪れ告げるリンドウ



リンドウって 切り花 や山に生えている めっちゃ直立した茎わんさか花 
のイメージをお持ちの方も多いと思いますが、
里山(房総)のリンドウって針金みたいな茎が横に伸びて、ツル植物みたいな感じなんですよ



こんな感じで斜面から「たらり~~ん」と下がりながら咲いてます

晩秋 里山_b0130243_17053422.jpg

初めて切り花のリンドウを見たとき 「こ、、これってリンドウなの?!」
と逆に驚いた思い出があります ^m^




そしてリンドウのすぐ近くにこんな物体が。。。

晩秋 里山_b0130243_17092753.jpg
だれだ~~?! (@_@;)
うん、漏斗だね けっこうデカイ 10cmちかくありますな


穴 深い。。。
晩秋 里山_b0130243_17110592.jpg

深淵を覗く時、深淵もまたこちらを覗いているのだ



ラッパタケとかの仲間かな~
水か? 水でも集めたいのか?  なぜ空に向かって大口を開けているのだ?!
そして水を集めた穴の奥には何があるのだ?!



分解する勇気はなかった。。。



そんな今日の庭散歩でした (^O^)/








by usachan_500 | 2019-11-16 17:25 | マクロ 植物

「相席になりま、、」 「嫌です」




昼時に人気のラーメン屋さんなんかに行くと良く言われるセリフ

「相席になりますがよろしいでしょうか?」

中には色々な理由で「嫌です」という方もいるのかも知れませんが、
まぁだいたいは譲り合って座る事が多いと思います


相席で食事って 生き物、特に昆虫の世界だとあんまり見かけません





「相席になりま、、」 「嫌です」_b0130243_20115115.jpg




この時期の里山はと~~っても花が少ない
今うちで咲いているのは ツワブキ くらいなものでしょうか

当然この ツワブキ食堂 にお客が殺到
開店している数少ないお店なんだから相席で、、、ってワケにはいかないのが昆虫さん


ホバリングしながら忙しく飛び回るのは ハナアブ
写っていませんが時折飛んで来るミツバチにしつこく追い回されて逃げ回る(でも諦めない)

ガガンボはミツバチに追われる事はありませんが、
ハナアブが花にぐいぐい入ってきて押し出されそうになっちゃいます(*_*)
ガガンボも我慢の限界になると細長~い足をハナアブに乗せたりしてますね~

どう見ても攻撃力ゼロの技ですが、一応効いてるみたい(笑)  
抗議されるとハナアブは飛んでいきます

そしてピントは合っていませんが、マイクロサイズのゾウムシ も写ってます
ゾウムシは小さすぎるのか、攻撃の対象にはならないようですね


そう言えば、夏の樹液食堂でもケンカは日常茶飯事だったっけ、、


分けあう、、って行動は人間が知性で生み出した行為なのかも知れません
もっとも最近は日本でも「自分さえよければ」が通用するようになり
ちょっと動物、昆虫化しているのかも知れませんね (*_*)


いや、もしかしたら国民の餌(お金)が足りなくなり
生き残りに必死になり始めたからかも知れません(怖)



おしまい




by usachan_500 | 2019-11-11 21:06 | マクロ 昆虫

夜の熱唱





自宅の災害復旧をほっぽらかして1人でプチ脱走してきました
毎回毎回毎回 台風やら大雨の後片付けですっかり嫌になってしまいましたのさーーー (*_*)


って、先日も出かけたばかりなのですが(汗)
そして旅行ブログ化しているこのブログ。。。



今回のプチお出かけは群馬県の 赤城山 そんでキャンプ♪





夜の熱唱_b0130243_17033219.jpg




まずは赤城山にある 覚満淵 に行ってみますよ~ (上の写真も覚満淵です)

標高約1300mにある湿原で、ミニ尾瀬とか呼ばれています
高山、湿地植物が豊富なんですよ~


そうそう "赤城山" というのは山域全体の呼び名ございまして 
「これが赤城山デース!!」 という様な山はありません 北アルプスや八ヶ岳と同じですね
(北アルプス山 とか八ヶ岳山 というのはありませんもんね!)




うん、たしかに尾瀬っぽいぽい (^O^)

夜の熱唱_b0130243_17193106.jpg


一周しても30分ほど 高低差も無く、のんびりしたステキな場所ですね!
しっかしガスがすごいなぁ  これも◎です


ここ覚満淵からオートバイで10分ほどのところに今日のキャンプ場があります


県営赤城山キャンプ場 (^O^)/

ここ、ナント無料なんです

午後2時ごろ到着


うおッ! 超満員 (@_@;)

フツーの平日ですぜ?!

暇なのか? みんな暇人なのかっ?!

自分を棚に上げつつ懸命にテントを張れそうな場所を探す
無い。。無いよ。。。



もうみんな帰れ!
ここ30年でキャンプを始めたようなニワカは帰れ!!

急性のテントサイト欠乏症を発症 正常な判断力を失い、猛毒を吐く修羅ぼんの運命やいかに?

お隣さんと数メートルしか離れていないが、何とか張れそうな場所を見つける


「こんにちは  近いんですけど、お隣にテント張ってもよろしいでしょうか?」
猛毒修羅ぼん はどこへやら、卑屈な笑みを浮かべながら揉み手で挨拶し、何とかテントを張った



夜の熱唱_b0130243_17410216.jpg


晩ご飯はコンビニ弁当
うん手軽気軽♪

夜、周りのテントの灯りがだんだんと消えていく中、ぼんぼんは焚き火を延々と構いながら
長い夜のお酒を楽しんでいた


、、うふ うふふ うふふ うふ ひひっ」


なんか聞こえる ヾ(´A`)ノ゚




発信源はお隣のおじさまが1人で張っているテントからのようだ 
大声で定期的に 「うふふ うふふ うふふ」 と聞こえる

そのテントの灯りはとっくに消え、寝ていると思っていたが落語でも聞いているのか?? 
それにしてはおかしい 独り笑いにしては笑いボリュームが大きすぎる


コリャたぶん寝言だ。。。 
楽しい夢見てるんだろな  。。ってか、延々と笑い続ける夢ってどんなのだ?

と、邪推を楽しみながらのんびり焚き火とお酒を楽しむ♪

やがて笑い声もおさまり、静かな夜が戻ってきた

焚き火のパチパチと湖面を渡る風の音の優雅な時間






、、うお うおお おう うお おうおう」


またなんか聞こえる ヾ(´A`)ノ゚




発信源はお隣のおじさまが1人で張っているテントからのようだ(再)
デカイっ 声デカイよ


「こんどはなんだーー? いびきか? いびきの亜種なのか?!」
「うおうお うおう おうおう」


。。。どうもいびきではないようだ




「うお」ではなく「WOW」であることが発覚


「♪ WOW WOWWOW WOW~~♪ うふふ

明らかに歌です 真っ暗なテントの中でめっちゃ延々熱唱してます  時折 うふふ が入ります


隣のテントの主は  小室哲哉  だったのかっ!!




楽しい夜は更けてゆく。。。





そして朝 いい天気です
すっかり落葉した湖畔に朝日が差す  うん、紅葉してるみたいなカンジ

夜の熱唱_b0130243_17424366.jpg



気温は3℃  明け方は0℃近くだったのかな?
気温が+なのは助かるね~ (^O^)

夜の熱唱_b0130243_18073559.jpg

X-ADVのメーターは豪華にも 西暦 まで表示されるのだ
日付はまぁ助かることがあるけど、西暦ってニーズあるのかなぁ??

仏滅 とか 赤口 とかのメーター表示よりかはニーズあるか




そんなこんなのプチ脱走、とっても楽しかったです
行ってよかったなぁ~





赤城山のビジターセンターに置いてあった
夜の熱唱_b0130243_18141441.jpg
ゆるキャンとはまた違うのか
これは女子高生が山で”ウェイウェイ”する物語なのだろう





おしまい






県営赤城山キャンプ場

通年営業で無料です 冬季は水とトイレが使用できません(凍結)
湖畔のサイトは狭いので大型テントは厳し目です
山腹側にも美しい林間サイトがあり、そちらは大型テントも余裕です

売店等ありません コンビニも遠いので事前の買い出しを!
薪は近くのキャンプ場に買いに行くか、拾います
(人気のキャンプ場なので拾い尽くされているとは思いますが)

常連さんの話ですと最近は平日でも混んでいるそう、、
晩秋も含め良いシーズンは満員になってしまう可能性が高いと思います
早めのテントサイト確保が良さげです




x-adv ツーリング  県営赤城山キャンプ場

by usachan_500 | 2019-11-04 18:42 | ツーリング


千葉県在住! 近所の写真と生き物と旅行の記録です コメント、リンクも大歓迎なのです!             過去の記事へのコメントに気が付かない事がありますので、その際は叱って下さい。。


by usachan_500

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る